更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法 | 大人のワタシを楽しむメディア
更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法

更年期太りを運動で解消!体型維持するためのおすすめ方法

食事の量が増えたわけではないのに体重が増加したり、お腹やお尻のまわりに肉がついてきたなんてことはありませんか? 女性はゆらぎ期に差し掛かる40歳前後からエネルギーを燃焼させる効率が悪くなり、痩せにくい身体になってしまいます。「ゆらぎ期」に太らない対策をして、いつまでもスリムで若々しい体型を維持しましょう。


エストロゲン(女性ホルモン)が減少して太りやすい体質に

ヘルシーな食事を心がけているのに太りやすい。

食べる量が増えたわけではないのに体重が増える・・・。

40~50代の女性の多くが体型の変化や痩せにくい体質に悩みます。昔と変わらない生活をしていても体重は増加する一方。ゆらぎ期の女性は、平均体重よりも重い過体重の人が多いともいれわています。

ゆらぎ期を迎える40~50代は、身体の筋肉の量が減少します。これによって基礎代謝が低下し、エネルギーを燃焼させる効率が悪くなり痩せにくい身体になってしまいます。

ゆらぎ期の女性は、だんだんと卵巣の働きが悪くなり、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少します。このエストロゲンが排卵や月経など女性の機能を整え、コレステロールの値を正常にして、新陳代謝を促します。このため、エストロゲンが減少すると脂肪が代謝されにくくなり、太りやすい体質になってしまうのです。

適正体重を知ろう! 体重測定は毎日の習慣に

気を付けていても太ってしまうことが多い女性のゆらぎ期ですが、なかには肥満と判定されるほど体重が増加する人もいます。また見た目にはわからなくても、内臓のまわりに余分な脂肪がついたり、体脂肪が増えることもあります。

検診などで肥満を指摘されるような太り方は、健康面でもさまざまな病気を引き起こす要因になります。とくに太りやすくなるゆらぎ期は、自分の適正体重を知ることが必要です。

国際基準としての肥満の判定はBMIという数値で行われます。
このBMIは体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))という計算式で求めることができます。

例えば身長162cm、体重55kgの場合は、5÷(1.62×1.62)=20.9となります。統計的に最も病気にかかりにくいBMIは「22」といわれ、「25」以上になると肥満とされています。

まめに体重を測り、BMI値の増減を把握するだけでも肥満を防げます。体重測定は、できる限り毎朝・毎晩の習慣にすることが大切です。

ゆらぎ期からも間に合う!継続的な有酸素運動で太りにくい体質に

お腹が出はじめたら、内臓脂肪が増えてきたサイン。

40~50代のゆらぎ期は、基礎代謝もぐんと落ちてしまいます。若いころと同じような運動量なのに、太ってきたり、余分なお肉がついたりしませんか?

加齢そのものによっても筋肉量は減少し、エネルギーが燃焼されにくくなります。さらにはエストロゲンの減少によっても代謝が低下し、身体が痩せにくくなるだけでなく太りやすくなります。

しかしゆらぎ期につきやすい内臓脂肪は、皮下脂肪よりは比較的に燃焼されやすく、継続的な有酸素運動で落とすことも可能です。ウォーキングや軽めのジョギング、サイクリング、足腰に負担をかけない水泳や水中歩行もいいでしょう。

これらの有酸素運動は脂肪燃焼効果があり、また筋肉量が増えて基礎代謝をアップさせます。適度な運動はストレス解消にもなり、ゆらぎ期のうつうつとした気持ちやストレスなどの症状も緩和されるでしょう。

痩せたい、体力をつけたいなど目的に合わせて運動を継続して

忙しい中で運動を続けていくのは大変なこと。ゆらぎ期からはじめるなら「楽しみながらできる運動」を探すことも大切です。その中から「長続きできそうなもの」を選ぶのも、ゆらぎ期に太らず健康的に過ごすための重要なポイント。

とにかく体脂肪を燃焼させたいならウォーキングや山歩き、水泳、ゴルフなどが効果的。コリがひどい身体の柔軟性をUPさせたいならヨガやストレッチ、太極拳などがおすすめ。疲れやすくなったなど体力を向上させたいなら腹筋やウエイトトレーニングなどがいいでしょう。

しかし運動が苦手、時間がないなどといった場合は、いつもバスやタクシーを使う距離を歩いてみたり、エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用したり、テレビを見ながらストレッチをするだけでも効果があるので、まずは日常で少しずつ運動を取り入れて、更年期太りとさよならしましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

デリケートゾーンのにおいの悩み「何だか臭うかも…」そんなときは?│おしえて!咲江先生(1) 

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。栄えある第一回目は“デリケートゾーンのニオイ”問題です。


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

あなたは“いきがい”をもっていますか?“いきがい”を持っている人は、更年期症状が軽く、健康寿命が長いということがわかっています。今回は、更年期に自分と向き合い“いきがい”を見つける方法について、アラフォー世代向けにオリジナル方法をご紹介します。さて、あなたの“いきがい”はなんですか?


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google