無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】 | 大人のワタシを楽しむメディア
無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】

無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】

結婚生活を続けていると、どうしても起こってしまうのが夫婦げんか。意見の食い違いからつい感情的になってしまい、いつも嫌な後味で終わってしまう…。避けられないなら、せめて「結果を出す」喧嘩を目指したいですよね。そのためには、不満を明確にすることと、約束を守ることが大切。夫婦の絆が深まる喧嘩とは、どんなものでしょうか。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

求めるのは「共感」ではなく「理解」

Getty logo

例えば、週に2日でいいから趣味のサークルに参加したいけど、夫が良い顔をしてくれなくていつも言い合いになってしまう。私にも息抜きの時間が必要なのに、どうしてわかってくれないの!? こんな「理不尽」を感じる喧嘩は、言い合いになっても夫が気持ちよく折れてくれなくて辛い思いをしますよね。こんなとき、私たちは夫に「趣味を楽しみたい気持ち」「たまには家庭を離れて息抜きしたい気持ち」を知って欲しい、共感して欲しいと思って話しますが、夫には通じないことがほとんどです。

もともと、男性は「共感」することが苦手です。妻がそんな時間を欲しがることは「あり」だと頭では思っていても、それをどれだけ楽しみにしているかなど細かい情緒はなかなか想像ができません。なので、簡単に「ダメだ」と言ってしまうのです。行かせてもらえないことでどれほどショックを受けるかなどは、自分が同じ立場にならないと実感することが難しいとも言えます。

なので、夫には気持ちに対する共感を求めるのではなく、「行きたいと思っていること」を理解してもらうことを考えましょう。どれだけその趣味が好きかなどを説明するより男性には受け入れやすくなります。

「何が気に入らないのか」をはっきりさせる

Getty logo

上のケースで考えましょう。夫はなぜ妻が趣味の時間を持つことを嫌がるのでしょうか。

・妻は家にいるべきだ
・いない間に家事や育児をするのが億劫
・ひとりは寂しい

などいろいろあると思いますが、読んでわかる通り、ほとんどは夫の一方的な言い分ですね。特に家ではゆっくりしたいから妻にいて欲しいと思う男性は多いでしょう。このような場合は、具体的に何が気に入らないのかをはっきりさせることで、解決策を提案することができます。

・「妻も自分の時間を持つのは当然。あなたも行きたいときは相談して欲しい」
・「22時には帰るから、それまでに子どもの寝かしつけだけして欲しい」
・「寂しくさせて申し訳ないけど、私も趣味を楽しみたい」

と、自分の主張を伝えます。本当は寂しいのに「妻が夜に外出するなんて非常識だ」などの「非難」でごまかす男性もいますが、妻の言い分に正当性があるとわかれば強くは言えないでしょう。これは、理屈で物を考えるのが得意な男性脳には有効なやり方です。

また、家事や育児が億劫だというときは、最低限やって欲しいことだけお願いすると、夫も余計な負担を感じずに済みます。ほかのことが原因であっても、まずはお互いに「何が不満か」を明確にすることで、不要なやり取りを避けて解決への道を探せます。

感情を優先させない

一番気をつけたいのは、言い合いになってきつい言葉を吐いてしまうことです。怒りは判断力を奪います。わかってもらえないことに腹がたっても、「売り言葉に買い言葉」では溝が深まるだけです。

言いたいことは、相手に対する文句ではないはず。感情が高ぶったときはそれを思い出してください。喧嘩は先に冷静になった方が勝ち。逆に、頭に血の上った夫を冷静に観察することで、本当は何が言いたいかを見極めることもできます。こちらが落ち着いていれば、夫も気を静めるしかありません。

何の解決もみないまま、ただ辛い思いをしただけで終わるような喧嘩は避けたいもの。そのためにも、感情を優先させないことを常に頭に入れておきましょう。

約束は守る

Getty logo

「行ってもいいけど、必ず22時には帰る」。喧嘩の最後にこんな約束をしたとします。解決したときにはいろいろな決まりごとができている場合がありますが、約束は必ず守りましょう。連絡もないまま23時まで帰ってこないなどは、せっかくの解決をもっとも台無しにする行為です。夫はあなたへの信頼をなくし、その後はますます外出を嫌がるようになります。

「結果を出す」喧嘩とは、最終的に「そのとき交わした約束を守れるかどうか」にかかっています。不満をしっかり話し合い、お互い譲歩して良い解決策を見つけたのに、それをすべて壊すのが約束を破ること。それは、信頼を奪うだけでなく愛情まで失うことにもつながります。

あなたがふたりで決めたことを守れば、夫も簡単に破ることはできません。夫には男としてのプライドがあり、責められたくないからです。もし夫が約束を無視したときは、思いっきり怒りましょう。それは当然のことであり、繰り返さないためにも大切です。お互いに「守らなかったときのペナルティ」を用意するのも良いですね。

嫌な気持ちで喧嘩を終わらせないために、いつも前向きな約束を用意できること。そんな習慣ができれば、意見の衝突も怖くなくなりますよ。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


ケンカ 夫婦 ひろたかおり

関連する投稿


不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

奥さんとは離婚すると言いながら離婚しない不倫男…。ついその言葉を信じて待ってしまい泥沼に。よく聞く話ですが不倫をしている男性はいったいどんな心理で不倫をしているのでしょう? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子どもの教育について、夫と方針が食い違う。説明してもわかってもらえない。 子どもを大切に思う気持ちは同じです。ケンカになるのは、「どちらが正しいか」を競ってしまうから。「正解」ではなく「道」をふたりで見つけるには、何より子ども自身の幸せを考えることが大切です。 どうすれば意見を合わせることができるのでしょうか?


仮面夫婦のメリット・デメリット 離婚前に考えたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #39】

仮面夫婦のメリット・デメリット 離婚前に考えたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #39】

このまま仮面夫婦を続けるくらいなら、離婚した方が楽になれるかも。そう思う妻は多いでしょう。仮面夫婦は確かにデメリットの方が目立ちますが、それでも離婚は避けた方が良い場合もあります。離婚してから後悔しても後の祭り、踏み留まる勇気も大切です。


これでセックスレス解消! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】

これでセックスレス解消! ラブラブ夫婦に戻る意外な方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#10】

セックスレスを解消するにはどうしたらいい? 最近夫婦の夜の営みがの回数が減ってきたことには気づいていたけど、いつの間にかセックスレス状態へ。やっぱり寂しい・・・。セックスレスを解決のカギは「性欲」。性欲を呼び戻すために、食事やコミュニケーションなどを見直してみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google