セックスレスで淋しい… 妻側の欲求不満は我慢すべき?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#12】

セックスレスで淋しい… 妻側の欲求不満は我慢すべき?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#12】

妻の欲求不満問題:夫が全然誘ってくれない。セックスレスで欲求不満…もう我慢できない!浮気するしかない?どうしたらいいの。セックスレスになると、満たされなくて辛いですね。つい衝動に任せて行動しそうになりますが、不倫は取り返しのつかない事態に発展する恐れも。 まずは夫ともう一度向き合うことから始めましょう。


セックスレスで辛い… 満たされない「心」

セックスができないと欲求不満を感じますが、この欲求は、肉体だけでなく心にも影響しています。愛する人とのセックスがもたらしてくれるのは、肉体的な快楽だけではなく、心まで満たされ大きな愛情を感じられること。特に女性は、セックスに精神的な安心感を求める傾向があります。そのため、夫婦間のセックスレスはそのまま夫への不満と直結してしまいます。

「本当は、夫が抱きしめてくれるだけでいい」

実際に不倫してしまい、すぐに後悔して止めた女性はそう言いました。欲しいのは、快感ではなく愛されているという安心。それが満たされないから、衝動的に浮気に走ってしまうのですね。

ですが、いくら他人に「夫の代わり」を求めても、本当に満たされることはありません。不倫には、体の満足が得られる、女性として見てもらえるという刺激はありますが、結局根本的な解決にはならないからです。夫への当てつけのように不倫をする女性もいますが、「本来抱きしめて欲しい人」から遠ざかれば遠ざかるほど、心は寂しさを増していくという矛盾を抱えることになります。

そして、不倫は「最悪の場合、離婚まで発展する」という大きなリスクを抱えています。バレてしまえばすべてを失う危険があるのが不倫であり、決して正当化されるものではありません。

欲求不満も限界! 浮気・不倫の二文字が脳裏をよぎる

「どうせ夫は私に関心もないし、浮気したってバレないよね」こんな気持ちで不倫に走る女性は確かにいます。それは、自分「だけ」は上手くやれる、という根拠のない自信があるから。ですが、実際に夫や家族に嘘をつき、騙しながら不倫相手と関係を続けていく生活は、大きな警戒心と注意力、集中力などエネルギーを必要とします。そしてそんな後ろ向きな努力は、多くの場合決して長くは続かないものです。

いずれ、妻の様子がおかしいことに気がついた夫は、浮気や不倫を疑うことになります。スマホなどから「証拠」を手に入れてしまえば、人によっては「すぐに離婚だ!」となることもあるでしょう。見て見ぬふりをするとしても、知った以上夫は妻を信用することはできないし、実質的に結婚生活は破たんを迎えます。

忘れてはいけないのは、不倫はたくさんの人を傷つけるということです。一番の被害者は子どもです。母親が父親以外の男性と親密な関係を持っていたことを知れば、心は大きな傷を受けるでしょう。また夫や自分の家族も、不倫をしていた身内を簡単には許せません。

結局、バレてしまえばすべてを失うリスクを覚悟しなければならないのが、不倫なのです。

性欲がある、欲求不満は悪いことじゃない

Getty logo

寂しい気持ちは、他人ではなく夫にぶつけましょう。「触れて欲しい」という欲求を伝えるのは、決して悪いことではありません。平気なふりをすれば、夫はその様子をそのまま受け止めてしまいます。ですが、あなたが欲求不満で苦しんでいることを知れば、夫として、男として、解消しようという心がはたらくのは当然のこと。「求められている」という実感は、男性に力を与えます。

「性欲が強いと思われそうで恥ずかしい」「こんな自分みっともなくて笑われそう」という声をよく聞きますが、それは伝え方を工夫すれば良いことです。いきなり「セックスがしたいの!」と迫られれば引いてしまう男性もいますが、さり気ないスキンシップから始めて接触を繰り返していけば、夫の方も少しずつその気になってきます。何も伝えないことが一番良くないのです。

夫側だって、もしかしたら抱きたい気持ちがあるのに「拒否されたら落ち込むから」などの理由で手が出せないでいる場合もあります。こちらから動いてみることで、夫が違和感なく受け止めてくれる可能性も十分あります。

それでもダメなら別居などで距離をとる

Getty logo

もし、夫に寂しさを伝えてみても何も変わらないままであったり、「気持ち悪い」などと拒否されてしまった場合は、そのままにせず距離をとりましょう。「あなたの対応に傷ついた」と夫に知らせることは、今後の結婚生活を続けていく上でのコミュニケーションに大切なことです。

なかには、そんな妻の気持ちをないがしろにしたり、笑いものにしたりする男性も確かにいます。それは、「こんな人だったのか」と夫の人間性を知る機会にもなります。我慢して一緒にいるのではなく、可能なら別居してみるなど物理的に離れてみて、今後どうするかを考えましょう。

それでも、傷ついたからといって不倫に走ることはおすすめできません。人の道に外れた選択は良い結果を生みません。あくまでも、寂しさは他人ではなく夫にぶつけることが夫婦としての筋。気持ちを伝えることで、欲求不満を一緒に解消していくのが最善です。

一番身近で愛しているからこそ、満たされる喜びも大きくなることを、忘れないでくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

アラフォークライシスに苦しむアラフォー女性はセックスレスにも悩んでいる!?数万組の夫婦のセックスのお悩みを聞いてきた、すずね所長こと夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにアラフォーセックスレスの現状について教えてもらいました。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター