今さらだけど「ボタニカル」って一体どんな意味?

今さらだけど「ボタニカル」って一体どんな意味?

テレビや雑誌、はたまたドラッグストアの商品名などでも見かける「ボタニカル」という言葉。数年前から巷にあふれたこの言葉。なんとなーくのイメージはわかるけど、本当はどういう意味? 実は、意味を知って日常に取り入れてみたら、ぐっと毎日が豊かになるキーワードなんです!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

植物に関するもの=「ボタニカル」。でも使い方は多様!

Getty logo

ボタニカルとは、植物の・植物学上の・植物から採ったという意味の言葉。
化粧品や飲み物など植物由来の成分を持つ商品にも多く使用されているため、“植物成分の入っているものに使う”と思われがちですが、最近では植物にまつわるありとあらゆることに使用されていることも多く、コスメ・ファッション・インテリア・アートなどさまざまな場面で「ボタニカル」という言葉が出てきます。

古くは19世紀にイギリスやフランスでアートの一部としてボタニカルアートが流行したこともあるそうです。
植物の持つ特性を生かして、背景や人工的な物を省いて描かれたアートは大人の塗り絵でも人気があるので、本屋さんで見かけることもあるかもしれませんね!

ボタニカル化粧品は肌に良いって本当?

Getty logo

安価で大量生産がしやすい石油由来成分ではなく、ハーブなど植物から抽出した天然由来成分で製造されているのがボタニカル化粧品です。

今や天然由来成分90%以上というシャンプーやスキンケアもたくさん出ていますよね。
ただし、天然由来成分だからお肌に優しい、石油由来成分は絶対にNG!とは一概には言えません。

石油由来成分の化粧品には洗浄力や保湿力が強く、使用した実感を得やすいことが多いでしょう。反面、使用感が強すぎたり、時には肌を傷めるなど負担をかけてしまう恐れもあるのです。

一方、ボタニカル化粧品に使われる植物性の成分は植物の持つ多くの成分が混じることによって効果を発揮してくれますが、作用は比較的マイルドで副作用等も少ないと言えます。
しかし、山芋や里芋を向いて手がかゆくなる人がいるように、合う合わないは個人によって大きく分かれます。敏感肌の場合は顕著に出やすいので、成分をきちんとチェックして選ぶようにしましょう。

ボタニカルとオーガニック、何が違うの?

Getty logo

混在されがちなオーガニックとボタニカル。オーガニックも植物由来の原材料のため、大きく言えばボタニカルの一部。

オーガニックは有機栽培という農法のこと。化学肥料や農薬を使用しない農法で生産されおり、オーガニック認定を受けるためには多くの基準をクリアする必要があるのです。
ボタニカルの方がより広い意味を持ちますが、どりらも肌や自然に優しいという部分が共通点ですね。

生活に取り入れるなら、ボタニカルインテリアが手軽!

Getty logo

部屋の中に花があると癒される……今度の休日は緑を見に行きたいな……など自然に囲まれることで得られるリラックス効果は素晴らしいものですよね。
お出かけして自然を見に行くことが難しくても、自宅に植物を飾ったり植物モチーフのアイテムを置くだけなら、手軽に取り入れられますよ。

また、エアープランツの流行もあり、室内に植物を置くのも定番化。大きな観葉植物だけでなく、ちょっとした棚やスペースに置くミニグリーンもおすすめです。グリーンはお世話が大変そうと感じるなら、花をかざるだけでも、お手軽ボタニカルインテリアの完成です。

また、最近は壁紙やファブリックにも多彩なボタニカル柄(植物柄)が揃っています。
子供っぽくなりすぎないボタニカル柄選びのポイントは、本来のボタニカルアートのように、極力写実的な柄を選ぶこと。また、カラフルすぎない色使いのものなら、ほどよくおしゃれなインテリアになりますよ。

ガラリと印象を変えるならカーテンやベットカバーなどサイズの大きなものをチェンジするのがおすすめ。少しだけ取り入れるなら、クッションカバーのほか、ボタニカルアートをフレームに入れて飾るほか、植物の写真集や画集を見せインテリアとして活用するのもおすすめです!

ファッションにもボタニカル柄を取り入れてみよう

Getty logo

ボタニカルブームに乗ってファッションにもボタニカル柄がたくさん!
派手な花柄を想像してしまいがちですが、最近は上品な小花柄や南国の緑をシンプルに描いたもの、モノクロのボタニカルプリントなどたくさんのラインナップが。

柄物好きの派手な人……と模様ばかりが目立ってしまわないようにするポイントは、地色が紺やベージュ、カーキ、ブラックなどシックなカラーにボタニカル柄が描かれたものを選ぶか、合わせる洋服を派手すぎない色にし、小物も小ぶりで上品なアイテムを選ぶこと。

どうしてもフェミニンかつ可愛らしい印象になりがちなボタニカル柄だからこそ、引きで全身を見たときに柄以外の部分が主張しすぎていないかをチェックすれば、華やかかつ上品なコーディネートができますよ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライター&野菜ソムリエとしてコールドプレスジュース専門店に勤務。美味しいものに囲まれつつ、ヘルシービューティー生活を湘南で模索中

関連する投稿


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


【エモまと】変わりたい!向上したい!そんなやる気に満ちた背中を押しちゃうよ!

【エモまと】変わりたい!向上したい!そんなやる気に満ちた背中を押しちゃうよ!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


素材にこだわるオーガニックスーパー“ビオセボン”へ行ってきました!【WOMe編集長の潜入レポ #6】

素材にこだわるオーガニックスーパー“ビオセボン”へ行ってきました!【WOMe編集長の潜入レポ #6】

WOMe編集長の潜入レポート6回目は、食にこだわる大人の女性の皆さまを代表して、東京は麻布十番にあるオーガニックスーパー“ビオセボン”。食材にこだわる人の間で注目されているお店です。おすすめしたい情報盛りだくさんでお届けします♪


【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


大人気フレグランス【Laline】からギフトにもぴったりな「キャンドル&ディフューザー」10月13日限定発売スタート!

大人気フレグランス【Laline】からギフトにもぴったりな「キャンドル&ディフューザー」10月13日限定発売スタート!

自然派コスメLaline(ラリン)が、大人気フレグランス “フローズンペア”と “バニラピンクペッパー”の「キャンドル&ディフューザーセット」と「限定バニラピンクペッパーディフューザー」を、10月13日(金)より限定発売スタート!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google