秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア | 大人のワタシを楽しむメディア
秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア

秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア

ギラギラした太陽、夏休みに旅行に海に……と夏を満喫していますか? 季節を問わず行う紫外線対策は今やマスト。日焼け止めはこまめに塗り直して、外出中は日傘や長袖で防御と気を使っていても、実は普段の食事でその効果は半減しているかも⁉ 体の内側から紫外線対策をして、強い日差しに負けない美肌ケアが大切です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

紫外線、浴びると体の中では何が起きているの?

Getty logo

紫外線対策を年中行っていても、完璧に紫外線を避けて過ごすのはとても難しいもの。だからこそ、特に夏は紫外線対策や浴びたあとのケアはとても重要です。
アンチエイジングにアンテナを張っているなら聞き覚えのある言葉、「活性酸素」。体内で活性酸素が発生する理由は、たばこや激しいスポーツ、ストレスなどさまざまですが、紫外線も活性酸素の発生原因のひとつと言われています。

細菌を取り除き、免疫機能の一部として働くなど良い働きもしてくれる活性酸素ですが、過剰発生すると、体内の細胞を酸化させてしまうのです!
体内が酸化すると、老化・シミ・シワ・そばかすや動脈硬化などの原因になるのだとか!
シミやシワは美肌の大敵! 日常の紫外線ケアは怠らず、活性酸素に対抗する抗酸化物質を体内で作る食事で内側からもアプローチすることが大切です。

美肌にもアンチエイジングにも、キーワードは抗酸化!

Getty logo

酸性を防ぐために大切なのは、酸に抗う“抗酸化”。酸化して体の中がサビついてしまう前に、抗酸化作用のある食べ物で紫外線対策を行いましょう。
抗酸化作用のある栄養素はビタミン! 中でも新陳代謝を高めるビタミンB、活性酸素を排出するビタミンC、細胞膜を守り血行促進効果もあるビタミンE、健康的な皮膚や髪、爪などを成形するビタミンA(β–カロチン)を積極的に摂取するのがポイント。

手軽に摂るおすすめの方法は、ビタミンAの豊富な緑黄色野菜に、ビタミンBが豊富な卵や乳製品、ビタミンCが豊富なじゃがいも、そしてビタミンEが豊富な卵・マーガリン、これらをミックスした具沢山オムレツはいかが?

そのほか、おやつにはスイカ(ビタミンA)を食べてむくみを予防したり、ビタミンEが豊富なアーモンドをチョイスして良質な脂質を摂取するのも美肌にはGOOD! とくに、アーモンドは冷え性対策にも良いとされているので、冷房で知らずしらずに体が冷えがちな夏にはぴったりの食材なんです。

第7の栄養素、ファイトケミカルは紫外線対策の強い味方!

糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素。そして第6の栄養素として挙げられる食物繊維に続き、近年注目を集めているのが、第7の栄養素として位置づけられているファイトケミカル(フィトケミカルと呼ぶことも)です。

植物も紫外線による参加や虫などの外的から身を守る必要があるため、ファイトケミカルと呼ばれる栄養素を作り出しているのです。約1000種類程度のフィトケミカルが発見されていますが、実はその種類は1万種を超えるのではないかという説も!

中でも紫外線対策にぴったりなのが、赤い色素であるリコピン。トマトやスイカなどに含まれ、非常に強い抗酸化作用を持つと言われています。

また、最近の研究でトマトを加熱調理することでリコピンの体内吸収・蓄積が明らかに! 食欲が減退しがちな暑い時期、よく冷やしたラタトゥイユやスペイン料理でおなじみのガスパチョで疲れた胃腸をいたわってあげるのもいいですね。

朝のフルーツ、実は美肌の敵になるかも!?

Getty logo

朝はグリーンスムージーや果物をたっぷり食べてビタミン補給! なんてことはありませんか? 胃腸を休め、排泄効果を高めるには◎ですが、使う食材によっては、紫外線による肌ダメージをアップさせてしまうこともあるので注意が必要です。

活性酸素を排出してくれるビタミンCですが、レモンやオレンジ、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘類はビタミンCと同様にソラレンという成分も多く含まれているのです。このソラレン、光毒性物質と呼ばれ、紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与えてしまうと言われています。ソラレンを摂取することで、紫外線に対する感受性を高め、吸収しやすくしてしまうという特性を持ち、日焼けしやすい体になってしまうのです。

ソラレンの働きは、摂取してから約2時間でピークを迎え、徐々に衰えた後、7時間程度で落ち着くそう。つまり、朝食にソラレンを含む食材を食べてしまうと紫外線の強い午後まで体内ではソラレンが働いているということに。さっぱりと食べやすい柑橘類ですが、朝食は避け、午後のおやつや夕食時に食べてビタミンCを補給するのが良さそうです。朝にビタミンCを摂るなら、ブロッコリーやゴーヤなど野菜中心にしましょう。

紫外線と戦ったお肌にはアセロラジュースが一押し

Getty logo

日中の強い紫外線と戦ったお肌と体のケアに良いのがアセロラジュース、アセロラの栄養素はジュースにしても壊れにくいため、夕食や睡眠前にぴったりです。

アセロラは、酸化を防ぐビタミンCとファイトケミカルの一種アントシアニンが豊富。アントシアニンもビタミンCも、メラニンの生成を抑える作用を持っているため、色素沈着も防いで美白をキープしたい方にもぴったり。また、アントシアニンは目の健康にも欠かせないとされる栄養素。肌だけでなく意外と紫外線のダメージを受けている目のためにも、アセロラジュースを常備しておいてはいかがでしょうか?



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライター&野菜ソムリエとしてコールドプレスジュース専門店に勤務。美味しいものに囲まれつつ、ヘルシービューティー生活を湘南で模索中

関連する投稿


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


手で年齢がバレる!? アンチエイジング用ハンドクリームでふっくらうるおいのある手肌を手に入れよう

手で年齢がバレる!? アンチエイジング用ハンドクリームでふっくらうるおいのある手肌を手に入れよう

年齢が表れる体のパーツは、顔以外でどこだと思いますか?それは手です。手のハリやシワの感じで年齢はバレますし、意外と人からも見られているんですね。メイクもファッションもバッチリでも、手がカサカサだと台無しです。水仕事の後、お風呂の後、外出時など、手に塗ることができるハンドクリームをご紹介します。


【大友育美のおくすり晩酌#5】若々しく健康に♪ アンチエイジングレシピ

【大友育美のおくすり晩酌#5】若々しく健康に♪ アンチエイジングレシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第五回目は“アンチエイジング”です。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


宮本真知のタロット占い【2月24(月)~3月1日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月24(月)~3月1日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


その言動が夫の浮気を誘う!?  妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

その言動が夫の浮気を誘う!? 妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

夫婦として長い時間をともにする結婚生活。慣れてしまうと、つい夫の前での言動も気が緩みがちになりますが、妻として夫の心が離れないような心構えは忘れたくありませんね。あまりにだらしないと、夫の中に浮気心が湧くことも。どんな姿がNGなのか、また夫にも努力を促すにはどうすれば良いか、具体的にご説明します。


1日1分!40代からの基礎代謝アップのコツ【更年期は人生が輝くチャンス #11】

1日1分!40代からの基礎代謝アップのコツ【更年期は人生が輝くチャンス #11】

「20代は食べても食べても体型が維持できていたのに、今は空気を吸うだけで太る気がします‥」どうしても年齢とともに基礎代謝は下がりがちです。基礎代謝が下がると、カラダに脂肪がつきやすくなるだけでなく、体温が下がり、免疫力の低下にも影響します。そこで、今回は生活の中でも無理なくできる基礎代謝アップの方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google