不倫男が「もう妻のことは女として見ていない」と言いながら離婚しない理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「もう妻のことは女として見ていない」と言いながら離婚しない理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

上戸彩さん主演「昼顔」の映画が公開され、なんだか世の中は不倫ブーム⁉ しかしですね…不倫ってそんなにいいものなのでしょうか? 不倫をしている世の人々がいったいどんな思いで不倫をしているのか? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


不倫の果ての略奪愛なんて成立しない! だって男は離婚なんてしないから……

芸能人のゴシップしかり、ドラマも映画も“不倫ネタ”は永遠のテーマ。

しかし、不倫が珍しくない昨今にあっても、どんなに激しく愛し合おうとも男は妻とは別れない……。

多くの不倫男は「妻とはうまくいっていない」「もう妻は女ではない」とかなんとか言っちゃって、そのままぬくぬくと奥さんとの暮らしを平然と保っているものだ。

なぜ不倫の恋をしている男が離婚しないのか今日はそこに言及してみた。

「誰と結婚しても同じ」と思っているのが不倫男

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「結婚しても男と女が存在する限り別の誰かを好きになってしまうのは仕方ないことなんじゃないの?ただ、これだけは言える。好きな女ができたからって離婚してその相手と結婚して、また別の女ができたらまた離婚して……なんてこと延々とやってられないよ(笑)それに誰と結婚してもそんなに違いはないしね。だから離婚して別の女と結婚しても無駄。どんなに好きな相手でも結婚したら変わるからね」(46歳男性/飲食店経営)

――不倫男はどんな女と結婚しても同じ結果になることを知っているのだ。

たとえ大恋愛をしたとしても結婚したら男と女ではいられなくなる。結婚は恋愛ではなく生活だからだ。

今どんなに好きな女であろうと結婚したら口うるさくなり文句を言い出すようになる。互いの不満は必ず出てくる。

どうせ誰と結婚しても辿る道が一緒なら、離婚なんて無意味! そんなことでエネルギーを消耗するのは馬鹿げてる……ってワケ。

妻からしたら夫は“金を引き出せるATM”でしかなくなり、そして夫から見たら妻は“食べ物を出してくれる冷蔵庫”のような存在になるのである。

「責任のない場所」「逃げ場が欲しかっただけ」不倫男の言い分

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「仕事や家庭とは別に責任とかプレッシャーのない空間や居場所が男には必要なんだよね。ストレスや現実から逃れたいからこそ、男は酒を飲んで酔ったりパチンコや賭け事にハマったりするんじゃないの。今の自分にとっては彼女の部屋こそ避難場所。奥さんと違っていつも優しくしてくれる(笑)」(43歳男性/金融関係)

「ときどき逢う相手だからこそ、ドキドキワクワクする。毎日じゃないからいいんだよ。会えた時の興奮は高まるし激しく求め合える。女性だって俺の立場を承知で楽しんでるんだからお互いさまでしょ。責任やしがらみのない関係は最高」(38歳男性/IT)

――男だって夢をみていたい……。不倫の恋は非日常だからこそ燃えるのだ。

安全パイのオッサンでなく生涯現役でいたいのが男というもの。
自分を男として受け入れてくれる場はいつだって持っていたいのだ。
しかも「俺が家庭を持っているのは承知の上」での関係なら何度愛し合おうと「責任とってよ!」なんて相手に問われることもない。
まさに夢のような都合のいい恋愛。

不倫男の家庭は案外円満

「彼女には『説得してるんだけど妻が離婚に応じてくれない』って誤魔化してるけど、離婚なんて面倒なことはまっぴらゴメン!慰謝料だの、家のローンだの、さまざまな契約の変更だの、考えただけで恐ろしいよ。今の生活を手放す気なんてさらさらない」(42歳男性/コンサル業)

「離婚?そんなことでこれまで築き上げてきた社会的な立場や職場での評価はおとしたくない。それにヨソに女がいても嫁をキライになったわけじゃない。嫁は家のこともよくやってくれてるし、俺の親の面倒もよく見てくれるから非常に感謝している。いうなれば嫁には恋してないけど生活になくてはならない存在。家庭を守ってる妻のおかげで今の生活が成り立ってる。そもそも、愛人と女房は別の次元」(45歳男性/貿易)

――「離婚?時期をみている」なんて愛人には言い訳しながら「離婚なんてそんな面倒なこと全く考えてない」のが男の胸の内。

たとえ不倫がバレて妻から離婚を突きつけられたとしても男は離婚になど応じない。
それどころか「俺が悪かった」と必死に申し開きをして土下座するのだ。

男が何より守りたいのは体裁。
離婚なんぞしたら職場では「女作って離婚!」と脚光を浴び、「妻を見捨てた男!」として非難を浴び、信用はガタ落ち。そんなリスクを背負うことなどできない。

そもそも奥さんが家事を放棄して遊んでいるような愚妻であれば離婚ということにもなるだろうが、きちんと任務を果たしているなら「他に女ができたから」なんて言えるはずなどない。

そう、妻は何も悪いことはしていないのだ。

現に家庭がめちゃくちゃでない限り、離婚して人生やり直す必要などない。

不倫男の家庭は案外円満。
「妻とはうまくいっていない」でなく、妻はちゃんとやっている人なのだ。

不倫男のポリシーは「エッチは外で」「セックスは家庭に持ち込まない主義」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

不倫男は今の生活を壊さずに愛人とイチャイチャを楽しみたいだけ。

“妻より愛人を選ぶ男性”などそれこそ奇特!
“奇特”とは珍しいとか特殊なだけではない。感心な行い、けなげ、殊勝なのである。

「君のことは浮気じゃなくて本気なんだ!」と言いながら奥さんと本気で別れ話をしている男など皆無に等しい。

離婚することに抵抗のない男性がいるとしたら、よほど波乱万丈の人生や崖っぷちに追い詰められることが好きなM気質だろう。

男は決して自分に不利になるような決断は下さない。

不倫男は最後にちゃんと妻の元へ戻る。これぞ不倫の王道なのである。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#25】

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#25】

WOMeでインタビューした中野信子さんの著書「不倫」を読み反論の余地なし! と断言する三松真由美先生。不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか? 今回も夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の筆がスパークします!


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター