欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは? | 大人のワタシを楽しむメディア
欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは?

欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは?

”Hygge” この言葉を見たことがありますか? 欧米では数年前から流行りはじめ一気に普及した、あるライフスタイルを指す言葉です。 デンマーク語で、広くは「心地よい生活」といった意味の”Hygge”(ヒュゲ、ヒュッゲ)。いまこの”Hygge”が日本でも注目を集め始めています。


Hygge(ヒュッゲ)とは日本の”わびさび”のようなもの?

Getty logo

広くは「心地よい生活」といった意味の”Hygge”。欧州での注目の高まりを受け、2016年にはBrexsit(イギリスのEU離脱)、Trumpism(トランプ主義)とならび、”Hygge”がイギリスの流行語候補にもなったようです。
その後アメリカへ広がり、最近日本でもいくつかのメディアで取り上げられるようになってきました。Hyggeスタイルといった形で、ライフスタイル系の業界(インテリア、ファッション、レジャー)でも最先端の形として取り入れられつつあります。

Hyggeというデンマーク語をぴったり表す日本語はないようですが、日本人にとっての「わびさび」のようなものといえばわかりやすいでしょうか。「わびさび」という言葉も、他国語に訳すときになかなかバシッとはまる言葉がない概念でありながら、日本人の精神文化、行動様式を理解するのに非常に大切なキーワードであるように、”Hygge”もデンマークの伝統的な生活のベースとなる、デンマーク人の精神性、暮らしかたの基本のようなものです。

Insragramで#Hyggeというタグを検索すると、17万件ほどの投稿がヒットします。ただ、それらをみていっても、見た目に必ずしも画一的な特徴があるわけではなさそうです。おそらく、Hyggeというのは人生の価値観のようなものというのがしっくりくる説明になるでしょう。

そんな”Hygge”、基本的なイメージは「ぬくもり、ほっこり、リラックス、素朴、シンプル、無理しない、自分らしい暮らし」といったところでしょうか。暖炉で薪がもえる炎の暖かさ、キャンドルライトのゆらめく灯り、大切な人と、またひとりで、ホットワインをのんでリラックスする時間、時間をかけて編み上げる手編みのセーター、派手ではないけれど肌触りがよい素材の服、上質な食材でじっくり作るお料理、etc..こんなビジュアルで表現されているのが、Hygge的ライフスタイルです。

世界で最も幸福な国! Hygge(ヒュッゲ)を大切にするデンマーク

Getty logo

では世界の大きな流れの中で、この古いようで新しい価値観は、どのようなことをきっかけに注目されるようになったのでしょうか。

北欧デンマークといえば、国連の世界幸福度レポートでも上位の常連となっている、いわば「世界で最も幸福な国」です。もともと、福祉や教育、労働環境など、国民の人権が十分に尊重されるような社会制度が整っているデンマークの人々が、伝統的にHygge的価値観をもって暮らしてきたことは、とても象徴的です。幸せとは、「自分らしくあること」「自分の身の丈で暮らすこと」「足るを知る、ということ」という価値観があったからこそ、社会制度にもそれが反映されているのだと思います。

デンマークの人々は、しばしば、いわゆるワークライフバランスという観点でON・OFFの切り替えが徹底しているといわれてきました。無限に利益を追求するような企業活動、不安定な生活におびえて長時間労働を受け入れざるを得ない労働者、といった景色は見られません。しかし同時に、仕事における時間の無駄を徹底的にそぎ落とし、労働時間を短縮することで、生産性の高さもしっかりと保っています。

だれもが人間らしく生活するための制度作りを重視する意識、そいうった制度を維持するための効率化された経済活動、この両輪によって、物質的、精神的な生活の質の高さが実現されているのです。

Hyggeがデンマーク人、デンマークという国のDNAだとすれば、自由(Freedom、Liberty)はまさにアメリカ的価値観、アメリカ人のDNAといえます。自由主義が世界を発展させてきたことも事実ですが、そのネガティブな側面に疲れてしまった人々の心が、今、Hygge的な価値観、暮らし方に強く惹きつけられているのだと思います。

古来の日本人の暮らしに通じるHygge(ヒュッゲ)

Getty logo

グローバル化によって日本にもアメリカ的な経済活動、価値観が浸透してきたこの数十年ですが、じつはわたしたち東洋人もHyggeに通じる価値観をもっていて、その意味でもHyggeは日本人にとても親和性があります。

「喫茶去(きっさこ)」という言葉をご存じでしょうか。元は禅宗の書物に出てくる一句ですが、「お茶を一杯召し上がれ」という意味で、茶席の禅語として茶道でもよく用いられています。

「客人の貴賤・貧富・賢愚・老若職業などにとらわれることなく、さりげなく出された一碗の茶。
たとえ茶道具は粗末で、茶や菓子は十分なものでなくとも、真心込めて出された一碗の茶。
お茶を出すものとして、あるいはいただくものとして、知るべき本当の茶の心が「喫茶去--お茶をおあがり」という短い言葉の中に込められているのです。」

なにかと比べることなく、自分の本来の姿や心のありようを見つめ、また相手のことも尊重する姿勢、そこに精神の平安と充足をみるという教えは、今こそ振り返るべき境地なのではないでしょうか。

Hygge(ヒュッゲ)とはアラフォーの私たちにこそ大切な価値観

Getty logo

わたしたちアラフォーは、人生の選択肢があまりにも多すぎて、迷えばすかさず競争を煽られる毎日。厳しさの中で刺激を受け向上することももちろんあるでしょう。

それでも、日々の幸福度を上げるためのひとつの方法として、選択の基準を「心地よさ」に置くこと、競争から降りることは「怠惰」ではないこと、誰かと自分を比べるのをやめること、自分のありたい姿でいること、このような実践を通じてHygge的価値観をもって暮らすことこそわたしたちアラフォーにとって必要なことではないでしょうか。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

好奇心旺盛なくいしんぼうの酒飲み。子どもにまつわること、働き方、生き方、すこやかな身体と心をつくるものに興味津々。

関連する投稿


田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


【大人のほっこりタイム】今週のにゃんこさん #2「きなこ君」

【大人のほっこりタイム】今週のにゃんこさん #2「きなこ君」

日曜日の夜は【大人のほっこりタイム】うん。やっぱ猫が好き♡と思ってしまう、ニャンともかわいい「にゃんこさん」をご紹介します。思わず抱きしめたくなる!癒しの一枚をどうぞ♪


【大人のほっこりタイム】今週のにゃんこさん#1「めいちゃん」 

【大人のほっこりタイム】今週のにゃんこさん#1「めいちゃん」 

今日からスタートする癒しのにゃんこ特集。うん。やっぱ猫が好き♡と思ってしまう、ニャンともかわいい「にゃんこさん」をご紹介します。思わず抱きしめたくなる!癒しの一枚をどうぞ♪


【エモまと】丁寧な暮らしに憧れる~なんて方、年始ここから始めてみませんか?

【エモまと】丁寧な暮らしに憧れる~なんて方、年始ここから始めてみませんか?

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google