セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

夫からの誘いを断って1年、すっかりセックスレスに。まったく私に手を出してこない夫だけど、もしかしてほかの女性と浮気している?そんな疑いを持ったときは、無理に浮気の証拠などを探すのは止めましょう。その前に、まずはあなたへの関心を取り戻すことが先!セックスレスから浮気を疑ったときの対処法についてお話します。


セックスレスに陥ると浮気や不倫の可能性が高まる

育児や家事、そして仕事もしていれば、夫にセックスを誘われてもなかなかその気になれないときもありますよね。最初は「そのうちに」と思って断っていたのが、次第に誘われることがなくなり、ホッとしてしまった…。セックスを「負担」に感じてしまうことで、夫の気持ちを受け止められないのですね。

ですが、夫側からすれば、「妻にセックスを断られること」は大きな問題。男としてのプライドも傷つくし、性的な魅力を否定されたようなショックを受けます。それが何度も続けば、当然「拒否される自分」を見るのが怖くて誘えなくなるし、そんな妻への愛情も薄れてしまうでしょう。

セックスレスは、こんなささいなすれ違いがきっかけで進んでしまうこともあります。いつしか「しないことが当たり前」になると、どちらかが性欲を抱えたままなら他の方法で解消するしかありません。

「どうせ妻には断られるし」と思うと、夫は浮気を考えるようになります。もちろん浮気や不倫は許されることではありません。それでも、関心を持たれない寂しさからほかの女性に走る可能性が高くなることは、頭に入れておかなくてはなりません。

浮気を疑っても、確認しないこと

Getty logo

「もしかして、浮気してるかも」と思っても、それをそのまま伝えてしまうと多くの場合、夫は嫌な気持ちになります。疑われること自体気分の良いことではなく、もし浮気をしていなかったらとても傷つくことになるからです。

直接確認するのではなく、まずは夫の様子を観察しましょう。最近帰宅が遅くなった、急に会議や出張が増えた、休日も家を空けることが多くなったなど、家で過ごす時間が減ったことに加え、スマホばかり気にしている、誰かと頻繁に連絡を取り合っているなど「第三者」の姿が見えるときは、浮気の可能性を考える必要があります。

ですが、確信が持てないままで夫に話すことは賛成できません。また、浮気の証拠探しに躍起になることもおすすめできません。考えるべきなのは、「浮気をしているかどうか」より「自分に関心をなくしている」こと。浮気の可能性があるときは、夫を責めるよりまず自分への愛情を取り戻すための行動が大切です。

夫の心を振り向かせるのはこちら次第

まだ夫婦でいたい、結婚生活を続けたいと願うなら、夫にふたたび自分を見てもらうための努力が必要です。セックスレスになった原因が妻側にある場合、自分の様子が変わればまた夫の関心が向く可能性は十分にあります。夫にとって妻は一番身近な女性であり、変化に気がつくのも早いからです。

よく「髪を切っても気がつかない」なんてことがありますが、それは見慣れた風景に安心しているせいで少しの変化には鈍感になっているだけであり、決してどうでも良いからではありません。逆に、普段と違う大きな変化があれば、それは心を動かすような刺激になります。

そのためには、何より態度で愛情を示すことが重要です。

環境に変化をつけることで気持ちを前向きにする

Getty logo

今まであまり熱を入れずに作っていた毎日のご飯を、少し豪華にしてみる。夫の好物を並べてみる。「食」は生きていくために欠かせないものですが、それだけに夫の気持ちが動きやすい部分でもあります。「俺のために作ってくれたんだ」と思うと、誰だって嬉しいもの。美味しい食事はテンションが上がり、普段よりふたりの会話を引き出す効果もあるので、まず食卓に変化をつけてみるのもおすすめです。

また、寝室が同じなら、模様替えをしてみる、ベッドカバーを一新してみるなど新鮮さを出しましょう。セックスを断られた苦い記憶を夫から消すためにも、視覚に変化を持たせ以前よりリラックスできる環境を作ります。そして、あなた自身も、新しいパジャマにしてみたり下着を夫の好みにしてみたりと、刺激を与えることを意識しましょう。いきなり迫るより、セックスをする環境を改めて整えることで、お互いの気持ちを前向きに変えることができます。

笑顔と言葉は最強のコミュニケーション

何より心がけたいのが、ふたりの間に笑顔で言葉をかわす習慣を取り戻すことです。いい加減になっていた朝や寝る前の挨拶、普段の会話でも、きちんと夫に向かって声をかけることで、相手の心も自然にこちらを向くようになります。

一番近い存在だからこそ、笑顔と言葉はいつでも最強のコミュニケーションです。以前とは違う大きな変化、それはあなたからの愛情がより深く夫に伝わること。あなたを受け入れたいというメッセージをいろんな方向から夫に伝えることが、離れかけていた心を取り戻すきっかけにつながると思いましょう。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

就職氷河期世代はセックス氷河期にも苦しむ!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#33】

アラフォークライシスに苦しむアラフォー女性はセックスレスにも悩んでいる!?数万組の夫婦のセックスのお悩みを聞いてきた、すずね所長こと夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにアラフォーセックスレスの現状について教えてもらいました。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター