「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


「妻」が「母親」になったことに戸惑う男性

Getty logo

女性は、妊娠・出産すれば本能として「母親」になります。意識しなくても子どもを優先して考えるようになり、育児も頑張りますよね。「母性本能」は女性にだけ備わったものであり、だからこそ出産の痛みにも耐えられると言われています。

一方、男性の方はこの「母性本能」を持つことができません。そのため、自ら積極的に育児に関わろうという意思がなければ、家庭の中で「置いてけぼり」をくうことになります。ですが、男性にとって育児に向き合うのは大変なこと。なかなか女性と同じようにはいかないのが現実です。

子どもが産まれる前は、自分のことを気にかけてくれていた妻が、子どもが産まれるとそちらにばかり集中するようになる。新生児など小さな赤ちゃんがいれば、晩ごはんが出来ていなかったり、掃除が行き届いていなかったりすることはまだ理解できるとしても、「自分より子どもを優先する」妻の姿は、出産前とは随分違ったものにうつるでしょう。

子どもがいるからとわかっていても、「母親」へと変化した妻に戸惑ってしまう男性は、実は大勢います。特に仕事が忙しく、普段から家のことに関われない男性ほど、この変化に心がついていけません。また、「俺のことは?」という不満が生まれても、子どもと対抗しているようで嫌だ、とプライドが先に立って口にできないという人もいます。

男性の心は、女性ほどすんなり子どものいる生活に慣れていけないのですね。

「のけもの」のような寂しさ

Getty logo

中には、自分を優先しない妻に対して腹を立て、以前と変わらず「自分が一番」の生活を強制してくるような男性もいます。ですが、ほとんどの男性は自分の血を分けた子どもの誕生を喜び、産んでくれた妻に感謝し、一緒に育児を楽しんでいきたいと思うものです。ただ、実際には「どう手伝えば良いかわからない」ことから、上手く関われないまま過ごしているという場合が多く見られます。

会社に行って、疲れて帰宅しても妻が子どもにかかりっきり、という状況は寂しさを感じます。放っておかれているようで、自分の存在感を家庭の中で確認できなくなるのですね。子どもが産まれる前は晩酌の用意もしてくれていたのに、「ビールまだ冷蔵庫にあったっけ?」と訊いても「ごめん、自分で見てくれる?」と子どもの方を向かれたまま返されてしまうと、「俺はどうでもいいのかよ」とふてくされたくなるような心境です。

また、妻と子どもがべったりと一緒にいると、なかなかその間に入っていけない、という気後れもあります。抱っこしたくても、赤ちゃんが泣き出すとすぐ妻が「何やってるのよ」としかめ面して取り上げてしまう。そんな態度を何度も取られると、「一緒に楽しめない」という悲しみが抑圧されて、少しずつ怒りに変わります。

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫が口にするのは、妻が自分をのけもののように扱うことへの「皮肉」に近いものです。そしてその裏には、「俺だって家族の一員なのに」という寂しさがあります。

たまには夫を甘やかす時間も必要

Getty logo

「全然育児を手伝ってくれない」「家事の分担が同じで不公平」など、夫に対する不満は多少の違いはあっても誰でも抱えているでしょう。ですが、夫は家族のために日々一生懸命仕事をしてくれています。お金を稼ぎ続けるのは、決して楽なことではありません。だからこそ、家に帰れば癒やされたい、リラックスしたいと願うのです。

「育児も家事も大変、夫に構っている余裕なんてない!」というときでも、できれば子どもから少しだけ意識を放し、夫に集中する時間を作りましょう。たまには夫の好物を晩ごはんに作る、好きなお酒を買い足しておく、夫の気にいっている入浴剤を揃えておくなど、少しの心遣いが夫の気持ちを和らげます。

「子どもの次」ではなく、「俺のため」という意識がはたらくと、それだけでも夫は満足するものです。妻の関心が自分に向いていることがわかれば育児にも手を伸ばしやすく、「俺が子ども見ているからゆっくりお風呂に入っておいでよ」など、妻の労をねぎらう言葉もかけやすくなります。

「いつもお仕事を頑張ってくれてありがとう」という感謝の言葉も、夫の気持ちを前向きにするために有効です。大切なのは、「夫も家族の一員」であるという意識を持つこと。ふたりで赤ちゃんをあやしたり遊んだり、みんなで買い物に出かけたり、「一緒にする」ことで、夫もより家族のために頑張ろうというやる気を出せます。

夫が抱える寂しさを放置していると、家族より仕事を優先したり不倫に走ったりと、家庭を顧みなくなる恐れもあります。そうなる前に、たまには夫を甘やかす時間も作ってくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚したからと言って、次の結婚がないわけではありません。実際の調査では、多くの人が再婚して新しい人生をスタートしています。一度つまずいたからこそ、次は必ず幸せになりたいという姿勢が再婚につながる現代、再婚は当たり前の選択と考える人が増えています。


セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

夫から求められなくなって数ヶ月。楽だな~と思っていたら、ある日いきなり夫の浮気が発覚! これってセックスレスを放置していた私のせい? 夫の浮気は誰でもショックを受けますが、そんなときこそ冷静な行動が必要です。いきなり夫を責め立てるのは避け、まずは自分が今後どうしたいかを考えましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【1月27日(月)~2月2日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月27日(月)~2月2日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google