もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】 | 大人のワタシを楽しむメディア
もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

結婚生活が長くなり、夫婦という役割に馴染んでしまうと、日々の過ごし方にマンネリを覚えることがあります。 たまには子どもを預けて、夫婦ふたりでデートする時間を持ちましょう。恋人のころのような新鮮さをふたたび味わうことで、改めて相手への愛情に気がつくきっかけとなります。 夫婦で楽しむおすすめのデートをご紹介します!


「思い出の場所」に行ってみる

Getty logo

初めてのデートで行った映画館やプロポーズされた公園など、ふたりの「思い出の場所」を覚えていますか? 夫婦になった今、改めてふたりで過去を楽しみましょう。「今だから言えるけど・・・」と緊張していた自分のことや相手の様子について、思い返すことができるのは幸せなことですよね。

昔と景色が変わっていたり、今はもうなくなったりしているかもしれません。それでも、がっかりせずに「あの頃をふたりで楽しめて良かった」と思えれば、いつまでもふたりだけの思い出として胸に残ります。

過去、相手のために頑張っていた自分を思い出すと、愛情が溢れていたことを実感します。「思い出の場所」に足を運ぶのは、結婚して子どもも産まれ、忙しい毎日の中で忘れてしまっていた思いやりなどを取り戻す良い機会です。

あのときのプロポーズを再現してみるなど、結婚を決意した瞬間を二人で思い出すのもよいですね。

普段行かないような高級レストランで食事を楽しむ

Getty logo

恋人時代は、お給料日などに奮発して楽しんでいた高級レストランでの食事。結婚して子どもができてからは、そんな余裕もなくて遠ざかっていた贅沢な時間を再び味わうのもいいでしょう。

昔よく行っていたレストランに、「夫婦」となったふたりで訪れてみるのも素敵なことです。新しいお店を「新規開拓」するのもワクワクします。ふたりでお店を選ぶこともまた新鮮です。

ふたりでの食事が当たり前だったころと違い、家庭を持った今は自分の都合で外食するお店を選ぶことも難しくなりますよね。せっかくふたりきりで食事を楽しむなら、好きなものを美味しく食べられるお店を選びましょう。

「共通の楽しみ」を満喫する

Getty logo

例えば、ふたりとも野球観戦が好きなら、チケットを用意して昔のように応援に熱狂する時間を楽しむ。漫画喫茶にこもって好きな作品を読むのが好きなら、久しぶりにふたりで個室に入る。

子どもができてからはなかなかやれなくなった昔の趣味を思いっきり満喫するのも、良いデートプランです。あの頃とはまた違う感動をふたりで味わいましょう。

昔と同じサッカーチームを熱心に応援する夫の姿にまだ若々しさを感じたり、あの頃得意だった曲を今でも上手に歌いきる妻に感動したり、年月を経た今だからこそ感じられる高揚感があります。

趣味を満喫する時間は、ストレス発散になるだけでなく「これからは家族で楽しむ方法」を見つけるきっかけにもなります。昔はふたりだったけど、家族がいる今はもっと楽しめるはず。そんな気持ちを夫婦で話し合うのも良いですね。

ラブホテルへ行く

Getty logo

どうせ夫婦ふたりで行くなら、ラブホテルで「おこもり」して過ごすのもおすすめ。妊娠や出産でセックスから遠ざかっている夫婦には、改めて「刺激」をもらえる場所です。

結婚してから、お互い異性としての魅力を感じにくくなった、というのはよく聞く話ですが、そんなふたりにこそラブホテルに足を運ぶのは昔の情熱的なセックスを思い出せる良い機会。「今さら恥ずかしい」と思わずに、思い切って夫を誘ってみると意外と良い返事がもらえることも。

ですが、いざお互い向き合っても、なかなかその気になれない可能性もありますね。そんなときは、無理に性的な雰囲気を出そうとするのではなく、ふたりでゆっくりお風呂に浸かる、ガウンに着替えて広いベッドで横になるなど、リラックスすることを心がけましょう。開放的な気分を味わっているうちに、いつの間にか抱き合っていた、というケースもあります。

「密室にふたりきり」という状況にドキドキしていた恋人時代の感覚を取り戻して、久しぶりに触れ合う時間を楽しみましょう。

罪悪感は持たないことが肝心!

Getty logo

「子どもを預けて夫婦でデートなんて・・・」とふたりで出かけることに積極的になれないかもしれませんが、夫婦だけの時間を持つことは、決して責められることではありません。むしろ、あえてふたりきりで過ごすことは、普段すれ違いがちなコミュニケーションを復活させる機会となります。

子どもがいると、ゆっくり話す時間がとれなかったり、お互いのことに関心が薄くなったりと、「夫婦の会話」が疎かになりがちです。定期的にふたりでデートする時間を過ごすことで、「親」とともに「男女」でもある自分たちを取り戻すことができます。

デート中は、腕を組んだり手を繋いだり、恋人時代のように体をくっつけて歩くこともできます。家では子どもの手前恥ずかしくてできないことでも、遠慮なく楽しめますね。

「夫婦デート」では、罪悪感を持つ必要はないのです。ふたりの仲が良ければ、それは子どもにとっても良い影響となり、家族の絆はさらに強くなります。

ぜひ、ふたりで愛情あふれる時間を過ごしてくださいね!

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦 ひろたかおり

関連する投稿


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google