不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


快楽の恋? 不倫の恋だからこそ男と女でいられる

好きなとき好きなだけ会えないからこそ相手への思いは募る……
そう、限られた時間の関係だからこそ燃え上がってしまうのが不倫の恋。

不倫の恋がやめられないのは、その瞬間に“恋愛してる実感がもてる”からに他ならないだろう。

もし、コレがいつも自由に会えたら目が覚めるのは早いだろうが、“制約がある恋”はなかなか夢から覚めたりしない。 

限られた密会はただの男とただの女に戻れる時間。互いに求め合う二人の逢瀬は濃厚なものになる。

そんな不倫の恋の呪縛が溶けるのは、現実を突きつけられたときだ。

そう、つまりバレてしまったときである。たとえばこんなふうに……。

不倫がバレた理由1:ママ友のタレコミ、女友達の裏切り

「学生時代からなんでも相談してきた親友のN美。しっかり者で聡明な彼女はいい会社に就職しキャリアを積んでいる。なんの取り柄もない私はOLを少しかじっただけで早めに結婚した。今では夫は私を家政婦にしかみていない。子育てに一段落した私は気分転換にパートに出て……その職場で上司とそういう関係に。それを親友のN美にだけ打ち明けた。久しぶりの恋に確かに浮かれてた自分もいたけど、まさかそれを夫に密告されるとは思わなかった」(41歳女性/パート)

「私は同じグループのママ友にチクられました。子供のスイミングスクールのコーチと私の関係を疑った同じマンションのママ友は私のことを見張ってたみたい……。証拠を握った彼女はLINEでママ友達に一斉メール。噂はそのグループだけでは収まりませんでした。今、わたしに話しかけてくれる人は誰もいません。イケメンコーチとの不倫の恋は周りの女を全て敵に回しますね」(38歳女性/専業主婦)

――仲の良い友達のタレコミはもちろん傷つくだろう。

しかし「え?なんで?そんな酷いことを」と問い詰めたくとも言葉を飲み込むしかできない。
彼女たちを堂々と責められないのは、そもそも自分が罪を犯している人間だから……。

また、情報共有は女のグループの鉄則。
「人の不幸は蜜の味」それをシェアするのが女同士なのだ

これだけは忘れてはならない。

女は自分と同じことしている女を味方にする。
女は自分ができないことをしている女を敵にする……ということを。

不倫がバレた理由2:休みを合わせて会社にバレた

「職場に中途採用で入ってきた年下の彼とは一年近い不倫の仲。私はダンナも子供もいる身なので彼とは長い時間一緒に過ごせない。彼から『こんな短い時間じゃなくもっとキミを独り占めしたい』『一緒に旅行に行ってみたい』といつもねだられて……私もそんな彼が可愛くて……。で、今回彼が出張するタイミングに合わせて私が有給をとって落ち合うことに。ダンナには『出張』と嘘をついて……。そしたらその日に限ってダンナが会社に電話してしまい発覚。おかげで仕事も信用も失いました……」(44歳女性/イベント企画)

――不倫の言い訳によく使われるキーワードは「残業」「休日出勤」「出張」「接待ゴルフ」などだろう。
本人が嘘をついて会社を休んでいる時にたまたま家族から連絡が入り、大騒ぎになるというケースは少なくない。

「仕事だといえばバレない」なんて勝手な思い込みは危険。職場や同じ会社の友達に許可をとっていなければ土台ムリな話しである。
だいたい不倫の恋を認める会社などもちろんないし、会社によっては飛ばされるか首になることも……。居場所を失うかもしくは孤立するのは免れない。

また職場の友達に口裏をあわせてくれと頼んだところで、不倫の恋の片棒を担いでくれる人間はなかなかいないだろう。

それどころか自分から不倫をリークしたら最後、あなたは社内の「時の人」として噂の的。
ワイドショーネタがこんな身近でおこってるのを楽しまないわけがない。

不倫の恋を完全犯罪にするのは困難を極めるだろう。

不倫がバレた理由3:相手の奥さんからのなりすましメール騙された

Getty logo

「『早くキミを抱きしめたい』『いつもキミのこと考えてる』なんてマメにメールをくれてた彼。まさか、それが途中から奥さんからのなりすましメールだと気づかず、私は返信して自分からバラしてたんです。『オレ達、もう出会ってどのくらいたったっけ』『今まで出かけた場所覚えてる?』『こないだ入ったホテルってどこだったっけ?』なんて全て尋問だったんですね。私は大バカ者です」(43歳女性/不動産関係)

――まさかチャットで“不倫相手の奥さんからの取り調べ”を受けていたなど夢にも思ってみなかっただろう。

「私はバレるようなヘマなどしない!」
「通話もメールも全て削除してるし、不倫相手の電話番号の登録もでっち上げの会社名だし、自分は絶対大丈夫!」なんて自信満々でも向こうの奥さんが尻尾をつかむことも。

いくら自分が抜かりなくとも“相手の彼の詰めが甘い”こともあるのだ。

またLINEに大胆な愛のメッセージを入れてしまうカップルは案外多い。
しかしLINEを初期設定のままにしておくと、相手にメッセージが届いたときに、スマホの画面上に冒頭の文が表示されてしまう。スマホで表示される画面はなかなか目立つもの。

そして常に心に留めておくべきなのは彼が証拠隠滅してるつもりでも相手の奥さんは「女」である。
女が男の嘘を見抜けないわけがない。

携帯なんかみなくとも
「なんかおかしい……」「いつもと違う……」と男の異変に気づくのが女である!
証拠隠滅やアリバイ工作をぬかりなくやったとしても、女が怪しいと踏んだら大抵の男は黒だ。
探偵など雇わなくとも妻こそが名探偵である。

不倫の恋で失ってしまうものは

不倫はバレたら何かを失う。
その恋を愉しんだ代わりになにかを引き換えに差し出さなくてはならない。

それはもしかしたら家庭かもしれない。
それは仕事や職場かもしれない、信用や尊敬かもしれない。子供の愛情かもしれない。
友達や親が離れていくかもしれない。

不倫は甘美な毒薬……。不倫の恋はその時はいくら甘いものでものちのち苦いものにかわる。
しかも、男性の方はたとえバレたとしても世間や妻には「浮気」としてすまされることでも、女性の場合はいくら自分の非を詫たところで旦那や家族に勘弁してもらえるのはなかなか難しいだろう。

高揚感を与えた不倫の恋は、バレた途端にあなたを奈落の底に突き落すのである。

(体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

「キスだけ不倫」なんて聞き捨てならない新語が登場した今回の記事。PTAが出会いの場になっているなんて、さらに聞き捨てなりませんね…いったいどういうことなのでしょうか? すずね所長こと三松真由美さんのオトナ夫婦の寝室事情 29回目は『PTA不倫』についてです。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月15日(月)~7月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

福田和子さん、山本和奈さんに注目!「女性活躍」が国の政策として掲げられ、働く女性は増加し、男性が育児休業を取ろうという動きがどんどん活発になっている日本。ですが、世界から見れば、ジェンダーギャップ指数が110位など、まだまだ遅れているのが現状です。そんな中ふたりの日本人女性が、世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議「ウーマン・デリバー(Women Deliver)2019」に参加しました。そこで得た最も新しい世界の情報や報告も交えつつ、女性のエンパワーメントやセクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論する院内集会が開催されたので取材してきました。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター