話題のデュアルライフ、都心で出来るプチデュアルでエナジーチャージ

話題のデュアルライフ、都心で出来るプチデュアルでエナジーチャージ

都会で働き、田舎で暮らすなど、ふたつの場所を謳歌する、そんなデュアルライフを満喫する人たちが最近増えているそう! 聞いたことはあるけれど、デュアルライフっていったい何? どうやって実現するの? 憧れる気持ちはあるけれど、完璧なデュアルライフは難しい!でも大丈夫。今の住まいでできる、プチデュアルライフをご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

都市と地方のいいとこどり!?デュアルライフって一体なに?

Getty logo

休暇を使って旅行で滞在するのとは異なり、都会と地方の2箇所に生活拠点を持ち行き交うスタイルで二域居住と呼ばれるのが、デュアルライフ。

セカンドハウスなどを持ち、それぞれの場所で継続的な生活を送ります。国内での二域居住というパターンをはじめ、日本と海外でデュアルライフを送るという人もいるのだとか!

実はこのデュアルライフ、国としても推進している側面もありました。少子高齢化が進み、地方の過疎化が急速に進んでいる現在、地方の活性化という意味においても、都市の住民が農山漁村にも同時に生活拠点を持つことで、その地域への誘致や移動となる。などの考えのもと、国土交通省が意見を集める支援情報サイトを開設したこともあったのです!(現在は閉鎖)

家がふたつ=生活コストもアップするけれど…

2箇所に家を持つというと別荘をイメージすることも多いかもしれませんが、同じように都会と地方を行き来するスタイルでも大きな違いは、デュアルライフは地域社会に関わるという部分。そして、それぞれの場所で過ごす時間は千差万別。週末だけ、シーズンだけというスタイルを取り入れることも多いのだとか。

ただ、居住地をふたつ持つということは家賃などの生活コストが一箇所の場合よりも増えるのも事実。都会での張り詰めた気持ちをもうひとつの家で自然に囲まれてリフレッシュ、エナジーチャージをする生活に憧れはあっても、時間やコストのことを考えると、ハードルは高め…。
そんな方には、今の家に少しだけアレンジを加えて出来るプチデュアルライフをおすすめします!

自然に触れる機会を少しだけ増やしてみよう!

Getty logo

デュアルライフの大きなメリットが、都会ならではのさまざまなイベントやトレンドにすぐにアクセスできることでもらえる刺激。一方地方のメリットは都市にはない自然に囲まれることで心身ともに癒されること。オンとオフのメリハリがつくことによって、ストレスを溜め込みすぎず、日々の生活の活力になるでしょう。

都会に住みながら、プチデュアルライフを実践するなら、まずは簡単に“光”という自然に触れることからスタート。体のリズムを作るためにも、朝起きたらカーテンを開け、ついでに窓も開けてその季節の光や風、香りなどを全身で感じてみましょう。そして外出中もその場所で自然を見つけてみたり、夕焼の時間には空を眺め、暗くなりはじめたらその日の月の形をチェックしてみる。時間を問わず人工的な光に囲まれることの多い都会だからこそ小さな自然や太陽や月を意識することで、ほっとひと息つける時間がもてるかもしれませんよ。

インテリアを選ぶ基準は、心地よさを感じるかどうか

毎日の生活で自然をちょっとだけ楽しむようになったら、家の中にも目を向けてみましょう。なんだかごちゃっとしていて落ち着かないな…。

そんな風に感じたら、自分にとって心地よい空間を思い浮かべるところからスタート! もちろん、好きな物に囲まれている生活はとっても楽しいものですが、忙しい日々でなんとなく散らかってしまったり、それにイライラしてしまったら本末転倒。毎日帰ってくる家で小さなストレスが溜まってしまうなんて、とってももったいないですよね。

都会の家でデュアルライフ気分を味わうなら、家の中をとことん心地よく感じられる場所にしましょう。寝心地の良いベッドやコンフォタブルなソファ、など1日のうちで過ごすことの多い場所は見た目だけでなく、心身ともにくつろげるものを選んでみて。体の疲れをきちんとリセットできるかどうかは、プチデュアルライフのポイントです。

リラックスできる家の中に、自然を感じる要素をプラス

Getty logo

都会の家で出来るプチデュアルライフ。最後の仕上げは、家の中にも自然を感じるアイテムをプラスして、リラックス効果を得ること。

草花や動物、雄大な大自然の絵や写真など身近な場所に自分が眺めて心安らぐアイテムを取り入れて。もちろん観葉植物を飾ったり、お出かけついでに花を買って飾るのもいいですよね。

目で見えるものだけでなく、音も自然を感じるプチデュアルライフには大切な要素です。波の音や木々のざわめきなどさまざまな音から得られるヒーリング効果を味方につけちゃいましょう。
自然を意識する生活を送ってみること、それが都会でできるデュアルライフ。二域居住は難しくても、今の家でリラックス&エナジーチャージすれば、毎日がずっと楽しくなりますよ!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライター&野菜ソムリエとしてコールドプレスジュース専門店に勤務。美味しいものに囲まれつつ、ヘルシービューティー生活を湘南で模索中

関連する投稿


勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


難しく考えないマインドフルネス瞑想【大人のマインドフルネス入門#4】

難しく考えないマインドフルネス瞑想【大人のマインドフルネス入門#4】

マインドフルネスでは「瞑想する」という言葉をよく使いますが、瞑想は難しいものではありません。誰でもすぐにできるし、日常に取り入れることで毎日が楽しくなるものなのです。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(最終話)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(最終話)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんななか会社の後輩・新垣との距離がグッと縮まるできごとが。苦しい過去を共有する同士の女優・井本飛鳥に出会ったことで百合はまた新たな心のステージを迎える…。


ワンオペ育児 夫と一緒にいる意味がわからない【夫婦問題お悩み相談室 #6】

ワンオペ育児 夫と一緒にいる意味がわからない【夫婦問題お悩み相談室 #6】

昔は、専業主婦として家事や育児に専念する妻が多かったのですが、いまは共働き世帯が大半を占めるようになりました。そこで問題となってくるのが、家事育児の負担です。不公平感や疲労がたまり、不満が蓄積しがちです。今回は、多忙ですれ違いが続き、夫婦でいることの意味まで考えるようになってしまった妻からの相談です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター