お中元の基本をおさらい アラフォーなら知っておきたい礼儀作法

お中元の基本をおさらい アラフォーなら知っておきたい礼儀作法

日頃の感謝の気持ちを表すために贈るお中元。本来は持参するのが礼儀ですが、最近は配送することがほとんどで、儀礼的な習慣と思っている人も多いのではないでしょうか。せっかく贈るならお中元の本来の意味や目的を知り、心が伝わる贈り方をしたいもの。また贈られたときは、きちんとお礼を。「さすが」といわれるマナー美人を目指しましょう。


そもそもお中元の由来って?

Getty logo

「中元」という言葉は、もともと古代中国が起源。1月、7月、10月の15日をそれぞれ「上元」「中元」「下元」と呼び、神様を祭る年中行事が行われていました。このうちの中元が日本のお盆と結びつき、親戚などへお供え物を配る習慣ができました。

やがて、ものを贈ることでお世話になった人に感謝の気持ちを伝える習慣へと変化し、一年の上半期の区切りにお中元として贈る風習が定着したのです。その由来から、お中元を贈る時期は7月初旬から15日までとされています。ただし、西日本など旧盆の地域は、月遅れで8月初旬から15日に贈ることが多いようです。

もし、その期間中にうっかり贈り忘れてしまった場合は、表書きを変えれば大丈夫。7月16日から立秋(今年は8月7日)までは「暑中御見舞い」「暑中御伺い」、立秋から8月末日までは「残暑御見舞い」「残暑御伺い」とします。

贈る相手に合わせて品物を選ぼう

Getty logo

お中元は誰に贈らなくてはいけないという決まりはありませんが、一般的には親や親戚、恩師、上司、習い事の先生など、日頃お世話になっている人です。また、最近はコミュニケーションの一つとして友人に贈るケースも増えているようです。ただ、会社の規則や公務員といった立場上、贈答の受け取りを禁止されている人もいるので注意しましょう。

金額は先方との関係や親密度によりますが、相場は3000~5000円。品物を選ぶときは、本来がお盆のお供え物だったことから食べ物を選ぶのが主流ですが、相手の好みや年齢、家族構成、健康状態などに配慮したいもの。たとえば、少人数の家庭や年配の方なら上質の高級品を少量といった具合です。また、毎年、同じものを贈るというのもひとつの方法。「お中元には必ずあの人から○○が届く」と楽しみにしてもらえるメリットがあります。

生鮮食品を贈る場合は、あらかじめ先方と連絡を取り、受け取りに都合のいい日時を確認しておくといいでしょう。現金と同様の金券類は、特に目上の方には失礼になるので、贈るのは避けるのが正解です。

配送する場合は添え状をつけるか挨拶状を送るのが礼儀

Getty logo

お中元の目的は感謝を伝えることなので、本来は持参して挨拶するのが礼儀です。でも、お互いが忙しい現代では、お店から配送してもらうのが一般的になりました。とはいっても、品物だけを送りつけるのはNG。親しい間柄なら電話やメールでもかまいませんが、品物に添え状をつけるか、別途、挨拶状を送ります。

添え状や挨拶状には、時候の挨拶や先方の様子を伺う言葉の後に、どういう品物を送ったかと近況報告を書きましょう。挨拶状は、品物が届く前に先方に着くように出すのがポイント。感謝の気持ちを伝えると同時に、誤配などで届かなかったという事故も防げます。

なお、先方が喪中の場合にお中元を贈ってもいいのか悩むところですが、お中元はお祝いの贈答ではないのでOKです。ただし、四十九日の法要が済むまで待ってからにします。時期が外れてしまったら、先述したように「暑中御見舞い」「暑中御伺い」「残暑御見舞い」「残暑御伺い」などに。紅白の水引や派手な包装紙を避ける配慮も必要です。

お中元をもらったら必ずお礼を伝えるのがマナー

Getty logo

お世話になった人に感謝を伝えるというお中元の目的を考えると、お返しをする必要はありません。でも、先方はきちんと届いたかどうか心配なはずですから、受け取ったという報告も兼ねて、なるべく早くお礼状を出すか、親しい間柄なら電話やメールで連絡を。その際、贈ってもらった品物への感想を一言添えるようにしたいもの。

また、本来は目上の方へ贈るものなのでお返しは不要とされてきましたが、近頃は同僚や友人などに贈ることもあるようです。もらいっ放しが気になるなら、お礼状を出してから同額程度のものを贈ってもいいでしょう。目上の方からお中元をもらうケースはまずないと思いますが、その場合も同様です。

さらに、受け取る理由がないので受け取りたくない、あるいは立場上受け取れないといったこともあります。配送の場合は、業者に伝えて受領を拒否できます。そのときは、受け取れない理由と「お気持ちだけありがたくいただきます」という趣旨の手紙を出してフォローを。いったん受け取ってから開封せずに上から包装し、受け取れない旨を書いた手紙と一緒に返送する方法もあります。

いかがでしたでしょうか? アラフォー女性なら知っておきたいお中元のマナー。正しい知識をもって、気持ちよくお中元シーズンを過ごしましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワインとおいしいもの大好き!毎日の生活をちょっと楽しくしてくれる情報をキャッチして発信していきま~す。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく…いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター