嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

夫とのセックス、決して不満はないんだけど、最近ちょっとマンネリ気味…。でも夫には言いづらい。愛する夫だからこそセックスの話はデリケートに感じますが、そんなときは言葉でなく態度でこちらから変化を見せていきましょう。積極的になる? いいえ、肝心なのは「求める」心を見せることなんです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

マンネリ脱却は妻からしかけて!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

長い間ひとりの人間とだけセックスを続けることは、どうしても「飽き」がくることを避けられません。同じ相手に同じベッド、同じやり方が定着してしまうと、マンネリを感じてもいきなり新しいことを始めるのは億劫に感じたり、また恥ずかしいという照れが出てくることもあります。

どちらかと言うとセックスでは受け身になるのが多い女性ですが、それだけに夫にして欲しいことや逆にやめて欲しいことがあっても言いづらい場合もありますよね。つい我慢するので、欲求不満が溜まる…なんてことも。

夫の方も、いつも妻が同じ反応であることに満足する反面、新しい刺激が欲しいと思ってもそれを口にすると嫌がられたり、拒否されたりすることが怖くて言えない、というときがあります。男性にとってセックスは女性が思う以上にデリケートな話題、妻にそっぽを向かれるのは何より傷つくことです。

マンネリから抜け出したいときは、夫の行動を待つより妻からはたらきかける方が、夫のプライドを刺激しないのでスムーズに進みます。だからといって無理に大胆になる必要はありません。ポイントは、もっとあなたと楽しみたいという「求める」気持ちを夫に伝えることです。

「積極的」は逆効果⁉ もしかして夫を傷つけてるかも!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「女性から求める方が男性に喜ばれる」とよく言いますが、確かに妻からベッドに誘われる方が興奮する、最中もいろいろと動いてくれると嬉しいという夫は多いでしょう。ですが、あまりにも積極的に女性に迫られると、男性は嬉しい反面プレッシャーを感じます。期待を感じる分、満足させなくてはと思うのですね。

男性には好きな女性を支配したい欲が少なからずあり、それが男らしさを満たすことにもなります。自分より妻の方がセックスに意欲的なのは、嬉しいけれどそれでは自分が応える側になり、満足感が減ることも。女性にリードされることを嫌うのは、プライドに関わるからとも言えます。

積極的な姿勢を見せるなら、妻はあくまで応える側でいる方がベター。主導権は夫に渡したままで、上手に求めていきましょう。

忘れないで! 「恥じらい」はとっても大切!

ベッドに入る前、自分でさっさと服を脱いでいませんか? セックスは裸になる前から始まっています。服を脱がせる行為は男性の性欲を刺激する大切な儀式。

セクシーなランジェリーがより興奮を煽るのは、ゆっくりとパジャマを脱がしたときに初めて目にするからです。いきなり裸を晒すのもたまには良い刺激になりますが、最初から夫の手に体を委ねる姿は恥じらいを感じさせるもの。夫婦だからこそ、いつも女性であることを意識した振る舞いが、夫に性欲を感じさせます。

「もっと」は夫が喜ぶ魔法の言葉

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

気持ちよさを伝える言葉を恥ずかしがっていると、夫は良くないのかなと不安になります。体の反応だけでわかるはずと女性は考えがちですが、「すごくいい」など耳からの刺激も男性は欲しいと思っています。特に、「もっと」という言葉は求められている実感が湧きやすく、夫が喜ぶ言葉。さらに気持ちよくなって欲しい、という欲が起こります

気をつけたいのは、言葉を使いすぎると男性はわざとらしさを感じることです。夫の様子を見ながら、どこで言えば興奮が増すかを見極めて使うとさらに良いですね。

新しい体位は「おねだり」する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マンネリした時間を変えるために新しい体位に挑戦するのは手っ取り早いやり方ですが、いきなり妻が始めてしまうと夫は驚きます。

してみたい体位は、夫におねだりするのが正解。お伺いを立てられると夫は男らしさを刺激されて嬉しくなります。夫にリードしてもらう姿勢を忘れないことで、より深い快感をふたりで得られるのですね。

余韻を楽しめる妻こそ愛おしくなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

終わったあと、すぐに服を着込んで素に戻られると、夫はがっかりします。ふたりで満足した行為だからこそ、余韻までしっかり楽しみたいもの。汗をかいていたらタオルでそっと額や体を拭いてあげたり、飲み物を差し出したりする気配りは、夫の心をさらに満たします。

腕枕をしながら「すごく良かった」「また抱いてね」など甘えるのも、夫の愛情が高まる姿。どうだった?とはなかなか自分からは聞けないので、妻の方から言ってもらうことで安心できるのですね。

少し落ち着いたら、背中などをマッサージしてあげるのも良い方法です。セックスが終わってもスキンシップを続けることで、触れられることが心地よい、もっと触れていたいと男性は思います。さっさと離れてしまわれると寂しいのは、男性も同じなのです。

セックスは、夫婦には欠かせない愛情表現の一つ。夫を求める気持ちを十分に伝えることが、マンネリを防ぐ近道になります。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

結婚しても、子どもが産まれても、家庭内で自立できずにこちらに負担をかけてばかりの「長男」と化している夫。まるで大きな子どもが増えたようで、家事も育児も手伝ってもらえずに苦労ばかり…。そんな長男をきちんと成人させるには、とにかく「自分のことは自分でやらせる」ことで責任感を持たせます。


離婚する?ちょっと待った!仮面夫婦のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #39】

離婚する?ちょっと待った!仮面夫婦のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #39】

心の通い合わない夫・・・このまま仮面夫婦を続けるくらいなら、いっそ離婚した方が楽になれるかも。そう思う妻は多いでしょう。仮面夫婦は確かにデメリットの方が目立ちますが、それでも離婚は避けた方が良い場合もあります。離婚してから後悔しても後の祭り、踏み留まる勇気も大切です。


「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は家庭を守るべき」「家事に専念するべき」など、妻が外で仕事することを嫌がる男性はいまだに多く存在します。仕事だけでなく、妻が趣味の時間を外で楽しむことすら制限したがる夫も。古い価値観に縛られている男性は、実は自分自身にも窮屈な生活を強いています。そんな呪縛は「よそはよそ、うちはうち」で解放させましょう!


夫をその気にさせるマル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

夫をその気にさせるマル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

夫をベッドに誘っても、最近断られる…。セックスに乗り気じゃない夫、このままだとレスになってしまう! こんなとき、焦りから迫ってしまうと余計に夫は引いてしまいます。肝心なのは、自然な形で抱き合えること。プレッシャーのあるセックスだと男性は妻への愛情をなくしてしまうので、さり気なくその気にさせることを考えましょう。


「最近ハグしてる?」「キスしてる?」「イチャイチャしてる?」スキンシップがもたらす恩恵とは?【神崎桃子の恋愛指南 #15】

「最近ハグしてる?」「キスしてる?」「イチャイチャしてる?」スキンシップがもたらす恩恵とは?【神崎桃子の恋愛指南 #15】

ハグやキス、イチャイチャのスキンシップ最近してますか? どうやら…これをするとしないとでは女度だけじゃなく、健康にも関わってくるみたいなんです…。大人気恋愛コラムニスト神崎桃子さんに、そのあたりを詳しく教えていただきましょう!


最新の投稿


いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

今、高視聴率のドラマが話題になっても、「いやいや、あの頃のドラマの衝撃に比べたら…」と感じているアラフォーは多いはず! 今回はタイプの違うなつかしドラマ3選をピックアップ! いろいろな意味でハラハラドキドキした作品たちです!


ちょっと肌寒い!という時に超便利♡ ユニクロ#リブワイドスリーブセーター

ちょっと肌寒い!という時に超便利♡ ユニクロ#リブワイドスリーブセーター

季節の変わり目にちょうどいいリブ編素材です♪ ふんわりシルエットなので、今っぽいスタイリングがキマります! さらりとした肌触りですので、着心地も最高ですよ♡


「女性にも加齢臭」があるっていうけど本当ですか?【本気で始める美容・エイジングケア#6】

「女性にも加齢臭」があるっていうけど本当ですか?【本気で始める美容・エイジングケア#6】

「女性にも加齢臭がある」って聞いたことはありますか? 脂くさいエイジング特有のニオイは、ミドルエイジ以降の男性だけのものではありません。私、時短美容家の並木まきが、アラフォーを過ぎたら考えたい女性の加齢臭事情とその対策についてお伝えします。


洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

肌の調子が整わないとき、多くの人は美容液をつけたりクリームを変えてみたりして、「上からつけるケア」をどうにかしようと思います。しかし、本当に大切なのはクレンジングなのです! そのわけと、おすすめ商品をご紹介します。


WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク【後編】

WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク【後編】

WOMeと起業家を応援するメディアcanaeruのコラボ企画。現代を生きるアラフォー女性のリアルについて、WOMe編集長村上とWOMeでラブパートナーシップについて大人気連載中の古山直美さん、canaeru編集部の浜野さんと3者対談が行われました。ズバリアラフォー世代の3人が語るアラフォー女性の本音とは?





よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター