メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(後編) 【女性の仕事クローズアップ #4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(後編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(後編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

スピリチュアルの観点からカウンセリングを行い個人の潜在的な能力を見抜き、それを独自のメソッドで本人に気づかせ、能力開花させる講座を開講する小山内愛さん。その他にアロマブランド「フレグラントハート」を展開。プライベートでは6人の子どものママでもあります。精力的に活動する小山内愛さんにご自身のことについて伺いました。






【女性の仕事クローズアップ #4】
メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(前編)はこちら 

まったく生徒が来ない。ただしリピート率は90%以上

チラシを自分で作って、自分でポスティングし、あとはmixiで集客を行いました。もちろんそんなにすぐ人が集まるわけはありません。しかも私は自分に自信があったので、レッスン料金を相場よりも高く設定していました。

そのため、当時集まっても2~3人という日々が続きました。ただし、レッスンを受けてくれた人は必ずといっていいほどリピートしてくれました。そして、友人などに口コミでいいということを話してくれたんです。

当時私はすでに4人の子どものママでした。子育てと家事とアルバイトの合間に自分がやりたかったヨガインストラクターとして仕事をする日々。大変でしたが失うものは何もないし、前だけを向いてがむしゃらでした。「ヨガ1本で食べていく!」そんな気合に満ち溢れていました。

夫からの一言に「今に見てろよこのデブ!」と奮起

何の協力もしてくれない夫からバカにしたように「ヨガ講師なんかでやってけんの?」と言われたことも奮起のきっかけになりました。毎日必死に家事に子育てにアルバイトにヨガ講師とやっている私に、なんの協力もしてくれないどころかバカにする。

本当に許せませんでした。それまで夫に口答えするようなことはほとんどなかったのに、その時ばかりは「今に見てろよ!このデブ!」と言ってしまいました(笑) 

私がそこまで強気に言えたのは、もうひとつ理由があります。それはそれまで自分の夢や希望を持ったことがなく、持ったことがないので叶えたこともなかった私が、当時初めて「車の免許をとって車を持つ」という夢を叶えたんです。

人生で初めての経験です。それは大きな自信に繋がりました。免許を取る最初の一歩は、夫に許可を得ることです。自分のために夫に許可を得る、ということすらしたことのなかったので拒絶されるんではないかとドキドキでした。

すると意外にも夫はすんなりその要求を受け入れてくれたんです。それも自分の望みが叶った瞬間でした。そしてそれは私の小さな自信に繋がりました。そうやって小さな自信を積み重ねていった私はいつの間にか大きな夢を持つようになって、自信があるから強気にもなれて夫にそんな発言ができるようになったんですね。

30歳の出会いで再び転機が訪れる

口コミやブログ、ポスティングなどで徐々に生徒さんが増えていき。30歳を迎えるころにはアルバイトは卒業し、ヨガ講師だけでなんとかやっていけるようになりました。

その時、著名な心理カウンセラーの方と出会いました。ヨガと同時にリーディングして生徒さんに伝える、ということをしていた私に、心理カウンセラーの方は「どうしてそんなことが分かるのか? どうして具体的に解決へと導けるのか」と大変驚かれて、私に興味をもってくださったんです。そして能力を認めてくださって、ご自身の講座の講師にしてくださいました。

生徒さんは心理カウンセラーの方々です。その方たちへ向けて私は、“どうやったらもっと仕事がはかどるようになるか”ということを個人セッションしてあげました。すると生徒さんたちは私がいうように行動すると、きちんと結果が出てお客さんが増える、という状態になるようになりました。そうなると私はますます信用され、能力は磨かれ、口コミで広がっていきました。

そしてその著名な心理カウンセラーの方に、「これを商品として体系化しなさい」と言われたんです。ビックリしましたが「なるほど!」と思い、なんの知識も勉強もできない私が必死に講座の作り方など勉強し、講座用のテキストをつくりました。もちろんすべて手作りです。そして、すでに私のファンとなっていてくれた方々にその商品の紹介をしました。すると、高価格な講座であったのにも関わらず皆さんその商品を買って、講座を受けてくれるようになったんです。それが能力開花講座の始まりです。

増え続けるファン。そして新たな展開へ

6人目の子どもを妊娠した時に、また新しい出会いがありました。私の講座に来てくれていたひとりの女性がものすごくアロマに詳しかったんです。そこで一緒に何かできないか…ということで、アロマ講座を始めました。

アロマの精油は彼女が吟味したものを扱い、私がリーディングしてその人にあった香りを調合する…というクラスです。そんななか、今度は素晴らしい塩との出会いがありました。そこでフレグラントハートという私たちのアロマブランドのなかにアロマバスソルトをとりいれ、商品化することにしたんです。

ほそぼそと自分たちで手作りしてブログやSNSなどで紹介していく中で、本当にいいものだということもあり、これもどんどん口コミで良さが伝わっていき、とうとう自分たちだけでは生産が追い付かなくなり、工場で生産ラインを持つことになりました。それは今年に入ってからのことです。

学歴も特技も勉強もできない6人の子持ちの専業主婦が一家の大黒柱に

今、夫は会社を辞め私の仕事の手伝いをし、ほぼ専業主夫になっています。不思議なのですが、夫は仕事を辞めてこの状況になった今が一番幸せそうです。そして健康的です。太って肌荒れと体臭もひどかったのに、今はそんなこともなくなりました。

きっと夫自身、自分の先入観に囚われていたのだと思います。「夫、男たるものこうあらねばならない」という固定概念です。本当は自分はそんなことを望んでないし、やりたくもない、潜在意識の中ではわかっているのに、囚われているからそれに気が付かない。気が付いたとしても、そんな考えはよくない、と蓋をしてしまう。多くの人がそういう状況にあると思います。

ですが、それではやっぱり人は幸せになれないんです。固定概念に縛られている人は不幸です。本当の自分の能力を開花させることはできません。しかし、その小さな一歩は小さな夢を持ちそれを叶える、ということからスタートします。そこからすべてが始まるんです。

「小さな夢を叶える」という体験を積み重ねていくと、それは自分の大きな自信に繋がります。そして自信があれば、勇気が出て、なんでもできるようになる。そして大きな夢も実現できます。いま、私の夢は年商6億円です(笑)

「そんなことできっこない」そう言われ続けてきました。でも私は知ってるんです。「夢を持てば必ず叶う!」って。WOMe読者のアラフォーのみなさん。夢に遅いってことはありません! どんどん小さな夢をもって、それを叶える体験をしていってくださいね。そのヒントはWOMeの私の連載にあります。ぜひ読んでくださいね(笑)

インタビュー/和氣恵子

【関連記事@canaeru】独立するのに絶対に必要なマインドは○○○○。それが成功者と脱落者の決定的な差になる|canaeru(カナエル) - お店のトータルサポートサイト

https://canaeru.usen.com/diy/p137/?aid=wome

輝く女性をひとりでも増やしたいと能力開花サポートを中心とした講座を開講するスピリチュアル師でもあり、ヨガ講師。さらには香りのブランド「フレグラントハート」事業も展開し、プライベートでは6人の子どものママでもある小山内愛さん・・・



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

夫から求められなくなって数ヶ月。楽だな~と思っていたら、ある日いきなり夫の浮気が発覚! これってセックスレスを放置していた私のせい? 夫の浮気は誰でもショックを受けますが、そんなときこそ冷静な行動が必要です。いきなり夫を責め立てるのは避け、まずは自分が今後どうしたいかを考えましょう。


「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は家庭を守るべき」「家事に専念するべき」など、妻が外で仕事することを嫌がる男性はいまだに多く存在します。仕事だけでなく、妻が趣味の時間を外で楽しむことすら制限したがる夫も。古い価値観に縛られている男性は、実は自分自身にも窮屈な生活を強いています。そんな呪縛は「よそはよそ、うちはうち」で解放させましょう!


本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

シングルマザーとして、仕事も育児も頑張ってる。大切にしてくれる彼氏もいる。本当は結婚もしたい…でもそれはまだ。ひとりで背負うものが多いシングルマザーの女性たちは、安易な気持ちで結婚を選びません。そこには、子どものことや結婚観など、さまざまな事情があります。実際に伺った話をまとめました。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

父親の自覚がない旦那さんにお困りの方多いですよね。育児もあまり協力的でないし、どうして父親の自覚を持てないの?「親になれない夫」に手を焼く妻は多いですが、そもそも母性本能がない男性は、女性のように妊娠中から「我が子」に対する愛着を持つのは難しいこと。ですが、やり方次第で「良きパパ」に変身する可能性もあるのです!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google