本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

シングルマザーとして、仕事も育児も頑張ってる。大切にしてくれる彼氏もいる。本当は結婚もしたい…でもそれはまだ。ひとりで背負うものが多いシングルマザーの女性たちは、安易な気持ちで結婚を選びません。そこには、子どものことや結婚観など、さまざまな事情があります。実際に伺った話をまとめました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

一度失敗したからこそ慎重になる「結婚」の絆

Getty logo

「好きで結婚した元旦那だったけど、子どもが産まれてからは価値観の違いから険悪な雰囲気になることが多かった。生活費を稼ぎたくて仕事を頑張っているうちに向こうの浮気が発覚、私はショックで結局仕事も続けられない状態に。これがトラウマとなって、彼氏はできるけど結婚までは踏み切れない」(40歳/事務)

離婚した理由はさまざまですが、相手の浮気など信頼を裏切られる形で終わった結婚は、その後も女性の恋愛に影響を及ぼします。この女性の場合は、「今お付き合いしている男性はとても良い人だけど、結婚してまた裏切られたらと思うと怖くて…」と話していました。

一度失敗したからこそ、次の結婚は簡単に決められない。それは、彼女自身が結婚生活を「夫婦がともに力を合わせて生きていくこと」としっかり認識しているからです。その気持ちを受け止め、彼氏が同じように思ってくれているといいな、と思います。

男を見る目が以前より厳しくなった

「20代のころに結婚した元旦那はDVがひどくて、長男を妊娠したときも平気で暴力を振るうような男でした。出産後別れたけど、それ以来お付き合いする男性はとにかく人間性を重視。いざ結婚してから豹変されると困るから、交際期間は長くとりたい」(36歳/看護)

こちらのお話は、離婚後、男性を見る目が変わったというもの。浮ついた気持ちで付き合うような気軽さを恋愛に求めておらず、「再婚するなら不安な部分はすべてクリアしてから」と、男性の人間性を見極める努力をしています。

あまり慎重になりすぎるとチャンスを逃がすこともありますが、いい加減な気持ちでの交際は良い結果を生みません。子どものためにも、自分の恋愛に責任を持つ覚悟は、シングルマザーとして必須の姿勢であるとも言えます。

子どもの存在が最優先

Getty logo

「子どもが大きくなって、『再婚したら』と言われることもあるけど、今のままでも十分幸せ。親の勝手で母子家庭になったのに、また親の都合で新しい父親ができるなんて、子どもに申し訳ない。結婚は子どもが自立してからでいいかな」(43歳/販売)

離婚した場合、一番の被害者は子どもです。つらい別れを経験させてしまったからこそ、また自分の勝手で再婚なんて、子どもに対して無責任に感じてしまう。自分の恋愛に引け目を感じるシングルマザーの女性は多いですが、それだけ子どもにも自分にもちゃんと向き合って生きていこうとする意思の強さが伺えます。

親の恋愛は子どもにも必ず関係します。その影響を考えれば、どうしても子どもが優先になりますが、ときには自分の恋愛を楽しむ甘えも決してバチが当たることではない、とも思います。

無理に「結婚」でなくても良い

Getty logo

「性格の不一致で離婚した後、しばらくして出会った今の彼とは、もう4年の付き合いになります。お互い子どもはひとりずつ、結婚したい気持ちはあるけど、無理に籍を入れなくてもお互いの家庭を守りながらの交際で今は不満はありません。もし子どもが『会ってみたい』と言うことがあれば、変わるかもしれませんが…」(35歳/公務員)

交際のゴールは結婚だけではありません。こちらの女性は、生活の中でも恋愛の優先度を上げることもなく、会えるときに会えれば良いというスタンスで今の彼とも居心地の良い関係を築いてきました。「子どもとの時間と仕事が一番大事」と、自分が大切にしたいものがはっきりわかっているので、結婚について悩みすぎることがないのですね。

ですが、交際は型にはまったものでもありません。もし子どもの関心が恋人に向けば、そこから新しい方向が生まれる可能性もあります。それも否定せず、自然体で過ごすことを心がける彼女の姿勢は、シングルマザーの自分を受け入れている余裕が感じられました。

結婚は家族の問題

お話を伺ったすべての女性が、「結婚はしたいと思っている」と答えています。恋人がいてもいなくても、恋愛そのものへの情熱は失っておらず、シングルマザーとして生きる中でどう楽しむかを日々模索しています。

子どもがいれば、結婚は自分だけの問題ではありません。子どもの気持ちを優先して考えたいと思うのは親として当たり前ですが、足並みを揃えて結婚に向かうというのは、子どもの年齢などが関わってくるので簡単なことではないのですね。

家族の問題だからこそ、慎重でありたい。それは、子どもにも自分にも責任を持つということです。そして相手の男性にも誠実であろうとする努力が求められます。簡単ではないけれど、幸せでいたい。そのために、彼女たちはこれからも自分のスタイルを貫いていこうという芯の強さを持っています。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #38】

バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #38】

いよいよこの時期がやってきました!そう、バレンタインデーです。「もう年だしバレンタインデーなんて面倒」と思っているあなた、もったいない!この手のイベントは積極的に利用しましょう!ではアラフォーはどんなチョコをプレゼントしたらいいのでしょうか?気になる彼氏未満の男性には何円ぐらいのチョコを上げたらいいのか迷っている方はぜひ読んで参考にしてください。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター