今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】 | 大人のワタシを楽しむメディア
今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】

今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】

メイク道具は、多くの女性にとって生活の必需品ですよね。お気に入りの厳選のアイテムもあれば、なんとなく使っているものもあるでしょう。肌感やお悩みも変わってくるアラフォーを境に、改めて道具の意味や使い方を見直してみてください。化粧道具について正しい知識を知れば、理想の仕上がりにグッと近づくことができるはずですよ♪


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

パフ

Getty logo

パフはフェイスパウダーを付ける時に使います。お粉をとったら、必ずティッシュや手のひらを使い、パフの表面に均一になるようになじませましょう。リキッド系など油分の多いファンデーションと一緒に使う場合、パフに色移りしやすくなります。洗い替えを用意して、週1回以上は洗うようにしましょう。

スポンジ

Getty logo

スポンジはファンデーションを付ける時に使います。パウダーファンデーションなど、固形タイプを使う場合には、スポンジで直接取って使います。液体でサラサラしているファンデーションを付ける時には、スポンジが吸ってしまうので、お顔にある程度広げてからなじませる時に、スポンジを使いましょう。

ファンデーションのコンパクトにセットされているスポンジは携帯用にして、家で使う時には厚みのあるスポンジを用意しておくと便利です。付けすぎてしまったチークをぼかしたり、失敗して何かを取りたい時にもスポンジでふき取ると綺麗に取れます。お手入れは、油汚れが落ちる石鹸や中性洗剤、スポンジクリーナーを使います。雑菌が繁殖しやすいので、洗い替えを用意してこまめに洗いましょう。

アイシャドーブラシ・チークブラシ・チップ

Getty logo

最近では、色々な用途のブラシが作られていますが、基本のブラシはアイメイクとチークでしょう。毛の種類やサイズによって仕上がりが変わります。

まずは、どの部分にどんな風に色を入れたいのか、考えてみましょう。例えば、柔らかい色をまぶた全体に入れたい時には、まつ毛の際から眉下までの範囲に収まる位のサイズ感で、毛が柔らかいタイプのブラシを選びます(リス毛など)。

反対に、目の際からしっかりとグラデーションをつけて入れたい時には、指先位のサイズ感で平たくてコシのあるブラシを選びます(イタチの毛など)。

チークブラシも同様の考え方で、ふんわり入れたい時には毛が柔らかくて毛量のあるブラシを、頬ぼねに沿ってシャープに入れたい時には適度なコシがあり、頬ぼねのサイズに近い大きさのブラシを選んでください。

サイズで迷った時には、どこに使いたいのかを考えます。鼻筋のハイライト用であれば、鼻筋よりも太くないかチェックしてから買いましょう。お手入れは月1回ブラシ用のクリーナーで洗う以外は、ティッシュで拭う程度に。洗いすぎるとブラシの寿命が短くなることもあるので要注意です。

アイシャドーパレットなどにセットになっているスポンジが先端についたチップはしっかりとアイシャドーを取れるので、発色重視の時に最適です。サイズによっては目頭や下まぶたなどの細かい部分にも便利。テクニックいらずで欲しいところに色をきちんと付けられます。

スクリューブラシ

Getty logo

マスカラの先端やアイブローペンシルの反対側に付いている事が多いスクリュー状のブラシ。眉を描いた後にぼかしたり、描いた眉の輪郭を整えるのに便利です。眉の輪郭を修正する時には、スクリューブラシのはじっこ部分を使うと◎。太くなりすぎたり、くっきりし過ぎた時にはスクリューブラシの端をうまく合わせて線を削ったり、ぼかしたりします。また、スクリューブラシは柔らかいので、マスカラが付いて固まったまつ毛を梳かすには、金属やプラスチックのコームタイプがよいでしょう。

ビューラー

Getty logo

まつ毛を挟んで上げる道具です。挟んだまま引っ張ってしまうと、まつ毛が抜けたり、切れる原因になります。根元でしっかり挟み、「開いてから少しずつ毛先側に動かして挟む」の繰り返しで、毛先までカールをつけます。直毛で綺麗な上向きカールが出にくい場合には、あったまるビューラーもオススメです。目尻だけが挟めないと言う場合には、ポイント用ビューラーを使っても良いでしょう。


いかがでしたでしょうか? 化粧道具の知識正しくもっていましたか? 次回は「洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは○○○」をお届けします。お楽しみに!

☆上野リサさんおススメのいっぴん☆

パナソニック ホットビューラー まつげくるん 360度回転コーム搭載 ビビッドピンク EH-SE60-VP

ビューラーをして、しっかり根元を上げておいて、その後マスカラをつけて仕上げに下側から当てます。このビューラーは回転するのですが、まつ毛を毛先に向かう回転ではなく、手前に巻き込むような回転で使うと、ストレートな毛も丸みが出て便利ですよ♪

フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト 上野リサ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストととして活動後、独立。自身の世界観を具現化するべく「サンダリスタ」を主宰。

関連する投稿


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


メイクのお悩みいろいろあるけどやっぱりベースが命!【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#03】

メイクのお悩みいろいろあるけどやっぱりベースが命!【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#03】

しみしわたるみヨレ…悩みはつきませんよね…。しかし、ベースメイクさえきちんとしていれば、ある程度は七難隠してくれちゃうんです。そのために知っておきたいのは、ベースメイクアイテムの特徴による使い分け。お肌のコンディションに合わせて、最適なアイテム選びや使い方のコツをマスターしましょう。


洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

肌の調子が整わないとき、多くの人は美容液をつけたりクリームを変えてみたりして、「上からつけるケア」をどうにかしようと思います。しかし、本当に大切なのはクレンジングなのです! そのわけと、おすすめ商品をご紹介します。


見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

年齢を重ねるのは抗えずとも、見た目年齢は少しでも若く見せたい! 「マイナス〇歳」「アラフォーに見えない」など、巷にあふれるキャッチコピーにもついつい目が行きますよね。見た目年齢マイナス10歳ではハードルが高いけれど、マイナス3歳ならチャレンジできる!4つのポイントを押さえるだけで「ちょっと若返った?」がかなうんです!


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #4】ダイエット美肌におススメぬか漬けベスト3!

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #4】ダイエット美肌におススメぬか漬けベスト3!

こんにちは!ぬか漬けマイスターの大湯みほです。20代のころ、太るのが嫌でありとあらゆるダイエットをしてきました。が、現在私はダイエットも運動も特にしていません。寝る前に軽いストレッチ程度です。それはすべてぬか漬けのおかげなんです。その秘密、教えちゃいます♡


“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google