もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

結婚生活が長くなり、夫婦という役割に馴染んでしまうと、日々の過ごし方にマンネリを覚えることがあります。 たまには子どもを預けて、夫婦ふたりでデートする時間を持ちましょう。恋人のころのような新鮮さをふたたび味わうことで、改めて相手への愛情に気がつくきっかけとなります。 夫婦で楽しむおすすめのデートをご紹介します!


「思い出の場所」に行ってみる

Getty logo

初めてのデートで行った映画館やプロポーズされた公園など、ふたりの「思い出の場所」を覚えていますか? 夫婦になった今、改めてふたりで過去を楽しみましょう。「今だから言えるけど・・・」と緊張していた自分のことや相手の様子について、思い返すことができるのは幸せなことですよね。

昔と景色が変わっていたり、今はもうなくなったりしているかもしれません。それでも、がっかりせずに「あの頃をふたりで楽しめて良かった」と思えれば、いつまでもふたりだけの思い出として胸に残ります。

過去、相手のために頑張っていた自分を思い出すと、愛情が溢れていたことを実感します。「思い出の場所」に足を運ぶのは、結婚して子どもも産まれ、忙しい毎日の中で忘れてしまっていた思いやりなどを取り戻す良い機会です。

あのときのプロポーズを再現してみるなど、結婚を決意した瞬間を二人で思い出すのもよいですね。

普段行かないような高級レストランで食事を楽しむ

Getty logo

恋人時代は、お給料日などに奮発して楽しんでいた高級レストランでの食事。結婚して子どもができてからは、そんな余裕もなくて遠ざかっていた贅沢な時間を再び味わうのもいいでしょう。

昔よく行っていたレストランに、「夫婦」となったふたりで訪れてみるのも素敵なことです。新しいお店を「新規開拓」するのもワクワクします。ふたりでお店を選ぶこともまた新鮮です。

ふたりでの食事が当たり前だったころと違い、家庭を持った今は自分の都合で外食するお店を選ぶことも難しくなりますよね。せっかくふたりきりで食事を楽しむなら、好きなものを美味しく食べられるお店を選びましょう。

「共通の楽しみ」を満喫する

Getty logo

例えば、ふたりとも野球観戦が好きなら、チケットを用意して昔のように応援に熱狂する時間を楽しむ。漫画喫茶にこもって好きな作品を読むのが好きなら、久しぶりにふたりで個室に入る。

子どもができてからはなかなかやれなくなった昔の趣味を思いっきり満喫するのも、良いデートプランです。あの頃とはまた違う感動をふたりで味わいましょう。

昔と同じサッカーチームを熱心に応援する夫の姿にまだ若々しさを感じたり、あの頃得意だった曲を今でも上手に歌いきる妻に感動したり、年月を経た今だからこそ感じられる高揚感があります。

趣味を満喫する時間は、ストレス発散になるだけでなく「これからは家族で楽しむ方法」を見つけるきっかけにもなります。昔はふたりだったけど、家族がいる今はもっと楽しめるはず。そんな気持ちを夫婦で話し合うのも良いですね。

ラブホテルへ行く

Getty logo

どうせ夫婦ふたりで行くなら、ラブホテルで「おこもり」して過ごすのもおすすめ。妊娠や出産でセックスから遠ざかっている夫婦には、改めて「刺激」をもらえる場所です。

結婚してから、お互い異性としての魅力を感じにくくなった、というのはよく聞く話ですが、そんなふたりにこそラブホテルに足を運ぶのは昔の情熱的なセックスを思い出せる良い機会。「今さら恥ずかしい」と思わずに、思い切って夫を誘ってみると意外と良い返事がもらえることも。

ですが、いざお互い向き合っても、なかなかその気になれない可能性もありますね。そんなときは、無理に性的な雰囲気を出そうとするのではなく、ふたりでゆっくりお風呂に浸かる、ガウンに着替えて広いベッドで横になるなど、リラックスすることを心がけましょう。開放的な気分を味わっているうちに、いつの間にか抱き合っていた、というケースもあります。

「密室にふたりきり」という状況にドキドキしていた恋人時代の感覚を取り戻して、久しぶりに触れ合う時間を楽しみましょう。

罪悪感は持たないことが肝心!

Getty logo

「子どもを預けて夫婦でデートなんて・・・」とふたりで出かけることに積極的になれないかもしれませんが、夫婦だけの時間を持つことは、決して責められることではありません。むしろ、あえてふたりきりで過ごすことは、普段すれ違いがちなコミュニケーションを復活させる機会となります。

子どもがいると、ゆっくり話す時間がとれなかったり、お互いのことに関心が薄くなったりと、「夫婦の会話」が疎かになりがちです。定期的にふたりでデートする時間を過ごすことで、「親」とともに「男女」でもある自分たちを取り戻すことができます。

デート中は、腕を組んだり手を繋いだり、恋人時代のように体をくっつけて歩くこともできます。家では子どもの手前恥ずかしくてできないことでも、遠慮なく楽しめますね。

「夫婦デート」では、罪悪感を持つ必要はないのです。ふたりの仲が良ければ、それは子どもにとっても良い影響となり、家族の絆はさらに強くなります。

ぜひ、ふたりで愛情あふれる時間を過ごしてくださいね!

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

【人生100年時代の夫婦の在り方】これからの時代、人生は100年と言われています。子どもが60歳で巣立ったとして、そこからの40年を夫婦ふたりで過ごすとして、どんな心構えでいたらいればいいのでしょう。幸せ夫婦コミュニケーションコラムニストひろたかおりさんに教えていただきました。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター