過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について | 大人のワタシを楽しむメディア
過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

「もしかしたら私の母親は毒親…?」「私自身が毒親になってる…?」最近メディアでよくとりあげられるようになった毒親。いったいどんな行動や発言をする親のことをいうのでしょうか。具体的な例を通して紹介します。


子供に過度な悪影響を与える毒親の特徴

Getty logo

「毒親」…それは暴力、暴言、ネグレクト、過干渉などによって、子どもの人生に悪影響を及ぼす親のことをいいます。「まさか!自分が?」「ひょっとすると自分の親がそうたかも…」なんて思っているアナタ、まずは毒親の特徴をチェックしてみましょう。毒親の性質には、さまざまな種類があります。

●過干渉型
毒親のほとんどは自覚がないそうで、中でも特に自覚がないのが過干渉な親なのだとか。常に子供を支配し、子供の行動に口をはさんだり、自分の価値観を押しつけたりする親です。例えば、「親の言うことに逆らうのか!」「言うとおりにすれば安心だから、こうしなさい」「子供のくせに生意気だ!」などが当てはまるとか。でもこれって、自分が言われたり、子供に言ったことがあるという人は案外多いのではないでしょうか…。気をつけたいですね。

●無関心型
条件つきの愛情しか持たず、自分の思い通りになる子供だけを愛するのが特徴なのだそう。基本的に子供よりも自分が大切だと思っている親です。例えば、仕事が忙しいことを理由に子供を構わなかったり、異性との交遊を優先して子供を放任するなどです。自分中心に生きているがゆえに、子供への関心がなくスキンシップもしません。

●言葉で子供を抑圧する親
たとえ悪気が無くても、子供に「親の言うことを聞かない子はいらない」「あなたはブサイク」「頭が悪い子」などの言葉を投げかける親のことを指します。それらの言葉が子供の心に刻まれ、人生に大きな影響を与えるといわれています。また、「ご飯は抜きにする」「出て行け!」などの罰を与えることで、子供に強い不安や恐怖心が残るそうなので、言動には注意しなければいけませんね。

親といっても一人の人間なので、ついイライラしている時に感情を子供にぶつけてしまうこともあると思います。「言い過ぎてしまった」と自己嫌悪に陥ったり反省したり…。ただそれが、日常的に行われるようになると、子供の心は壊れてしまいます。「躾だから」と言って、暴力や暴言を肯定するのは毒親に当てはまるそうです。親であるから許されるわけではないということを覚えておきたいですね。

意外⁉ こんな人も毒親です

Getty logo

「性的虐待」と聞くと、「それはナイナイ!」と思いがちですが、実は「性的な行為を子供にする親」だけのことを指しているわけではないそう。

例えば、親の浮気を子供に知られることや、親自身の性的行為を子供に見られること、思春期の子供の身体的成長について指摘することや、親の性的体験を子供に感じさせるような話をすることもコレに当てはまるのだとか。不倫や婚外恋愛がブームのようになりつつある昨今、子供の前で不倫問題にまつわる夫婦喧嘩をしたことがある…なんて人もいるかもしれません。その行為も子供を傷つけ、子供の人生に悪影響を及ぼすことを忘れずにいたいですね。

毒親になりやすいタイプとは

Getty logo

誰もが毒親になろうと思ってなっているわけではなく、逆に一生懸命に育児することで周りが見えなくなり、言動が過剰になってしまうことが原因のひとつなのかもしれません。

というのも、毒親になりやすいタイプは「真面目すぎ、完璧主義タイプ」や「しっかりやろうと思いすぎて、子どもに過剰になってしまうタイプ」といわれているからです。「ちゃんと子育てをしなければ」という思いが強ければ強いほど、その思いを子どもにぶつけてしまうそうです。そして、子供と自分は別人格であることを忘れてしまうという特徴があるといわれています。

必死であるがゆえに毒親になってしまうなんて怖いですね…。毒親とは、言い換えてみれば「きちんとした親でありたい」という思いが強い人のことと言えるかもしれません。ただ、そのやり方や方向性が間違ってしまっているのです。それは、親自身も子供のときに同じような思いをして育ったという人が多いからだそうです。

上手な子育てには、「親の“適度”な愛情表現が必要」なのだそうですが、その“適度”というのが毒親にはわからないのかもしれません。

親の思考や行動は子供の心に刻まれる

Getty logo

いかがでしたか?親にとっては何気ない些細なことであっても、子供の心に深い傷が刻み込まれることがあります。そして子供はその親の思考や行動を取り込んでしまうため、毒親の連鎖は孫の孫の代まで…と受け継がれていってしまう怖さもあるそうです。

親というのは、つい良かれと思って手を焼きすぎてしまう傾向がありますよね。だからこそ、「何をするか」ではなく、「何をしないか」が重要なのだそう。くれぐれも暴言や暴力などの毒は与えないように注意したいですね。子どもへの愛情が逆に子供を追い詰めていないか、常に不安や迷いがある人は毒親の影響を受けていないか、一度冷静に振り返えってみることが必要かもしれません。親子共に幸せに生きることを目指して…

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ami

2児の母。食育インストラクターの資格取得。専業主婦から久しぶりのお仕事再開。40代も輝けるように何事も全力投球中。

関連するキーワード


教育 毒親

関連する投稿


親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】

親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】

真面目で空気を読み、相手の顔色をうかがいがちな方。「いつまでも独身で親に悪いな」と親を安心させるために結婚しなくてはいけないと責任を感じていませんか? しかし、親のために結婚しなくていいのですよ。もし、あなたの婚活がうまいくいかないとしたら、親との関係を見直すタイミングかもしれません。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google