もう一度ラブラブに♡ 彼との関係修復に効果的な驚きの方法とは?【大人のラブ♥パートナーシップ#13】

もう一度ラブラブに♡ 彼との関係修復に効果的な驚きの方法とは?【大人のラブ♥パートナーシップ#13】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。パートナーとの関係修復を望んでいるけれど、どうしたらいいかわからない。もう彼とは終わりなの? いいえ、まだやれることはあります! 私は今の夫と離婚話が出て最悪な雰囲気になった後に、ラブラブに戻った実体験があります(笑) 今回は、実際に効果があった方法を伝授しちゃいます!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

百害あって一利なし? こじれたパートナーシップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそも、こじれたパートナーシップはお互いにとって百害あって一利なしです。家の中の殺伐とした空気は、気分を悪くし、全身が固くなり、健康にも最悪です。パートナーシップがうまくいっていないと仕事にも悪い影響が出てきますし、浮気につながりやすく、様々な問題行動が起きやすくなります。もし子どもがいれば、子どもは大人が思うより敏感に両親の不仲を感じています。

両親の仲が悪い家庭で育つ子どもは、そうでない子に比べて、自己愛が低く、不安定で問題行動を起こす傾向が強くなると言われています。もう一度、パートナーと愛にあふれた関係を取り戻したい。そう思っている方にぜひ実践してほしいこと、それは…

パートナーへの期待値を100から60に下げる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、ここから。

私たちはついつい、理想とするパートナー像や、結婚に縛られています。
夫とは妻とはこうあるべき、結婚とはこうであるべき、という期待値が高ければ高いほど、それを叶えてくれないパートナーのことが許せなくなっていきます。しかし、自分の期待値を完璧に上回る相手なんて、この世にはまずいません(笑)

そうです、期待値が高い人は、誰とパートナーになっても、長続きせず、別れを繰り返してしまうのです。
そこで、100ある自分の期待値を、60まで下げていきます。

お金のこと、生活態度、自分への態度、育児や家事、セックスのこと。色々と許せなかったことも、期待値が高すぎたかもしれません。

隣の芝生は青く見えるとも言いますが、パートナーが期待していた人と違ったというのは、よくある話です。パートナーの悪い面を見ようと思えばいくらでも見えます。でも、反対にパートナーが与えてくれている、いまの生活でよい面もあるはずです。家やお金などの目に見えるものはもちろん、目に見えないことも含めて。

過去のアレコレを水に流す「逆に良かった」理論

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

過去にこんなことを言われた、こんなことをされた…と過去のアレコレを持ち出して、「どっちが正しいか!」と戦うのは、もうやめましょう。そんなことをして、パートナーの心が戻ることは永遠にありません。

過去のアレコレはお互い様、というスタンスがとても大切です。清廉潔白、聖人君子のような人はいません。
色々あったけど、過去は水に流してやり直そうよ、という気持ちが大切です。

過去の嫌な出来事はすべて「逆に良かった」と言う癖をつけてみてください。不思議と気持ちが晴れていきます。

夫婦円満協会 代表理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

結婚しても、子どもが産まれても、家庭内で自立できずにこちらに負担をかけてばかりの「長男」と化している夫。まるで大きな子どもが増えたようで、家事も育児も手伝ってもらえずに苦労ばかり…。そんな長男をきちんと成人させるには、とにかく「自分のことは自分でやらせる」ことで責任感を持たせます。


離婚する?ちょっと待った!仮面夫婦のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #39】

離婚する?ちょっと待った!仮面夫婦のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #39】

心の通い合わない夫・・・このまま仮面夫婦を続けるくらいなら、いっそ離婚した方が楽になれるかも。そう思う妻は多いでしょう。仮面夫婦は確かにデメリットの方が目立ちますが、それでも離婚は避けた方が良い場合もあります。離婚してから後悔しても後の祭り、踏み留まる勇気も大切です。


子連れ再婚が叶う!? シングルマザーの出会いの場所とは?

子連れ再婚が叶う!? シングルマザーの出会いの場所とは?

シングルマザーが珍しくなくなった現代の日本。子連れ再婚を願っている人も多いことでしょう。しかし、仕事や育児に忙しい毎日。いったいどこへ行けば出会いはあるの? そこで、もしかしたら恋が始まる場所になるかも!?  というスポットを紹介します。


夫の浮気が発覚!即離婚⁉ まずは冷静に考えて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #1】

夫の浮気が発覚!即離婚⁉ まずは冷静に考えて【離婚を考えた時知っておくべき知識 #1】

それまで自分は無関係と思っていたのに、ある日突然夫の浮気が発覚し、平穏な日常がいとも簡単に崩れ去る。妻として、女としての力が足りないばかりに、子供たちに申し訳ない。食事ものどを通らず、一つ一つの呼吸さえ苦しい。離婚? 修復? という人生重大な決断を前に、途方に暮れた女性にお読みいただいて安心していただきたいです。


アラフォー本気婚活! 『結婚相談所サンマリエ』 ドキドキ体験レポート ~前半~

アラフォー本気婚活! 『結婚相談所サンマリエ』 ドキドキ体験レポート ~前半~

結婚相談所って聞いたところはあるけれど、実際足を運ぶには未知の世界すぎてちょっとドキドキしてしまいますよね。そんなアラフォーシングルさんを代表してWOMe読者の婚活中Hさんと編集部で結婚相談所サンマリエさんに伺って無料カウンセリングを体験してきました! ドキドキワクワクのレポートをどうぞ♪


最新の投稿


いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

今、高視聴率のドラマが話題になっても、「いやいや、あの頃のドラマの衝撃に比べたら…」と感じているアラフォーは多いはず! 今回はタイプの違うなつかしドラマ3選をピックアップ! いろいろな意味でハラハラドキドキした作品たちです!


ちょっと肌寒い!という時に超便利♡ ユニクロ#リブワイドスリーブセーター

ちょっと肌寒い!という時に超便利♡ ユニクロ#リブワイドスリーブセーター

季節の変わり目にちょうどいいリブ編素材です♪ ふんわりシルエットなので、今っぽいスタイリングがキマります! さらりとした肌触りですので、着心地も最高ですよ♡


「女性にも加齢臭」があるっていうけど本当ですか?【本気で始める美容・エイジングケア#6】

「女性にも加齢臭」があるっていうけど本当ですか?【本気で始める美容・エイジングケア#6】

「女性にも加齢臭がある」って聞いたことはありますか? 脂くさいエイジング特有のニオイは、ミドルエイジ以降の男性だけのものではありません。私、時短美容家の並木まきが、アラフォーを過ぎたら考えたい女性の加齢臭事情とその対策についてお伝えします。


洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

洗った気になってない? スキンケアで最も大切なのは〇〇〇【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#02】

肌の調子が整わないとき、多くの人は美容液をつけたりクリームを変えてみたりして、「上からつけるケア」をどうにかしようと思います。しかし、本当に大切なのはクレンジングなのです! そのわけと、おすすめ商品をご紹介します。


WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク【後編】

WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク【後編】

WOMeと起業家を応援するメディアcanaeruのコラボ企画。現代を生きるアラフォー女性のリアルについて、WOMe編集長村上とWOMeでラブパートナーシップについて大人気連載中の古山直美さん、canaeru編集部の浜野さんと3者対談が行われました。ズバリアラフォー世代の3人が語るアラフォー女性の本音とは?





よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター