彼の気持ちが離れた気がする…なぜだかわかりますか?【大人のラブ♥パートナーシップ#11】 | 大人のワタシを楽しむメディア
彼の気持ちが離れた気がする…なぜだかわかりますか?【大人のラブ♥パートナーシップ#11】

彼の気持ちが離れた気がする…なぜだかわかりますか?【大人のラブ♥パートナーシップ#11】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。「以前はあんなにマメだったのに、最近は忙しいとサッパリ…。私は彼にとって遊びの相手だったのでしょうか?」時々、このようなご相談を受けることがあります。彼女たちは、たいていある間違いをしています。今日は、彼らの気持ちがどうしたら離れてしまうのかをお伝えします!


【彼が離れてしまう理由:その1】愚痴が多い

Getty logo

愛する女性と一緒にいて、気分が滅入るのが、会話のメインが愚痴ばかり…というもの。
仕事や友人への愚痴や文句。あなたは彼に対して言いすぎていませんか?

女性としては、気軽におしゃべりのつもりで話しているかもしれませんが、男性は共感できません。せっかく愛する女性と楽しい時間を過ごしたいと思っても、これではデートも台無しです。
彼に気を許しているからこそ、愚痴のひとつも聞いてほしい、共感してほしい、という気持ちはわかりますが、得策ではありません。

それに、愚痴を言っている時の顔も、決して美しい顔とは言えません。

「彼女といると疲れるなぁ…」そう思うと、あれほどマメに連絡をくれた彼も、足が遠のくのも自然なことです。

【彼が離れてしまう理由:その2】束縛しすぎる

Getty logo

彼と付き合い始めた途端に、いつどこで何をしているか全てを把握しておかないと気が済まない…ということはありませんか?

「なんで、メールしてくれないの⁉」
「どこで何をしてるの?誰といるの!!」

もはや、恐怖です(笑)

忙しい仕事の後にスマホを見た彼は、あなたからの大量のメールと着信に恐怖を感じ、付き合ったこと自体を後悔し始めます。

「もう連絡するのやめようかな…」

【彼が離れてしまう理由:その3】完璧すぎる

Getty logo

あなたは、努力するあまり、隙がない、くつろげない、そんな女性になっていないでしょうか?
綺麗でいよう、素敵な女性でいよう、マナーも完璧に…と頑張りすぎるあまり、彼に窮屈な思いをさせている可能性が。

長く愛される女性は、ホッとできる女性です。
努力家であることは素晴らしいことですが、毎回『きちんと』されすぎると、彼はだんだん疲れてしまうかも。

【彼が離れてしまう理由:その4】手に入りすぎる

Getty logo

案外多いのが、この間違いです。彼のことが好きすぎて、何でも許し、アレコレやってあげる女性がいます。
あなたは彼のワガママを聞きすぎていませんか?忙しい忙しいとデートもホテルだけ、いつもあなたの家に夜だけ来る…。
お金を貸してあげる、家賃を払ってあげる、なんてことも。
これは、昔の私です(笑)

手に入りすぎるオンナは、彼にとって都合のよいオンナなので要注意です。

【彼が離れてしまう理由:その5】批評家になる

Getty logo

デートに行っても、「◯◯産のほうが美味しいよね、ここ何回か来たことあるけど鮮度がイマイチよね、このへんて行くとこないよねー、◯◯って知ってる?まだ日本にはないんだけど…」
あなたは、こんな批評家になっていませんか?
せっかく喜ばせようと思ったのに…もうデート楽しくないな。自分も批評されるのかな?男性は徐々にテンションが下がっていきます。決して批評家になってはいけません。

【彼が離れてしまう理由:その6】彼に甘えられない

Getty logo

最後にこの失敗。アラフォーの女性は、何事も努力を重ねてきた自立した女性が多いという印象があります。
恋愛でも自立しすぎて甘えられず、彼が離れていってしまう…という悲しい結果を迎えてしまう女性が多くいます。

頼れない、甘えられない、負担をかけたくないと思ってしまう。これらは全て勘違いで、彼らはもっと頼って欲しい、甘えて欲しいと思っているのです。


いかがでしょうか?
彼の気持ちが離れてしまうのは、私たち女性の悪気ない行動に原因がある!
恋愛の達人達は、そういった悪い行動を無意識にやってしまわないように気をつけているものです。

次回は、パートナーに愛され続ける女性は何をやっているのか?
何年たっても愛され続ける女性がやっていることをドドンと教えちゃいます♡

夫婦円満協会 理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

感情的になってはダメ。離婚は慎重に計画を立てて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #2】

こんにちは。行政書士であり、離婚カウンセラーの阿部貴子です。夫婦の話し合いで夫が家庭に戻ってきた。夫と愛人の関係が自然消滅した。ようやく嵐が過ぎ去り平穏を取り戻せるかと安堵した妻。しかし、夫の浮気という危機は再び訪れる可能性があることは前回お伝えしました。今回は、その後、離婚に向ってしまったケースについてお伝えします。


“ラブ・アゲイン目当て?”アラフォーが同窓会に参加すべきワケとは?【神崎桃子の恋愛指南 #16】

“ラブ・アゲイン目当て?”アラフォーが同窓会に参加すべきワケとは?【神崎桃子の恋愛指南 #16】

「同窓会」その響きだけで胸キュンしちゃう方も多いのでは?青春期を共に過ごした仲間たち…その中にはお付き合いした彼や片思いで終わった彼…初恋の彼もいることでしょう。いったいみんなが今どうなっているのか?興味は募ります。アラフォーこそ、同窓会に行くべき!という恋愛コラムニスト神崎桃子さんにその理由を教えていただきましょう。


もしかして私、モラハラ被害者かも…そう思った時にすべきこと【離婚を考えた時知っておくべき知識 #3】

もしかして私、モラハラ被害者かも…そう思った時にすべきこと【離婚を考えた時知っておくべき知識 #3】

三船美佳と高橋ジョージの離婚劇で、社会的認知が一気に高まった”モラハラ”。その後も、芸能人の離婚報道と併せてモラハラの実態がテレビやネットで紹介され、「うちの状況によく当てはまる!」と、初めてモラハラ被害に気づく妻が多くいらっしゃいます。では、「私はモラハラ被害者かも?」と思った時、一体どうしたらいいのでしょうか?


婚活のマニュアルがあると思って自分の頭で考えない指示待ちアラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #06】

婚活のマニュアルがあると思って自分の頭で考えない指示待ちアラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #06】

アラサー女性とアラフォー女性の大きな違いは同じ失敗を繰り返して失敗から学ばないということ。「何をすれば結婚できるんだろう」とテクニックを探して気が付けばアラフォー。そのテクニックはご自分に向いている方法なのでしょうか? 自分を知るということをすっ飛ばして、どうなりたいかというゴールもなく正解探しをすれば迷走します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な下ごしらえは変わります。今回は、とにかく時間がない!という人への下ごしらえのコツをご紹介します。


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

便秘によい食材というと食物繊維がたっぷりの「ごぼう」や「バナナ」が思い浮かぶのでは? 薬膳では便秘を、「熱タイプ」「冷えタイプ」「貧血タイプ」「ストレスタイプ」「元気不足タイプ」の5つに分けて考えています。そこで今回は「山椒」と「ニラ」を使い、女性に多い冷えタイプの便秘におすすめの薬膳レシピをご紹介します。


「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

ドラマに名台詞はつきものですよね。人気ドラマの放送日の翌日には、学校でシーンを再現して盛り上がったものです。ひょっとしたら実生活でも使ったことがあるという人もいるかもしれません。そこで今回は、「アラフォーならシチュエーションとセットで今でも完コピできる!」くらいの名台詞が登場するなつかしドラマを振り返ってみましょう。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google