約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】 | 大人のワタシを楽しむメディア
約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


セックスしない夫婦が増加中 44.6%の夫婦が「セックスレス」の状態

セックスレスの定義

「セックスレス」という言葉にははっきりとした定義はありませんが、一般的に

「病気など特別な理由がないにも関わらず、一ヶ月以上セックスをしない状態」

を指すと言われています。

一般社団法人日本家族計画協会が2016年に行った「第7回 男女の生活と意識に関する調査
」では、セックスレス状態である夫婦は、全体の44.6%(男性36.2%、女性50.3%)にもなります(図1)。女性については、実に2人に1人が夫とセックスをしていない状態ですね。

※セックスレスは増加傾向にある

また、女性の年齢別では40~44歳が65.3%(男性37.7%)と半数以上の妻がセックスレスであり、45歳~49歳も56.8%(男性38.8%)という結果になっています。これは、逆に「夫とセックスをしている方が珍しい」とも言える現象です。

同じ調査では、セックスレスの夫婦は年々増加傾向にあることが報告されており、今後も進むのではないかと懸念されています。少子化が問題になって久しいですが、まだまだ現実ではセックスを楽しんでいる夫婦は少ないというのが現状です。

セックスしない夫婦 理由は「仕事で疲れている」「楽しむ意欲がない」

それでは、セックスに積極的になれない理由には何があるのでしょうか。調査によると、男女ともに「仕事で疲れている」を一番の理由に挙げています。男性は21.3%、女性17.8%と、決して低くない数字です。続いて「出産後何となく」が男性で15.7%、女性は16.8%と、こちらも無視できない割合となっています(表4)。

また、女性で一番多かったのが「面倒くさい」で、こちらは23.8%にもなります。男性は10.1%と低いにも関わらず、女性ばかり突出した結果になっているのは、主に男性より家事や育児に時間を取られることでセックスに向ける余裕がないことが原因ではないかと思われます。

これは、夫婦ともにセックスを楽しむ意欲がないことが、セックスレスの大きな原因であると言えます。共働き世帯も増えた現代は、夫と妻どちらも外で仕事をしていることで家庭でゆっくり過ごす時間が減り、また子どもがいれば余計に慌ただしい毎日になります。そのため、セックスより早く寝たい、明日に備えたいという気持ちが優先になり、どんどんスキンシップから遠ざかっていくことになります。

セックスしないのはは「面倒くさい」から?

Getty logo

調査では、セックスに積極的になれない理由として「面倒くさい」と答えた女性が23.8%と最も高くなっています。対して男性は10.1%と低く、主に女性の方がセックスを敬遠していることがわかります。

男女ともに回答する人の多かった「仕事で疲れている」という理由も併せて考えると、妻は家事や育児のほかにも仕事をしている女性が多く、そのため日々フル回転で動いていると言えます。「面倒くさい」と思うのは、セックスより優先することが多い女性の実感として仕方のないことかもしれません。

セックスには、色気や雰囲気という性欲をかき立てるものが必要ですが、なかなかそんな気持ちになれない、今さら夫に対してそんな自分を見せるのが恥ずかしい、という女性もいるでしょう。夫とのセックスが決して嫌なわけじゃないけど、実際に抱き合えるようにモチベーションを高めることが難しいと思うと、努力が億劫に感じられてしまいます。

また、そんな妻の態度が、夫から性欲を奪っていることもあります。セックスしたいな、と思っても、妻にまったくそんな様子が見られない、誘っても拒否されたなど、男としてのプライドが傷つけられると、夫からは誘えない状態になってしまいます。

セックスレスは夫婦で向き合う問題

セックスは、どちらか一方がしたいと思ってできることではありません。「仕方なく付き合っている」、という状態も夫婦間に嫌悪感が生まれる原因になります。かと言って、「ちゃんとしなくちゃ!」と無理に意気込んでも、リラックスできずに楽しめないですよね。

自然と抱き合うことが理想とわかっていても、お互いの気持ちが見えないことが、セックスレスが進んでしまう要因の一つです。セックスには無関心に見える夫も、内心では性欲を抱えたまま苦しんでいるかもしれません。また、セックスがしたいと妻が思っていても、日々の忙しさを目の当たりにしている夫にはそれが伝わらないことも十分ありえます。

「しなくてもいいんだろうな」と相手の気持ちを決めつけることは危険です。セックスレスは夫婦ふたりの問題。何とかしたい、と思うときは、まずスキンシップを復活させることから始めましょう。キスやハグなど、お互いのぬくもりを実感しあうことが、セックスへとつながる愛情を呼び起こします。

「このままの状態じゃイヤ」と思っているなら、勇気を出して今日からまずは“あえて隣に座ってみる”。くらいから始めてみてはいかがでしょうか?

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり

【セックスしない夫婦におすすめ】セックスレスに悩んだら…

セックスレスにお悩みの方へ、こちらの関連記事もぜひどうぞ。

ラブラブ夫婦は寝室で何をしているのか? 40代からのセックス観【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

https://wome.jp/articles/1848

「幸せな夜の夫婦生活」とはいったいなんでしょう? やはり愛ある“感じる”セックスを“定期的”にすること? 必ず挿入しなきゃダメ? すずね所長こと夫婦仲相談所所長 三松真由美さんの見解は少し違うようです。

実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

https://wome.jp/articles/1472

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回、ラブマッサージレッスンについてご紹介しましたが、今回は実際にレッスンを受講された3名の方のビフォーアフターを大公開します! 年齢も状況も違う3名が、ラブマッサージで人生を変えた実話、ぜひご覧ください。

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

https://wome.jp/articles/2276

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

こんにちは。行政書士であり、離婚カウンセラーの阿部貴子です。夫婦の話し合いで夫が家庭に戻ってきた。夫と愛人の関係が自然消滅した。ようやく嵐が過ぎ去り平穏を取り戻せるかと安堵した妻。しかし、夫の浮気という危機は再び訪れる可能性があることは前回お伝えしました。今回は、その後、離婚に向ってしまったケースについてお伝えします。


【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。日本では子どものころからネガティブなセックスのイメージを植えつけられているのではないか、と問題提起をいただきました。セックスがポジティブなイメージになれば、もっと楽しめ、性暴力の排除や避妊への主体的な行動につながるのでは、と、熱い想いをお伺いしました。最終回です。


LINEの返事が遅い彼にもうイライラしっぱなし!【オトナの幸せ恋愛心理術  #1】

LINEの返事が遅い彼にもうイライラしっぱなし!【オトナの幸せ恋愛心理術 #1】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで!今回から、全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


頭皮マッサージでエイジングケア♪簡単マッサージ方法

頭皮マッサージでエイジングケア♪簡単マッサージ方法

顔と頭皮は皮1枚で繋がっています。頭皮もやはりエイジングにより固くなったり、血行不良になったり…。ストレスで頭皮が凝ることもありますよね。自宅で頭皮マッサージをして、いつまでも若々しい頭皮をめざしましょう♪


家族には愛がある 年末年始に見たいファミリー映画【オトナキレイになる映画】

家族には愛がある 年末年始に見たいファミリー映画【オトナキレイになる映画】

年末年始は家族でのんびりと過ごすという方も多いと思います。ちょくちょく会ってはいるけれど、ゆっくりと一緒に映画を観る時間はなかなかないものですよね。せっかくの機会なので、「家族愛」がテーマの映画で改めてその大切さを再確認してみませんか。残念ながら年末年始も家族でのんびりはお預けという方は、映画で愛を感じてみてください。


カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

気の置けない仲間と一緒にワインを楽しみたい!でもカロリーが気になりますよね。そんな時におすすめなのが、「白ワイン」です。白ワインのカロリーや魅力、おすすめの品種を教えます。


大人は大人のクリスマス★とっておき映画3選【オトナキレイになる映画】

大人は大人のクリスマス★とっておき映画3選【オトナキレイになる映画】

外はすっかり寒くなってきているこの季節。クリスマス映画で心からほっこりと温まりませんか。お家でまったりとしたクリスマスを予定している! という方は、こんな素敵な映画と一緒に聖夜を過ごしてみませんか。クリスマスの飾り付けの参考にもなりますよ。


不倫・浮気・離婚…それでもやっぱり恋したい!大人の恋愛映画【オトナキレイになる映画】

不倫・浮気・離婚…それでもやっぱり恋したい!大人の恋愛映画【オトナキレイになる映画】

酸いも甘いも経験した大人の女性だからこそ楽しめる恋愛もあれば、いけないこと、と頭の中では分かっていても止められない不倫、ちょっとだけなら・・・と軽い気持ちからの浮気といった映画の中だけにおさめておきたい恋愛もあります。毎日の生活に追われてちょっと恋愛を忘れ気味・・・そんなときには、映画から刺激をもらってみては?




人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google