「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


「妻」が「母親」になったことに戸惑う男性

Getty logo

女性は、妊娠・出産すれば本能として「母親」になります。意識しなくても子どもを優先して考えるようになり、育児も頑張りますよね。「母性本能」は女性にだけ備わったものであり、だからこそ出産の痛みにも耐えられると言われています。

一方、男性の方はこの「母性本能」を持つことができません。そのため、自ら積極的に育児に関わろうという意思がなければ、家庭の中で「置いてけぼり」をくうことになります。ですが、男性にとって育児に向き合うのは大変なこと。なかなか女性と同じようにはいかないのが現実です。

子どもが産まれる前は、自分のことを気にかけてくれていた妻が、子どもが産まれるとそちらにばかり集中するようになる。新生児など小さな赤ちゃんがいれば、晩ごはんが出来ていなかったり、掃除が行き届いていなかったりすることはまだ理解できるとしても、「自分より子どもを優先する」妻の姿は、出産前とは随分違ったものにうつるでしょう。

子どもがいるからとわかっていても、「母親」へと変化した妻に戸惑ってしまう男性は、実は大勢います。特に仕事が忙しく、普段から家のことに関われない男性ほど、この変化に心がついていけません。また、「俺のことは?」という不満が生まれても、子どもと対抗しているようで嫌だ、とプライドが先に立って口にできないという人もいます。

男性の心は、女性ほどすんなり子どものいる生活に慣れていけないのですね。

「のけもの」のような寂しさ

Getty logo

中には、自分を優先しない妻に対して腹を立て、以前と変わらず「自分が一番」の生活を強制してくるような男性もいます。ですが、ほとんどの男性は自分の血を分けた子どもの誕生を喜び、産んでくれた妻に感謝し、一緒に育児を楽しんでいきたいと思うものです。ただ、実際には「どう手伝えば良いかわからない」ことから、上手く関われないまま過ごしているという場合が多く見られます。

会社に行って、疲れて帰宅しても妻が子どもにかかりっきり、という状況は寂しさを感じます。放っておかれているようで、自分の存在感を家庭の中で確認できなくなるのですね。子どもが産まれる前は晩酌の用意もしてくれていたのに、「ビールまだ冷蔵庫にあったっけ?」と訊いても「ごめん、自分で見てくれる?」と子どもの方を向かれたまま返されてしまうと、「俺はどうでもいいのかよ」とふてくされたくなるような心境です。

また、妻と子どもがべったりと一緒にいると、なかなかその間に入っていけない、という気後れもあります。抱っこしたくても、赤ちゃんが泣き出すとすぐ妻が「何やってるのよ」としかめ面して取り上げてしまう。そんな態度を何度も取られると、「一緒に楽しめない」という悲しみが抑圧されて、少しずつ怒りに変わります。

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫が口にするのは、妻が自分をのけもののように扱うことへの「皮肉」に近いものです。そしてその裏には、「俺だって家族の一員なのに」という寂しさがあります。

たまには夫を甘やかす時間も必要

Getty logo

「全然育児を手伝ってくれない」「家事の分担が同じで不公平」など、夫に対する不満は多少の違いはあっても誰でも抱えているでしょう。ですが、夫は家族のために日々一生懸命仕事をしてくれています。お金を稼ぎ続けるのは、決して楽なことではありません。だからこそ、家に帰れば癒やされたい、リラックスしたいと願うのです。

「育児も家事も大変、夫に構っている余裕なんてない!」というときでも、できれば子どもから少しだけ意識を放し、夫に集中する時間を作りましょう。たまには夫の好物を晩ごはんに作る、好きなお酒を買い足しておく、夫の気にいっている入浴剤を揃えておくなど、少しの心遣いが夫の気持ちを和らげます。

「子どもの次」ではなく、「俺のため」という意識がはたらくと、それだけでも夫は満足するものです。妻の関心が自分に向いていることがわかれば育児にも手を伸ばしやすく、「俺が子ども見ているからゆっくりお風呂に入っておいでよ」など、妻の労をねぎらう言葉もかけやすくなります。

「いつもお仕事を頑張ってくれてありがとう」という感謝の言葉も、夫の気持ちを前向きにするために有効です。大切なのは、「夫も家族の一員」であるという意識を持つこと。ふたりで赤ちゃんをあやしたり遊んだり、みんなで買い物に出かけたり、「一緒にする」ことで、夫もより家族のために頑張ろうというやる気を出せます。

夫が抱える寂しさを放置していると、家族より仕事を優先したり不倫に走ったりと、家庭を顧みなくなる恐れもあります。そうなる前に、たまには夫を甘やかす時間も作ってくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦 ひろたかおり

関連する投稿


「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

子どもの世話をするのは自分だけ。忙しい夫は育児にも私にも無関心……。「ワンオペ育児」で悩む妻は多いですが、諦めていては何も変わりません。恨みや憎しみが重なると、いずれ熟年離婚もありえます。そうならないためにも、もう一度夫を愛することから始めてみませんか? それでは具体的にどう接すれば良いか、お話します。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


足がパンパン! そんな辛いむくみをマッサージで改善♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#6】

足がパンパン! そんな辛いむくみをマッサージで改善♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#6】

長時間の座り仕事や立ち仕事で夕方になると靴がきつくなったり、足がだるくなったりしませんか? また冷え性や肩こり、これらはすべて脚のむくみとつながっています。以前は私も脚のむくみに悩むひとりでした。が、この6つの方法で見事に改善したんです。そこでおすすめの改善方法をご紹介します。


インフルエンザ対策に紅茶が効果的! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

インフルエンザ対策に紅茶が効果的! 英国紅茶研究家 斉藤由美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

インフルエンザ対策に紅茶が大注目! インフルエンザが流行する季節はもちろん、日常的に飲むことで嬉しいことがたくさんある紅茶について、『紅茶セラピー~世界で愛される自然の万能薬』の著者 英国紅茶研究家の斉藤由美さんにお話を伺いました。


「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

子どもの世話をするのは自分だけ。忙しい夫は育児にも私にも無関心……。「ワンオペ育児」で悩む妻は多いですが、諦めていては何も変わりません。恨みや憎しみが重なると、いずれ熟年離婚もありえます。そうならないためにも、もう一度夫を愛することから始めてみませんか? それでは具体的にどう接すれば良いか、お話します。


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google