もう一度ラブラブに♡ 彼との関係修復に効果的な驚きの方法とは?【大人のラブ♥パートナーシップ#13】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
もう一度ラブラブに♡ 彼との関係修復に効果的な驚きの方法とは?【大人のラブ♥パートナーシップ#13】

もう一度ラブラブに♡ 彼との関係修復に効果的な驚きの方法とは?【大人のラブ♥パートナーシップ#13】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。パートナーとの関係修復を望んでいるけれど、どうしたらいいかわからない。もう彼とは終わりなの? いいえ、まだやれることはあります! 私は今の夫と離婚話が出て最悪な雰囲気になった後に、ラブラブに戻った実体験があります(笑) 今回は、実際に効果があった方法を伝授しちゃいます!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

百害あって一利なし? こじれたパートナーシップ

Getty logo

そもそも、こじれたパートナーシップはお互いにとって百害あって一利なしです。家の中の殺伐とした空気は、気分を悪くし、全身が固くなり、健康にも最悪です。パートナーシップがうまくいっていないと仕事にも悪い影響が出てきますし、浮気につながりやすく、様々な問題行動が起きやすくなります。もし子どもがいれば、子どもは大人が思うより敏感に両親の不仲を感じています。

両親の仲が悪い家庭で育つ子どもは、そうでない子に比べて、自己愛が低く、不安定で問題行動を起こす傾向が強くなると言われています。もう一度、パートナーと愛にあふれた関係を取り戻したい。そう思っている方にぜひ実践してほしいこと、それは…

パートナーへの期待値を100から60に下げる

Getty logo

まずは、ここから。

私たちはついつい、理想とするパートナー像や、結婚に縛られています。
夫とは妻とはこうあるべき、結婚とはこうであるべき、という期待値が高ければ高いほど、それを叶えてくれないパートナーのことが許せなくなっていきます。しかし、自分の期待値を完璧に上回る相手なんて、この世にはまずいません(笑)

そうです、期待値が高い人は、誰とパートナーになっても、長続きせず、別れを繰り返してしまうのです。
そこで、100ある自分の期待値を、60まで下げていきます。

お金のこと、生活態度、自分への態度、育児や家事、セックスのこと。色々と許せなかったことも、期待値が高すぎたかもしれません。

隣の芝生は青く見えるとも言いますが、パートナーが期待していた人と違ったというのは、よくある話です。パートナーの悪い面を見ようと思えばいくらでも見えます。でも、反対にパートナーが与えてくれている、いまの生活でよい面もあるはずです。家やお金などの目に見えるものはもちろん、目に見えないことも含めて。

過去のアレコレを水に流す「逆に良かった」理論

Getty logo

過去にこんなことを言われた、こんなことをされた…と過去のアレコレを持ち出して、「どっちが正しいか!」と戦うのは、もうやめましょう。そんなことをして、パートナーの心が戻ることは永遠にありません。

過去のアレコレはお互い様、というスタンスがとても大切です。清廉潔白、聖人君子のような人はいません。
色々あったけど、過去は水に流してやり直そうよ、という気持ちが大切です。

過去の嫌な出来事はすべて「逆に良かった」と言う癖をつけてみてください。不思議と気持ちが晴れていきます。

夫婦円満協会 代表理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


その言動が夫の浮気を誘う!?  妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

その言動が夫の浮気を誘う!? 妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

夫婦として長い時間をともにする結婚生活。慣れてしまうと、つい夫の前での言動も気が緩みがちになりますが、妻として夫の心が離れないような心構えは忘れたくありませんね。あまりにだらしないと、夫の中に浮気心が湧くことも。どんな姿がNGなのか、また夫にも努力を促すにはどうすれば良いか、具体的にご説明します。


夫が育児に参加するとこんなにメリットが!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #49】

夫が育児に参加するとこんなにメリットが!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #49】

夫にも育児に参加して欲しいけど、いちいちお願いするのもストレスだし、自分でやる方が楽。そう思う妻は多いでしょう。ですが、子育てをふたりで頑張ることこそ、夫婦としての絆も強まって浮気防止にもつながります。夫をその気にさせるなら、ズバリ「褒めて伸ばす」が正解。夫を育児に参加させるメリットについてご紹介します。


不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望を持っていますか? 不倫願望って透けて見えるものです。セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行っても不倫ではなくセーフだと思っていますか? 実際に不倫はしないけど雰囲気だけを楽しみたいと思っても、奥底にある不倫願望を男性は見逃しません。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるために不倫願望をほかに向けることを考えましょう。


親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

結婚して子どももできて、家族みんなが末永く幸せに暮らす。子の親としての顔、夫の妻としての顔、いろいろあって疲れてしまう。どうしても子どもを優先しがちな暮らしでも、役割にこだわらず親以外の自分を出していくことで、バランス良く過ごすことができます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google