自分でできる腸環境を整える方法【“腸ケア”のおはなし #4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
自分でできる腸環境を整える方法【“腸ケア”のおはなし #4】

自分でできる腸環境を整える方法【“腸ケア”のおはなし #4】

こんにちは、腸楽セラピストの今野貴子です。前回は外からの腸ケアのお話でした。今回は内側からの腸ケア方法をご紹介します。日本人のカラダにあった善玉菌を増やす食材や食べ方についてお伝えしていきますね。


カラダにいい菌というイメージが強い善玉菌とは?

Getty logo

多くの人は【善玉菌】=カラダに良い働きをしてくれる菌というイメージがあると思います。

善玉菌の大まかな働きは 

●腸内環境を整えて、良い排便を作り 便秘や下痢などお腹の不調を和らげる
●免疫力を高める
●デトックス力を高め痩せやすいカラダへ導く
●セロトニン=幸せホルモンを腸から脳へ運んでくれる
●活性酸素を減らし老化を防ぐ etc…

という感じです。美容やストレスケア、健康にとても大切な腸内細菌なんです☆ 善玉菌が増えると体の悩みがどんどん減っていくと思いますよ。

日本人のカラダに合った善玉菌を増やす食べものって?

腸と相性の良い食べ物をご紹介しますね。

・精製された白米ではなく『玄米』
・天然のミネラルウォーター
・味噌、醤油、つけものなどの発酵食品
・さつまいも、玉ねぎ、キャベツ、ごぼう、大豆などオリゴ糖を含む食物繊維

特にお米の糠(ぬか)で発酵される『ぬか漬け』は生命力の強い植物性乳酸菌が豊富です。
お米を主食としてきた私たち日本人の体には最適な発酵食品といえます。
ですが、忙しい現代のアラフォー女性は完璧な食生活、ライフスタイルを維持するのは 難しいところ…

そんな時に!善玉菌を増やす救世主があるのです。

それが最近よく耳にする『酵素』なのです。

Getty logo

腸元気の救世主! 酵素の選び方

Getty logo

ダイエット、体質改善によい健康食品として有名な『酵素』は腸の働きを高めてくれるのが特徴なんです。

しかし種類がとっても豊富で何が良い酵素なのかよく分からない、イマイチ変化を感じない、という方も多いのではないでしょうか?
また本物の酵素と出会うこともなかなか難しいかもしれません。できれば専門店でしっかり話を聞くことをお勧めします。

その上で良い酵素の選び方とは…

・原材料に添加物を含んでいない
・お水や果汁で薄められていない
・白いお砂糖を使っていない
・原液で濃度の濃いものを選ぶ(色が濃く、まったり感があるのが特徴です)
・『生きた菌』ならぬ『死菌』がたっぷり配合されている

死菌って初めて耳にする方も多いのではないでしょうか? それでは次に死菌について見ていきましょう。

腸状態に関係なく善玉菌を増やしてくれる死菌

Getty logo

ヨーグルトの乳酸菌はその人の腸と合う合わないがあり『生きたまま腸に届く』というフレーズのものが良いと思われがちですか、最近、注目されているのが『死菌』です。これは腸の状態に関係なく善玉菌を増やしてくれる菌なのです。

特にアレルギーなどの免疫力UP、デトックス力UPに『死菌』が有効とされています♪ 

さらに私達の腸内細菌の代表は善玉菌だけではなく、悪玉菌、日和見菌など、それぞれに大切な役割りがあり、 腸内細菌の『数』だけではなく、『バランス』が大切と言われています。

私たちの腸には欧米スタイルの食事より、美食大国ニッポンの日本食がいちばん♡ 悪玉菌に負けない腸になって、健康的な美しさを維持していきましょうね!

腸活ビューティーセラピスト FRAN代表 今野 貴子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

完全予約制サロンの施術と腸講座、腸楽セラピストの育成を通し腸の大切さを世に広める活動を行っています。

関連する投稿


<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

女性ホルモンを整えるフローヨガをご存知ですか?私達女性のホルモンはジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。女性の健康はホルモンバランスと大きく関わっていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスを整えることでハッピーでエネルギッシュな毎日を過ごすことができますよ♪


マンネリ解消♡ 夫の愛情を引き出す家事のコツ【幸せ夫婦コミュニケーション術#32】

マンネリ解消♡ 夫の愛情を引き出す家事のコツ【幸せ夫婦コミュニケーション術#32】

結婚生活が長くなると、日々の家事もルーチン化してきます。掃除や洗濯など、いつも同じことをやっているとマンネリ化しちゃいますね。少しの手間を加えると、夫も新鮮な刺激を感じてあなたの愛情を改めて感じるきっかけになります。そんな夫を喜ばせるコツをご紹介します!


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

女性が集まれば、始まるマウンティング。それは、ママになっても変わりません。職場以上に価値観も世代も違う女性たちとのかけひきが必要なママ友づきあい。特にまだまだ血気盛んなアラサー世代などは「うちの方が凄いわよ」「お宅より優れているわ」とあからさまな口撃をしかけてくることも。どう受け止め、流せばいいのか考えてみましょう。


“エシカル”ってどういう意味? 物の多い今「消費」について考えてみる

“エシカル”ってどういう意味? 物の多い今「消費」について考えてみる

お買い物をするとき、購入を決めるポイントって、なんでしょう? なにを決め手に、買うものを決めますか? ブランド、色・形が好み、流行のアイテムだから…。今、「エシカル」というワードでカテゴライズされるブランドや商品が、続々と登場しています。そこで、「エシカルな商品」とは一体どんなものなのかご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google