夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】 | 大人のワタシを楽しむメディア
夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「我慢」は解決にはなりません

喧嘩や衝突が嫌で、つい嫌な気持ちを堪えてしまうという女性は多いものです。特に子どもがいれば夫だけに集中できないので、怒りを流してしまう場面も多いでしょう。そうすると家族の間の空気が壊れることもないし、気がつけば「私が我慢すればいいか」と無意識のうちに思ってしまいます。

ですが、そのときは忘れられても、夫に対する不満は消化できないまま妻の心に蓄積されていきます。「この間もこんな話でムカつかなかったっけ?」「また今日も聞いてくれない…」と、怒りのフィードバックと新規メモリーがどんどん増えていく状態です。

すると、あるとき突然「もう嫌!」となります。「新聞は読んだら片付けてよ」と夫に言ったのに無視されたというような些細なきっかけであっても、それまで溜まり続けた怒りは何処で爆発するかわからないのです。

夫の方は、「たかが小言をスルーしただけでそこまで怒らなくても」と思うでしょう。妻がずっと我慢を重ねてきたことに気がつく男性はそう多くありません。結局、妻の怒りの原因が自分にあるとは思わずに「何だよ急に」とふてくされたような態度を取られてしまい、余計に腹が立ってしまいには夫に嫌悪感を持ってしまう、という場合もあります。

我慢することは、解決になりません。不満を溜め込むことはそれだけ夫婦の溝を深めてしまうこと。まずはそれを肝に銘じる必要があります。

相手は「他人」違う人間だと知る

でも、実際に夫が向き合ってくれないんだから、こちらが耐えるしかないじゃないの。そう言いたい妻も多いでしょう。女性は同性にも異性に対しても「共感」を求める意識が強く、自分の気持ちを理解してもらうことを相手に望む傾向があります。そのため、夫に対しても「わかってよ!」という願望、また気持ちが通じないことへの失望も持ちます。

ですが、もともと男性は女性のように感情に共感する感覚をはたらかせる機会が少なく、仕事の面でも事実と結果にもとづいて行動することを基本としています。結果の過程にある感情を大切にするビジネスマンが業績を上げるのはそのためで、本来女性の気持ちにしっかり寄り添える「能力」はこちらが望むほど高くないのが現実です。「自分とまったく同じように感じて欲しい」という願いは、そもそも叶うことが難しいのですね。

そして、何より相手は自分とは違う人間です。お互いのすべてを把握することは不可能に近く、そのために日々言葉やスキンシップでコミュニケーションを重ねていくことが大切。「これだけ一緒にいるんだから、そろそろわかってくれているよね?」という甘えは、感情の面では男性には通じないことが多く、そのことが喧嘩のきっかけになるのは多くの夫婦間で見受けられます。

自分の思っていること、また相手にわかって欲しいことは、口にしないと伝わりません。ここが億劫になってしまうと、夫ともスムーズな気持ちのやり取りができなくなります。

不満はその都度ぶつける!

Getty logo

一度我慢してしまうと、その後も耐えることでその場をしのごうとするようになります。まだストレスが小さいうちに口にする癖をつければ、夫にも「何が不満か」をその場で理解してもらえ、喧嘩も大きくならずに済みます。怒りを溜めてしまうと、いざ爆発したときにあれもこれもと過去のことを一気に責めがちですが、それでは夫も受け止めきれずに逆ギレしてしまいます。

悪いことは悪い、嫌なものは嫌、まずは自分の気持ちを夫にその都度伝えましょう。「こう言うとまた言い返されるな」と思っても、言わない方が自分にとっては“辛いこと”、と思います。「いちいちうるさいな」と夫が思っても、それが自分の振る舞いを省みるきっかけになるので、結局はふたりのためになります。

そして、嬉しいことや感謝の気持ちもしっかり口にすることが、夫婦の絆を深めるポイントです。「お皿を洗ってくれてありがとう」など、自分のしたことを認めてもらうことで、夫は妻への信頼を深めます。

「夫の良いところ」を思い出してみる

もし、怒りが大きすぎてどうしようもなくなったら、いったん夫から離れましょう。外の空気を吸う、美味しいスイーツで心を鎮めるなど、落ち着きを取り戻したら、「夫の良いところ」を思い出してみます。

そのときは、仲の良い友人とおしゃべりするのもおすすめです。人に話すことで客観的に夫を見ることができ、「そういえばいつも出張のときはお土産を買ってきてくれたっけ」など、忘れていた長所を思い出すこともあります。

怒りは判断を狂わせます。勢いでお互いを傷つけるより、一度離れて頭を冷やし、夫を自分とは別の人間として改めて見るようにすると、上手な伝え方なども考えつくようになりますよ。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

女性ホルモンを整えるフローヨガをご存知ですか?私達女性のホルモンはジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。女性の健康はホルモンバランスと大きく関わっていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスを整えることでハッピーでエネルギッシュな毎日を過ごすことができますよ♪


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google