メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(前編) 【女性の仕事クローズアップ #4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(前編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(前編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

スピリチュアルの観点からカウンセリングを行い個人の潜在的な能力を見抜き、それを独自のメソッドで本人に気づかせ、能力開花させる講座を開講する小山内愛さん。その他にアロマブランド「フレグラントハート」を展開。プライベートでは6人の子どものママでもあります。精力的に活動する小山内愛さんにご自身のことについて伺いました。


精神を病んだ母にネグレクトされていた幼少時代

今でこそ明るく話せることですが、実は子ども時代に母がストレスから精神を病み、おまけにアル中で子どもを“育てる”ということを放棄してしまったんです。いわゆるネグレクトですね。父と父の両親、妹2人という家族でしたが、父は母から虐げられていて母には頭が上がりませんでした。私は学校の給食費からなにから自分で用意しなければいけませんでした。

洋服もいつもボロボロ…学校の友だちとなじむこともできませんでしたが、合わせることはできたのであからさまにいじめられるようなことはありませんでした。そんな状態だったので、とにかく家から出たくて出たくて。高校に入り1年生の時に主人と出会いお付き合いをスタートしました。

主人は8歳上ですでに仕事をしていました。神奈川から転勤で私の住む長野にきていたんです。ある日、主人が神奈川に戻ることになり、私は家から出たい一心で家出して主人についていきました。主人の両親はとても理解があり責任感の強い人たちでした。私を受け入れるなら、きちんと結婚して自分たちの子どもとして面倒をみたいと私の両親に話をしてくれたんです。うちの母親にしてみたら厄介者が一人減るということで、むしろ喜んでいましたね。父は母の言いなりですし、すんなり状況を受け入れました。父も母のストレスの種が減って自分へのあたりが少なくなるって喜んでたんじゃないかと思います。そんなこんなで、私は高校を中退し、奥さんになりました。

“若い母親”というレッテルを貼られ差別される日々

17歳の時に長女を出産しました。すでに高齢出産花盛りのなか、17歳の母親というのは珍しく、“若い”ということだけで、子どもを虐待しているのではないか、など偏見を持たれることが多々ありました。

本来ならば相談にのってくれるはずの役所の人たちや地域のママの集まりなどでサポートしてくれる助産師さんたちも話しかけてくれなかったり、うがった質問をされたりしました。正直私自身も子どもを持て余していました。

そもそも私は特殊な環境で育ったせいか、まったく自分に自信がなくて、「自分なんてどうしようもない」「自分が考えることなんて大したことではない」「発言すべきではない」と思い続けていたんですね。学歴もないので自信なんて一ミリもありませんでした。

なので、子どもの教育に関しては夫の両親と夫の言いなりでした。夫と夫の両親は「子どもは抱っこすべきではない」という考え方でした。甘やかしてはいけない、ということですね。そのため、私は子どもを抱っこしたいのに抱っこできない。そんなジレンマが続くと不思議なもので、子どもをどう扱っていいかわからなくなってしまって、可愛いとも思えなくなってしまったんです。本当に今考えれば辛い毎日でした。

夫の両親と別居が転機となりアルバイトをスタート

18歳の時に夫の実家から夫と娘とで家を出ました。もともと夫は実家の家業を手伝っていたんですが、実はお給料を支払ってもらってなかったんです。

同居だから食費などもかかるし、その分を差し引かれる…というのはわかるのですが、商売がうまくいかなくなると身内のなんとやらでお金をもらえない日々が続きました。本当にあの当時は児童手当だけで生きていたような状況でした。

そんななか徐々に義理の母とうまくいかなくなり、ストレスが溜まり、夫もお金がないとう状況もあり、スッパリ別居しサラリーマンに戻ることを決意しました。そうすると、リアルに家賃やら生活費の問題がでてくる。夫ひとりの稼ぎでは立ち行かなくなったので私がアルバイトに出ることになりました。

ただし夫は、「自分の給料でやりくりできないお前が悪い」という考えの人だったので、まったく家事や子育てに協力はしてくれませんでした。なので、すべて私だけで完結しなければいけませんでした。

アルバイトにでたのは飲食店。学歴も特技もないので、誰でもできる配膳や食器洗いなどの職にしかつけませんでした。もちろん給料も安くて。保育園に預けたらほぼ保育園代でなくなるような月もありました。ただ、私はすごく楽しかったんです。外の世界でいろいろな人と触れ合うことができて。働いている場所にはおばさんもいましたが大学生も多くいました。私と同世代の彼らはキラキラと輝いていました。

大学生の姿に刺激を受け、考え方に変化が

初めて接する大学生という人々はキラキラ輝いていました。自分たちの時間とお金を持ち、未来には希望しかない。かたや私は自分の自由になる時間もなければお金ももちろんない。未来への希望なんてものもない。ただ日々を生きているだけ…。

正直、羨ましくて羨ましくてしょうがありませんでした。ただ、その羨ましいという気持ちは私にある気付きを与えてくれました。それは「自分の可能性を見つけるのは自分」だということ。大学生たちはいつも自分のことばかり考えていました。自分の外見、自分の時間、自分の好きなことを考え行動している。そんな彼らを見て、私は「自分のことを考えてもいいんだ」という当たり前のことに気が付いたんです。

それから私は自分の未来を考えるようになりました。アルバイトで稼いだお金を少しづつ貯めて自分に投資するようになりました。手に職をつけようと整体師の学校に通い始めました。そこでは体全体のことを学び、ヨガも教えてくれました。すでにスピリチュアルの能力を持っていた私は、人の悪いところが自然とわかりどうしたら良くなるのか、ということも手に取るようにわかりました。ただし、それが特殊能力だということには気が付いていないので、周りの生徒たちがどうしてうまくできないのか、わからないのかが分からなかったんです。私は優秀な生徒として卒業し、自信もあったので、すぐに個人で生徒をとって公民館などの公共施設でヨガレッスンを行うことにしました。

ーーーー後編へ続く

インタビュー/和氣恵子

【関連記事@canaeru】独立するのに絶対に必要なマインドは○○○○。それが成功者と脱落者の決定的な差になる|canaeru(カナエル) - お店のトータルサポートサイト

https://canaeru.usen.com/diy/p137/?aid=wome

輝く女性をひとりでも増やしたいと能力開花サポートを中心とした講座を開講するスピリチュアル師でもあり、ヨガ講師。さらには香りのブランド「フレグラントハート」事業も展開し、プライベートでは6人の子どものママでもある小山内愛さん・・・



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

父親の自覚がない旦那さんにお困りの方多いですよね。育児もあまり協力的でないし、どうして父親の自覚を持てないの?「親になれない夫」に手を焼く妻は多いですが、そもそも母性本能がない男性は、女性のように妊娠中から「我が子」に対する愛着を持つのは難しいこと。ですが、やり方次第で「良きパパ」に変身する可能性もあるのです!


怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


宮本真知のタロット占い【11月18日(月)~11月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月18日(月)~11月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


うちって仮面夫婦なんだ… そう気づいたときにすべきこと【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#23】

うちって仮面夫婦なんだ… そう気づいたときにすべきこと【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#23】

夫婦としての絆はなく、ただ一緒に生活するためだけに婚姻関係を続けている「仮面夫婦」。お互い愛情もない、関心もないけど夫婦という形だけを守っています。もしかしてうちも? と思ったら、まずは今後どうしたいかを考えましょう。もし夫婦を続けていくなら、改めて夫と向き合う覚悟が必要になります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google