私だって働いてるのに! 共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私だって働いてるのに! 共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


仕事の大変さはどちらも同じ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夫はフルタイムで夜遅くまで働き、妻はパートで何時間しか仕事をしていない場合、夫がよく口にする言葉に「仕事が大変だから」というものがあります。仕事に全力投球だから家に帰ってまで家事なんかしたくない、と思うのですね。そこには「俺の仕事はお前より責任が重いんだ」という一方的なプライドもあるでしょう。

ですが、どんな仕事であれ、「家のためにお金を稼いでいる」という立場は同じです。「お前の稼ぎなんて小遣い程度だろ」などと言う夫が稀にいますが、それだって立派に自分の使うお金を自分の力で得ていること、軽んじられる理由はありません。そんなことを言われたら、「そうよ、自分で稼いでるんだからあなたと同じよ」と胸を張って言い返しましょう。

共働き世帯のほとんどが、夫の収入だけでは生活が苦しいから、将来のために貯蓄をしたいから、など、家庭のためという理由で妻も働いています。本当は妻もフルタイムで勤めたいけれど、子どもの保育園や学校の関係で難しいなど、勤務する時間を制限されていることも多いでしょう。こんなとき、「俺は仕事があって無理だから、子どものことや家のことはお前に任せた」と言う夫がいますが、それは通じません。自分ができないことを妻にやらせようとするなら、どこかでその埋め合わせをするのが当然です。

ですが、それを正面から説いたところで、素直に頷いてくれる男性もまた少ないのが現実です。「家事は嫁の仕事」「家事は面倒くさい」など、家では楽をしたいと思う男性は多く、妻の大変さに理解を示そうとしないことが、夫婦ゲンカの原因になったり、愛情の冷めるきっかけになったりすることもあります。

夫に「仕事の負担はどちらも同じ」と説くのが難しいなら、目先を変えて「家事は大変じゃない」「夫婦で分担することでメリットがある」という考え方を提案できれば、夫も家のことに関心を向けるようになります。

簡単なことからお願いしていく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

家のことをやりたがらない夫の内心は、「面倒くさい」「大変そう」という苦手意識があります。アイロンがけなど、慣れないことには手を出しにくい、と思うのですね。それなら、誰でもできる簡単なことを任せてしまいましょう。お皿を洗う、洗濯機を回して干すなどは短時間で済ませられることです。

いきなり「ご飯は毎日交代で作る」などハードルの高い提案をしてしまうと、「そんなの無理!」とやる前から夫が悲鳴をあげます。「ご飯は私が作るから、後片付けをお願い」など、負担の少ない部分から分担しましょう。

簡単なことでも「疲れてるし」と渋るようなら、「じゃぁ私もご飯作らなくていい?」と「あなたが放棄するなら自分も放棄する」という姿勢を見せます。本当に夫が忙しいときに無理やりやらせるのは良くありませんが、「疲れているのは私も同じ」という意思は忘れずに伝えましょう。

夫も家事をすることでメリットがあると思わせる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性の中には、「家に帰ってまで家事をするなんて、男としてダサい」と思っている人もいます。家事は妻の仕事という意識が根深いと、そもそも家事は男のすることじゃないと言い訳を通そうとしますが、そういう夫には「家事を分担することで自分にもメリットがある」ことを示すのが有効です。

例えば、朝のゴミ出しを夫にやって欲しいときは、「○○さんの旦那さん、ちゃんとゴミ出しをやっていてすごいね~って近所でも評判なんだって」など、「やることで自分の評価が上がる」ことがわかれば、夫もやる気を起こします。「簡単なこと」と「メリット」を組み合わせることで、家事に対する抵抗感をなくしましょう。

「片付けてくれてありがとう」など、「妻に感謝されること」も夫にとってモチベーションが上がるきっかけになります。最初は渋々だったことも、認めてもらうことで「やって良かった」と思うのは仕事と同じ。どんどん褒めて、「家事を頑張る自分も悪くない」と思わせましょう。

その場その場でお願いしていく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

何もしない夫に、「あなたも少しはやってよ!」と頭ごなしに言いたくなるときもありますよね。ですが、怒りをぶつければぶつけるほど、夫の気持ちは冷めていきます。そうなると家事の負担はいつまでも減りません。

やって欲しい、と思ったらその場でお願いすることで、あなたもストレスを溜めにくくなります。「お皿を洗ってくれたら嬉しいな」など、「あなたの力が必要」という言い方が夫のやる気を引き出すポイント。実際にやってみて、思ったよりすぐ済んだ、簡単だったと思うと、夫も家事に対する苦手意識を解消していけます。

「妻はこんなことをしていたのか」という実感を持たせることで、大変さも伝わります。そのためには、まずやらせること。日々の家事を負担することでふたりが気持ちよく暮らしていけることを、夫に知ってもらいましょう。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉がありますが、特に夫婦は長い時間を一緒に生きていく共同体だからこそ、相手を尊重する思いやりが必要です。仲良くなり、慣れ合い、つい超えてはいけない一線を簡単に超えてしまえるのも夫婦。そうならないためにどんな心構えが必要か教えていただきます。


夫が浮気… 夫婦仲を再構築するには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #74】

夫が浮気… 夫婦仲を再構築するには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #74】

夫の浮気が発覚…ショックでどうしたらいいか分からなくなる妻が多数でしょう。許したいと思っても怒りや悲しみが収まらず、どう向き合って良いかわからなくなって当然です。夫を責めたくもなるでしょう。しかし夫が浮気をしたのは夫だけの問題なのでしょうか?この事実に夫婦としてのこれからにどう向き合っていけばいいか、お話します。


夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

あれ? 最近急に夫の体臭が気になるようになった。これってもしかして加齢臭? ニオイは、なかなか本人が気がつきにくいため周りも言い出すのが難しい問題ですね。特に男性は身体について加齢を指摘されるのを嫌がります。さり気なく言うなら、本人以外の話題で持ち出すのが吉。どう対処すれば良いか、おすすめの方法をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター