「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


彼の○○○を味方につける

Getty logo

ターゲットが網にかかり、あなたと親しくなったら、絶対に必要なのが、この行程。彼の男友達を味方につけられるかどうかで、流れは大きく変わります。

具体的には、周りの人の良いところを褒める、下ネタはほんの少しだけ付き合う、会話にユーモアを織り交ぜる。そしてここがポイントなのですが、「自分の小さな失敗談を話す」ことです。アラフォーの独身女性は、男性から見ると「隙がない」「怖い存在」なのです。なので、そんな彼らに隙を見せて、男性を優位な立場にしてあげるのです。

具体的に男性が可愛いなと思う失敗談は

・道を間違えた
・時間を間違えた
・洋服が反対だった

など、小さな日常の失敗談です。

もちろん、この“戦略的に失敗談を話す”という行為はターゲットにも必ずやってくださいね。男友達の信頼を勝ち取ることができれば、最大の協力者となって、あなたとのことを後押ししてくれるでしょう。また、彼も男友達に人気のあなたのことを独占したくなる可能性が高まります。

注意点は、彼の女友達。彼女達は、後でライバルになる可能性があるので、男性のみに対象を絞ることです。

ターゲットを誘い出しふたりっきりになる

Getty logo

ふたりになれるチャンスを待っている時代は終わりました。チャンスは作り出すものです。さりげなく、彼の好みにあうイベントにお誘いしてみましょう。スポーツ、美術、音楽、お酒、映画、食事、なんでも使えます。

ここまでのステップが成功していれば、彼は必ずイエスと言うはず。

ただし、好意を匂わせるのは、あくまで無邪気に。これが鉄則です。「あなたといると楽しい」「いつもありがとう」無邪気な笑顔とともに、そんな言葉を繰り返し伝えておくと効果的です。男性は、追いかけられていると思うと引いてしまいますが、女性に断られるのも恐れています。

必死感が出ないよう、でも好意はちゃんと伝わるように、明るく、無邪気に。がポイントです!

ここまで来たら○○は封印!

Getty logo

これは大人の女性にこそ使って欲しい技です! 目で伝える、つまり「会話」を封印するということ。
いい雰囲気から前進しないとしたら、しゃべりすぎている可能性が大です!

セクシーでミステリアスな雰囲気も恋愛には必要です。そうでないと、単なる気の合う友達になってしまうかもしれません。

ふっと会話が途切れたら、彼の目を見て「私としてみたいでしょ? 私はあなたが欲しい」と無言で語りかけてみて。
ほとんどの男性は、ドキドキしてあなたのことを強く意識し始めます。
奥手でなければあなたの誘いに乗ってくるはずです。

ターゲットから愛の告白を導く

Getty logo

男性は、最初は性欲と愛情が入り混じっています。性的にドキドキすることがそのまま好きという感情だと思っているのです。だから、性的にドキドキさせている瞬間を狙って愛の告白を導きます。

用意するのは、甘い香りと艶のある髪と肌、そして少しの密着です。腕や脚を少しだけ彼のどこかに密着したり、手を握ったりしてみて。

愛の告白は、とても魅力的かもしれないし、不器用なものかもしれませんが(笑)きっと彼はあなたのことしか考えられなくなっています。もしこのタイミングで愛の告白をしてくれなければ、ここでリクエストしてみましょう。

「私のこと好きなの?」それでチェックメイト! 彼はもうあなたのものです。

今回は、ターゲットの捕獲についてお伝えしました。大好きな彼との距離を一歩ずつ縮めて、最後は彼をあなたのものにしてしまいましょう。

戦略的な恋愛ができると、人生が何倍も楽しめます♡ ぜひ人生を豊かに彩っていきましょう!

夫婦円満協会 理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


悩めるセックスレス “性欲がない”と決めつけないで!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

悩めるセックスレス “性欲がない”と決めつけないで!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

セックスレスが普通になった。年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター