40代独身女は痛い? 既婚女性が独身女性につい言いたくなること【神崎桃子の恋愛指南 #11】 | 大人のワタシを楽しむメディア
40代独身女は痛い? 既婚女性が独身女性につい言いたくなること【神崎桃子の恋愛指南 #11】

40代独身女は痛い? 既婚女性が独身女性につい言いたくなること【神崎桃子の恋愛指南 #11】

アラフォー 既婚女と独身女…高くて厚い壁がある…と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 前回は独身女性が既婚女性についてイラつくことを教えていただきましたが、今回は既婚女性が独身女性にいいたいことをまとめていただきました! 身につまされる人もいるのではないでしょうか。


40代独身女性と既婚女性の大きな壁とは?

Getty logo

既女「いいよねぇ~独身って。自由で……。お金も時間もあって……」
独女「え? 女ひとりで生きてくのはラクじゃないよ。そっちこそ自分が好きで結婚したんでしょ?旦那の愚痴ばっか聞かせないでよ」

――こんなふうに、昔はなんでも相談していた女友達でも“未婚既婚”というポジションの違いからミゾができてしまうことも……。

※前回のコラムでは“独身女性が既婚女性にイラつくこと”について言及してみたが、今回は“既婚女性が独身女性に言ってやりたいこと”をまとめてみた。

40代独身女性って何だか…扱いづらい

「職場の男性たちが口にするのが『アラフォー独女はキツイ』『いい年して余ってる女性は我が強い』ってこと。上司や男性相手にしょっちゅう噛み付いてる。会議やミーティングでも強い口調で平気でダメ出ししたり、自分の意見を譲らないことが多い。だから男性社員は既婚女性との方が話しやすいって言ってます。周囲が腫れ物に触るような扱いをしてるってことに気づいてないんですよ。同性の私からしても非常に扱いづらいです」(47歳女性/通信)


「職場にいるんですよね。“私は知的で仕事がデキる女よ”って感じのアラフォー独女が……。既婚の私達と“自分は別格!”って顔して見下してるんです。またそういう独身女性ってモテる女性や素直で可愛い女子を目の敵にするじゃないですか?『男になんでもやってもらえていいね』『仕事できなくても媚び売るのはうまいのね』なんてひねくれて物を考えるし……刺々しくて声も掛けづらい」(38歳女性/営業事務)

――職場では中堅どころの独身女性の機嫌をそこねないように神経を使っていることもあるようだ。
これまでひとりで頑張ってきた独身女性に見受けられるのはこのギスギス感ではないだろうか。
社会で男と伍していくためには強くいなければならない。
しかし、仕事へのポリシーや情熱のせいでその「強さ」が裏目に出てしまうことがある。

男に対抗するために女のいい部分を消してしまうバリキャリ女性も少なくない。

職場において強い部分だけを発揮する女性は悲しいことに“腫れ物”になってしまう。
周囲は「もう少し肩の力抜けばいいのに」と思っているものだ。
女性らしい気づかいや柔らかさは忘れてはならない。

40代独身女性がなかなか結婚しないその理由にイラッ

「私に先を越されたからやっかんでるのか『私は仕事が好きなの! 結婚とかぜんぜんっ興味ないの!』と猛アピールする友達のM美。結婚しないのはあたかも自分の選択だと勘違いしてるみたいだけど、本当は“結婚しない”んじゃなく“できない”ってことに早く気づいてほしい。意地悪なようだけど、今のままじゃ一生独身だと思う。現実から目を逸らしているアラフォー女は痛いだけ」(41歳女性/パート派遣)

――“あえて結婚しない”的な独身者の発言に既婚者は心の中でツッコミを入れているものだ。
「結婚しない理由を都合よく正当化してるだけじゃん」「なに?御託並べちゃって」……と。

「今、仕事が面白くって」とか「ほんと忙しくって男とか結婚どころじゃないのよね」なんてあたかも仕事一筋な言い訳も既婚者が聞けば痛いだけ。

「結婚が女の幸せとは限らない!」「結婚がすべてではない!」というような“結婚を全力で否定するような姿勢”も「結婚を一度も経験していないのに、そんなことなんで分かるの?」と思われるのが関の山。

40代独身女性の痛い行動に腹が立つ…若いつもりでSNSでの投稿

Getty logo

「独身アラフォーの自撮り画像にイラッとします。いい年してよくあんな写真を公開できるなと思っちゃう。あと、リッチなランチやディナーだとか、男性との飲み会やらクルージングやらの写真とか……。そういう『見て見て、私、まだまだイケてます! 私、モテてま~す』って類の投稿にはムカッパラ立ちますわ。私なんかそんな画像を公開するどころか、男性がいる場所に行くことも飲みに行くことすらない……」(45歳女性/専業主婦)


・「SNSに男と遊んでる写真を続けてアップしていたり、しょっちゅう贅沢旅行に出掛けてる女友だちを見ると『いい加減にしなよ』と思います。独身生活を謳歌してるのかしれないけど、遊び過ぎ、若作りし過ぎ、露出し過ぎ!!もういい大人なのに子供すぎる。見てるこっちが恥ずかしい」(40歳女性/介護)

――「自分とはまるで違う生活」……そう、充実したプラーベートライフをおくっている楽しそうな独身女性に対し自由がきかない既婚組は腹立たしさを覚えることがある。
趣味や自分の好きなことを謳歌している独女のSNSでの投稿は夫や家庭がある身ではできないことだ。

独女のキラキラ投稿にイラついたり反応してしまうのは、以前の自分ならできたハズなのに今の自分にはできないことだからこそ。

見なきゃいいのについ覗いてしまうのも「独女の日常」が気になってしまうからかもしれない。

未婚も既婚も、それぞれの置かれた立場で悩みの種類も苦労も違うもの

「私が結婚する前までは仲良かった女友達に『付き合いが悪くなったね』って言われることに寂しさを感じます。私だって本当は遊びに行きたい。でも魅力的なお誘いでも、独身の頃のように簡単に出歩けない……」(38歳女性/貴金属)

――既婚者は自分のことは後回し、なにより“家族”だ。
女性が結婚したら優先順位が変わってくるのは仕方のないことである。

未婚と既婚ではそれぞれの立場や環境によって悩みの種類も苦労も違うのだ。

前回の独身女性の言い分と今回の既婚者の言い分を要約すると「互いに対しての理解がまるでない時」に憤慨している。

既婚未婚に関係なく“友達なら”やはりお互いさま精神。
それぞれの立場の違いに理解を示し、自分だけの立場を主張せず相手も尊重すること。

友達が選んだ人生を認め、自分の価値観を押し付けないように気をつけよう。

この週末は、立場の違いのせいで疎遠になってしまったあの女友達に「元気してる?」とメッセージを入れてみてはどうだろうか?

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

「不倫なんて絶対しないって思っていたはずなのにいつの間にか…」。誰しも最初から「不倫の恋がしたい!」なんて思っていないでしょう。しかし思いがけないきっかけで始まってしまうのが不倫。あれよあれよという間に始まり、抜けられなくなって辛い思いをしているあなたへ。不倫の実態を恋愛コラムニスト神崎桃子さんが教えてくれました。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/前半】好奇心の赴くままに突き進む怒涛の人生

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/前半】好奇心の赴くままに突き進む怒涛の人生

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋愛には安心感♡ アラフォーに“年上男性”が向いてる理由【神崎桃子の恋愛指南 #4】

恋愛には安心感♡ アラフォーに“年上男性”が向いてる理由【神崎桃子の恋愛指南 #4】

女だもん。やっぱり守られたいし大切に扱ってほしい…けど、アラフォーになってそんなこともとんとなくなった…。なんてお嘆きのあなた! 大丈夫!年上男ならその望みかなえてくれます♡ 恋愛コラムニスト神崎桃子さんにそのワケを教えてもらいましょう♪


アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

婚活を頑張って見つけた年下彼とのデート。ですが、ひとつふたつならともかく5歳以上年下の男性となると自分と彼がどう周りから見られているのか気になりますよね。色気たっぷりのお姉さまに従う年下男性、なんて見られるのもどうかと思うし…年下男性とのデートで成功する秘訣を恋愛コラムニスト神崎桃子さんから教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

時間に日付など、あたりまえのように日々使っている数字。生活のなかに溢れている数は世界共通言語です。人生での様々な儀式も七五三、成人式、還暦、年忌法要と、死後も私たちは数と関わりあっています。数の力を知る事で世界は違った彩りをもち、興味深いものになります。そこで数秘の世界観とはいったいどんなものなのかご紹介します。


挑戦したい!「野菜ソムリエ」ってどんな資格?

挑戦したい!「野菜ソムリエ」ってどんな資格?

今までのキャリアプランを見直し、新たな挑戦をしようと思ったとき、また子育てがひと段落し、仕事を再開させようと考えたとき、何か「資格」を持っているとさまざまな道が開けてきます。今回は、そんな資格の中でも人気の「野菜ソムリエ」についてご紹介。どのような勉強をすべきか、取得後の展望なども合わせてお届けしたいと思います!


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google