シミが出来る原因を知って正しいケアを

シミが出来る原因を知って正しいケアを

40代に入ると肌の悩みは尽きませんが、健やかで美しい素肌を目指して努力をしていくことは可能です。肌に感じやすい悩みとして、シミもそのひとつです。シミが出来る原因を知ることによって、正しいケアをしていくことができます。


シミができる原因を理解しよう

シミができる原因は色々とありますが、消すためには、メカニズムを理解しておくことが必要です。
 
シミの原因には紫外線の影響を始め、加齢によるものや炎症が発端となるもの、ストレスや睡眠不足によって招かれるもの、更年期や妊娠に生理不順といった、体内での女性ホルモン分泌のアンバランスによって、肌に出てきやすい状況を作ることなど、いくつかのパターンがあります。特に、炎症は、アトピーをはじめ、ニキビやニキビ跡に吹き出物、アレルギーの炎症などの発端となりやすいので気をつけましょう。
 
シミができるメカニズムは、太陽からの紫外線を浴びることで、メラノサイトである色素形成細胞が刺激され、過剰なメラニン色素を発生させることになります。このメカニズムは本来は、紫外線から皮膚を守るための防御反応ですが、過剰なメラニン色素の発生は、そのまま皮膚の色を黒くして残ってしまいます。本来であれば順調に皮膚サイクルが行われて、垢となって落ちていくサイクルが、間に合わなくなってしまうのです。

シミができる原因のメカニズムを把握

シミができる原因はひとつではないため、それぞれのタイプの原因を知り、その症状にあった方法で消すことを目指していきましょう。
 
40代以降の大人世代の女性に多いのは、頬の辺りにぼんやりと出てくる、左右対称の肝斑の症状です。口や目の周りや頬など、広い範囲に褐色の状態で現れてきます。基底層の色素形成細胞でメラニン色素が作られて、太陽からの日焼けでさらにパワーアップをしてしまい、そのまま色素が沈着をして残ります。
 
年齢的に高くなってくると目立ちやすいのは、老人性色素斑のスポット斑です。頬や額に目立つような状態で現れやすく、年齢を重ねたことで皮膚が変化をして出てくる症状でもあります。紫外線対策を全く行わないできた肌には、肌老化によるシミが生じやすくなります。
 
アトピーやニキビにやけどなど、炎症が生じたあとに多くのメラニン色素が作られ、そのまま沈着をする状態が、炎症性色素沈着の症状であり、肩や背中などにかけて広く出来やすいのは、花弁状色素斑の症状です。

肝斑のシミを消す方法

女性のシミ悩みでとても多くなってくるのが、肝斑の肌悩みの症状です。大人世代に肝斑の症状が増加する原因は、体内の女性ホルモンがアンバランスになることが引き金になっています。ホルモンバランスを安定させることも大事な要素であり、ここで忘れてはならないのは、紫外線も関わっているということです。

肝斑は世の中に知られる症状になってきたものの、その理由は女性ホルモンの減少などという理解が一般的です。もちろん大きな理由は、女性ホルモンのバランスが崩れていることですが、太陽から降り注いでいる、紫外線からの影響もしっかりと受けています。
 
少し厄介な肝斑の症状ではありますが、消すための似た対処方法がありますので、気長にコツコツと努力を積み重ねていきましょう。プラスミンを阻害することが重要になってきますので、メラニン発生の伝達物質のブロックをします。そのために必要な美容成分を、内側から積極的に取り入れましょう。ビタミンCの美容成分や、トラネキサム酸は有効となる成分です。

老人性色素斑やメラノサイトーシスへのケア

老人性色素斑ができてしまう大きな理由は、今までの紫外線からの悪盛況を受けてきた集大成が、皮膚表面に現れている状態です。茶色いカラーの丸みを帯びた状態で、皮膚の表面にくっきりと出てきます。老人性色素斑へのケア方法は、その要因となる紫外線から素肌を守ることを重要課題とします。そのうえで、既に皮膚にある老人性色素斑を消し去りましょう。
 
老人性色素斑にはビタミンEやビタミンCの美容成分と摂取しながら、メラニン色素の作用を抑制するために、L-システインを取り入れましょう。皮膚バリアを強化させることも有効となるために、皮膚の保湿はしっかりと行い、皮膚細胞を元気に押し上げて、古い細胞は押し出してしまうことです。
 
後天性真皮メラノサイトーシスの特徴として、増えていくのは真皮内ということです。後天性真皮メラノサイトーシスの場合は、内服薬での対処ではなく、レーザー治療が有効な手段となります。美容クリニックでできるQスイッチレーザーなどの治療が、有効なケアと言われています。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連するキーワード


シミ

関連する投稿


腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

いつの間にか腕にシミが出始めている…特に日焼けをした覚えがなくてもポツポツとシミを見つけるとガッカリしちゃいますよね。時短美容家の並木まきさんに、手や腕に浮かび上がってきたシミのお手入れ法を教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!WOMe編集部で実際に使ってみました。


目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

「エイジングに伴って、目元の“涙袋”も若い頃とは様子が違ってきた……」という女性のお声も時折耳にします。加齢によって目元がたるんでしまうと、せっかくの涙袋がシワやクマのように見えてしまうこともあります。そこで今回は、目の下のシワやクマをフォローするアラフォー女性の目元メイクについて、時短美容家の並木まきがお話します。


紫外線は肌だけじゃない!目もしっかりと保護しよう!

紫外線は肌だけじゃない!目もしっかりと保護しよう!

アラフォーに差し掛かると、少し日差しを浴びただけですぐにシミができてしまいますよね。実はこれ、肌の衰えだけではなく、目から入った紫外線が影響を与えていることもあるのです。美肌をキープするためには肌の紫外線対策だけでなく、目の保護もしっかり行いましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター