無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】 | 大人のワタシを楽しむメディア
無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】

無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】

結婚生活を続けていると、どうしても起こってしまうのが夫婦げんか。意見の食い違いからつい感情的になってしまい、いつも嫌な後味で終わってしまう…。避けられないなら、せめて「結果を出す」喧嘩を目指したいですよね。そのためには、不満を明確にすることと、約束を守ることが大切。夫婦の絆が深まる喧嘩とは、どんなものでしょうか。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

求めるのは「共感」ではなく「理解」

Getty logo

例えば、週に2日でいいから趣味のサークルに参加したいけど、夫が良い顔をしてくれなくていつも言い合いになってしまう。私にも息抜きの時間が必要なのに、どうしてわかってくれないの!? こんな「理不尽」を感じる喧嘩は、言い合いになっても夫が気持ちよく折れてくれなくて辛い思いをしますよね。こんなとき、私たちは夫に「趣味を楽しみたい気持ち」「たまには家庭を離れて息抜きしたい気持ち」を知って欲しい、共感して欲しいと思って話しますが、夫には通じないことがほとんどです。

もともと、男性は「共感」することが苦手です。妻がそんな時間を欲しがることは「あり」だと頭では思っていても、それをどれだけ楽しみにしているかなど細かい情緒はなかなか想像ができません。なので、簡単に「ダメだ」と言ってしまうのです。行かせてもらえないことでどれほどショックを受けるかなどは、自分が同じ立場にならないと実感することが難しいとも言えます。

なので、夫には気持ちに対する共感を求めるのではなく、「行きたいと思っていること」を理解してもらうことを考えましょう。どれだけその趣味が好きかなどを説明するより男性には受け入れやすくなります。

「何が気に入らないのか」をはっきりさせる

Getty logo

上のケースで考えましょう。夫はなぜ妻が趣味の時間を持つことを嫌がるのでしょうか。

・妻は家にいるべきだ
・いない間に家事や育児をするのが億劫
・ひとりは寂しい

などいろいろあると思いますが、読んでわかる通り、ほとんどは夫の一方的な言い分ですね。特に家ではゆっくりしたいから妻にいて欲しいと思う男性は多いでしょう。このような場合は、具体的に何が気に入らないのかをはっきりさせることで、解決策を提案することができます。

・「妻も自分の時間を持つのは当然。あなたも行きたいときは相談して欲しい」
・「22時には帰るから、それまでに子どもの寝かしつけだけして欲しい」
・「寂しくさせて申し訳ないけど、私も趣味を楽しみたい」

と、自分の主張を伝えます。本当は寂しいのに「妻が夜に外出するなんて非常識だ」などの「非難」でごまかす男性もいますが、妻の言い分に正当性があるとわかれば強くは言えないでしょう。これは、理屈で物を考えるのが得意な男性脳には有効なやり方です。

また、家事や育児が億劫だというときは、最低限やって欲しいことだけお願いすると、夫も余計な負担を感じずに済みます。ほかのことが原因であっても、まずはお互いに「何が不満か」を明確にすることで、不要なやり取りを避けて解決への道を探せます。

感情を優先させない

一番気をつけたいのは、言い合いになってきつい言葉を吐いてしまうことです。怒りは判断力を奪います。わかってもらえないことに腹がたっても、「売り言葉に買い言葉」では溝が深まるだけです。

言いたいことは、相手に対する文句ではないはず。感情が高ぶったときはそれを思い出してください。喧嘩は先に冷静になった方が勝ち。逆に、頭に血の上った夫を冷静に観察することで、本当は何が言いたいかを見極めることもできます。こちらが落ち着いていれば、夫も気を静めるしかありません。

何の解決もみないまま、ただ辛い思いをしただけで終わるような喧嘩は避けたいもの。そのためにも、感情を優先させないことを常に頭に入れておきましょう。

約束は守る

Getty logo

「行ってもいいけど、必ず22時には帰る」。喧嘩の最後にこんな約束をしたとします。解決したときにはいろいろな決まりごとができている場合がありますが、約束は必ず守りましょう。連絡もないまま23時まで帰ってこないなどは、せっかくの解決をもっとも台無しにする行為です。夫はあなたへの信頼をなくし、その後はますます外出を嫌がるようになります。

「結果を出す」喧嘩とは、最終的に「そのとき交わした約束を守れるかどうか」にかかっています。不満をしっかり話し合い、お互い譲歩して良い解決策を見つけたのに、それをすべて壊すのが約束を破ること。それは、信頼を奪うだけでなく愛情まで失うことにもつながります。

あなたがふたりで決めたことを守れば、夫も簡単に破ることはできません。夫には男としてのプライドがあり、責められたくないからです。もし夫が約束を無視したときは、思いっきり怒りましょう。それは当然のことであり、繰り返さないためにも大切です。お互いに「守らなかったときのペナルティ」を用意するのも良いですね。

嫌な気持ちで喧嘩を終わらせないために、いつも前向きな約束を用意できること。そんな習慣ができれば、意見の衝突も怖くなくなりますよ。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


ケンカ 夫婦 ひろたかおり

関連する投稿


離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚したからと言って、次の結婚がないわけではありません。実際の調査では、多くの人が再婚して新しい人生をスタートしています。一度つまずいたからこそ、次は必ず幸せになりたいという姿勢が再婚につながる現代、再婚は当たり前の選択と考える人が増えています。


セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

夫から求められなくなって数ヶ月。楽だな~と思っていたら、ある日いきなり夫の浮気が発覚! これってセックスレスを放置していた私のせい? 夫の浮気は誰でもショックを受けますが、そんなときこそ冷静な行動が必要です。いきなり夫を責め立てるのは避け、まずは自分が今後どうしたいかを考えましょう。


なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

結婚しても、子どもが産まれても、家庭内で自立できずにこちらに負担をかけてばかりの「長男」と化している夫。まるで大きな子どもが増えたようで、家事も育児も手伝ってもらえずに苦労ばかり…。そんな長男をきちんと成人させるには、とにかく「自分のことは自分でやらせる」ことで責任感を持たせます。


旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

夫をベッドに誘っても断られる…。このままだとレスになってしまうかも。こんなとき、焦りから迫ってしまうと余計に夫は引いてしまいます。肝心なのは、自然な形で抱き合えること。さり気なくその気にさせることを考えましょう。


「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は家庭を守るべき」「家事に専念するべき」など、妻が外で仕事することを嫌がる男性はいまだに多く存在します。仕事だけでなく、妻が趣味の時間を外で楽しむことすら制限したがる夫も。古い価値観に縛られている男性は、実は自分自身にも窮屈な生活を強いています。そんな呪縛は「よそはよそ、うちはうち」で解放させましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚したからと言って、次の結婚がないわけではありません。実際の調査では、多くの人が再婚して新しい人生をスタートしています。一度つまずいたからこそ、次は必ず幸せになりたいという姿勢が再婚につながる現代、再婚は当たり前の選択と考える人が増えています。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google