【下ごしらえでこんなに違う!】健康&ダイエットに役立つ料理のひと手間

【下ごしらえでこんなに違う!】健康&ダイエットに役立つ料理のひと手間

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な調理法は変わります。今回は、健康やダイエットに役立つ下ごしらえのコツについてご紹介します!


ダイエット中にもっとも避けたい揚げもの、食べたくなったらどうする?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダイエット中に避けたい食べものNo.1が、揚げもの。油の塊だから、とわかってはいても、食べたくなるのが人間の性。油の量を控えたり、「揚げる」ではなく「焼く」という調理法にするのも方法ですが、下ごしらえでもできることがあります。

【その1】野菜は大ぶりに切る
野菜の揚げものなら、肉や魚介にくらべて低カロリー。でも、野菜を細切りにして衣でまとめたかき揚げは、油に触れる表面積が大きくなる分、カロリーも増えがち。ピーマンやパプリカなら4等分、しいたけやエリンギなら半分、と、大ぶりに切るといいでしょう。にんじんやじゃがいも、かぼちゃなど固い野菜は下茹でして、火を通りやすくしておくとオイルカットにつながります。

【その2】鶏肉はそぎ切りにする
鶏肉の唐揚げがどうしても食べたい!というときも、ありますよね。鶏肉は、必ず皮と余分な脂(黄色い部分)を取りのぞき、そぎ切りにします。薄くすることで火が早く通るので、少ない油で調理できます。

【その3】衣は水分を強めにして薄づけに
天ぷらの衣は、一般的なレシピより水分を多めにして(サラサラでOK)、食材に薄くまとわせる程度にします。唐揚げの粉も、しっかりはたいて余分な粉を落としましょう。

【その4】フライが食べたいときは、パン粉に一工夫
えびフライやカキフライ、コロッケなどをするときには、パン粉をフードプロセッサにかけて、できるだけ細かくしておきましょう。パン粉が吸収する油分を控えることができます。

お肉を食べたいときのカロリーオフ方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダイエット中でも、貴重なタンパク源であるお肉はぜひとってほしいのですが、うっかりすると高カロリーになりがちなので、要注意。部位にもよりますが、カロリーオフできる下ごしらえの方法をご紹介します。

【その1】余分な脂身、皮を必ずとる
これは、牛でも豚でも鶏でも他のお肉でも必須。あまり厳密に取らなくてもよいのですが、特に鶏肉は、皮をとるだけでもカロリーダウンになります。

【その2】下茹でする
お肉を炒める場合、下茹でして余分な脂を落としておくといいでしょう。中まで完全に火を通さず、しゃぶしゃぶのイメージでさっと湯にくぐらせておくだけでOKです。

【その3】グリルで焼いて余分な脂を落とす
焼き肉にする場合は、フライパンではなくグリルを使って、余分な脂を落とします。

じゃがいもを水にさらさない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

じゃがいもを炒め物に使うときは、切ったら水にさらすのが下ごしらえの鉄則。これは、じゃがいもに含まれるデンプン質をとり、調理時に粘りがでるのを避けるため。しかしダイエット中なら、逆にそのデンプン質を利用してカロリーオフができます。

例えば、じゃがいものグラタン。一般的には、牛乳と小麦粉、バターを使ったベシャメルソースでつくりますが、切ったじゃがいもを水にさらさず牛乳で煮てソースにとろみをつければ、バターいらず。重たくなりがちなグラタンも、あっさり仕上がります。じゃがいものガレットも同様にデンプンを利用した料理なので、チーズを使わずにシンプルに仕上げることができます。

生野菜は細かく、根菜は大きく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ダイエット中に、野菜はたっぷり摂りたいもの。でも、漠然と食べるのではなく、切り方に工夫をして、効果的に食べるのがポイントです。

【その1】生野菜は細かく切る
レタスやきゅうり、トマトなど、生でサラダで食べる場合は、千切りや粗みじんにするなど、なるべく細かく切ります。大ぶりだと見た目のカサだけが増えて食べるのが億劫になってしまいますが、細かく切ることでカサが減り、たっぷり食べられます。また、ドレッシングのなじみもよくなるので、必要以上にドレッシングをかけることも避けられます。

【その2】根菜は大胆に切る
反対に、にんじんやじゃがいも、カボチャやごぼう、かぶなどの根菜を蒸したり、煮物にする場合は、存在感溢れる大きさに切ります。よく噛んで食べることで、満腹感を得ることができます。

食べるときの手間を残して下ごしらえする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

例え、ダイエット中としても、食卓が淋しいと食事に満足感を得られず、リバウンドしてしまったり間食が増えてしまったりします。それなら、食べる時をイメージしながら下ごしらえをすると、より効果的です。

【時間をかけて食べるような工夫を!】
カロリーオフももちろんですが、時間をかけて、よく噛んで食べることがダイエットの鉄則です。そのためには、逆に食べるときの手間を残した下ごしらえがポイントです。

例えば、海老。一般的には殻を剥き、頭、尾、背わたを取っておきますが、見た目のボリュームが減り、しかも食べやすいので、ついついたくさん食べてしまいます。頭や尾、殻は残したままで調理すると、仕上がりも華やかで、また、殻を剥きながら時間をかけて食べることができます。背わたは節の間から竹串を入れて取りましょう。殻を剥きやすくするには、腹側にキッチンばさみで切り込みを入れておくといいでしょう。同様に、あさりやしじみなどの貝類も、むき身でなく貝のままで調理をするといいでしょう。

いかがでしょうか? 下ごしらえでこんなにも健康やダイエットに役立つポイントがあります。ぜひ実践してみてくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライターであり、調理師。野菜をこよなく愛し、執筆のかたわら、オーガニックレストランのシェフや寿司シェフなどを務める。

関連する投稿


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


まさか中年太り? 気になるポッコリ下腹部に簡単エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #16】

まさか中年太り? 気になるポッコリ下腹部に簡単エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #16】

「つまんでもゆすっても、どうにもならないポッコリ下腹部!中年太りかしら…」今回は40代の女性にオススメしたい、筋肉と重力を使ってポッコリ下腹部をスッキリさせるエクササイズをお伝えします。


ダイエットが抜け毛の原因に?! 髪の毛と食事の関係【アラフォーからのヘアケアレッスン #9】

ダイエットが抜け毛の原因に?! 髪の毛と食事の関係【アラフォーからのヘアケアレッスン #9】

いくつになっても女性とダイエットは切っても切り離せません…。健康的にやせるなら問題ないのですが、間違った方法や過度なダイエットは、薄毛や抜け毛、頭皮の乾燥や髪の毛のパサつきに繋がってしまいす。せっかくスリムになっても、髪が薄くなってしまってはガッカリですよね。そこで今回は、髪とダイエットについてお話しします。


ダイエットにもマインドフルネス 効果的な方法とは? 【大人のマインドフルネス入門#5】

ダイエットにもマインドフルネス 効果的な方法とは? 【大人のマインドフルネス入門#5】

マインドフルネスを生活に取り入れると、ダイエットに役立つのはご存知でしょうか? 理由と共に具体的な取り入れ方をご紹介いたします。


【エモまと】お正月食べすぎた…プチ後悔のあなたへ

【エモまと】お正月食べすぎた…プチ後悔のあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


褒められても喜べない… 自分に自信が持てない時は?【幸福度を高める ポジティブ心理学#6】

褒められても喜べない… 自分に自信が持てない時は?【幸福度を高める ポジティブ心理学#6】

褒め言葉を素直に受け取れずについつい謙遜してしまう…そういう人も多いでしょう。ただし、謙遜しているからと言ってそれが本心ではなかったりしますよね。ですが、なかには本当に自分に自信がなくて、その誉め言葉を「嘘」だと思ってしまう人もいるのです。そんな状況から抜け出すためにはどうしたらいいかポジティブ心理学でお伝えします。


宮本真知のタロット占い【8月20日(月)~8月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月20日(月)~8月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。WOMe的にこれは見逃せません!


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター