最近ご無沙汰… 愛情あふれるセックスを取り戻す方法 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #34】

最近ご無沙汰… 愛情あふれるセックスを取り戻す方法 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #34】

1週間に1度だったセックスが、10日に1度、ついに2週間何もない…。「このままじゃセックスレスになる!」 と感じたときは、早めに手を打って夫の心を引き戻しましょう。その時は、まずスキンシップの気持ちよさを実感してもらうのがポイント。愛情あふれるセックスをふたたび楽しめるように、リラックスできる時間を用意しましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

セックスから遠ざかった理由を考えてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日同じ屋根の下で暮らしていても、仕事をしていたりと夫婦それぞれ過ごす時間は違います。妻がいつも通りだと思っていても、夫の方に何かあったりメンタルに変化が起こると、些細なきっかけでもセックスから遠ざかるきっかけになります。夫が元気でも妻が疲れていて拒否してしまい、何となく誘いづらくなるパターンも多く見受けられます。

このままではセックスレスになる、と感じたときは、まずどうしてそうなったかを考えてみましょう。自分はその気だけど夫の方に元気がない、喧嘩してしまってそのままイチャイチャする雰囲気じゃなくなったなど、どこかでセックスから遠ざかる理由があるはずです。

理由を明らかにしておくのは、相手を責めないため。「どうしてしなくなったの?」などと妻に言われることは、男らしさの減少を指摘されるようで夫のプライドを大きく傷つけます。原因を夫に求める姿勢はタブー。自分なりにきっかけを考えることで、改善できる部分を見つけましょう。

原因を改善しないとレスは止まらない

例えば、何となくお互いがその気になれなくて…というときでも、必ずセックスレスには原因があります。夫を誘ったけど疲れを理由に拒否されてしまい、その後のフォローがなかったり、仕事や家事が忙しくてセックスを楽しむ余裕がないまま夜は寝るだけの日々を過ごしていたり、気持ちのすれ違いがきっかけになることは多くの夫婦に見られます。

喧嘩したなど原因が明らかなときも同じで、セックスレスを止めるには問題を改善する必要があります。お互いに性欲を感じ、愛し合うためには心のわだかまりをなくすことが重要。忙しさや疲れが原因で夫の相手をできなかったとわかっているときは、「やっと落ち着いたから、あなたに甘えたくなっちゃった」など「寂しい思いをさせてごめんね」という気持ちをこめた一言があると、夫の方も抵抗なくあなたを受け入れることができるでしょう。

避けたいのは、「レスを解消したいから仲直りする」ような意図が見えてしまうこと。家事の分担が原因で喧嘩してしまい、そのままセックスしなくなっているのに、とりあえず問題は置いてセックスだけを再開したがるような姿は夫のストレスがさらに増すことになります。心を開いて愛し合うのがセックスです。つまずいた部分はきちんと解決したいという姿勢を見せ、関係の修復からふたりで取り組んでいくのがセックスレスの解消につながると思いましょう。

何よりもリラックスできる時間を心がける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

改めてお互いがセックスを楽しみたいと思っても、照れや恥ずかしさがあると、なかなかそんな気持ちを表に出せないというときがあります。夫婦だとなおさら、妻を求めている自分を今さら見られるのは抵抗があるという男性も多いでしょう。スムーズにセックスを再開するには、セックスそのものよりもリラックスできることをまず目標にします。

いきなり大胆な下着で迫られたり、性的な空気を妻から感じても、夫に心の準備ができていなければ受け止めることができません。肩の力を抜いてふたりきりの時間を過ごすこと、くつろいで愛情を解放できる空間を目指しましょう。

脇役を使いこなす

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

例えば、お酒を飲む夫婦なら好きな銘柄を寝室に持ち込んでみる。そのときは、少しオシャレなグラスで特別感を出します。それだけでもテンションが上がりますよね。お酒じゃなくても、夏場なら冷やしたミネラルウォーターを氷と一緒に用意したり、冬ならあたたかいカフェオレなど、飲み物は体の緊張をほぐすために積極的に使いたいもの。

ベッドカバーやシーツを新しいものと取り替える、観葉植物を枕元に置いてみるなど、視覚に変化を出すのも新鮮さを取り戻すために有効です。手触りの良いパジャマを用意するのも体に触れるきっかけになって良いですね。

アロマなどは、夫が好きでないと逆にやる気を削ぐことにもなるので注意が必要ですが、結婚する前に夫が好きだった香水を少しだけ体につけてみるなど、香りで興奮を誘うのも手です。

脇役を上手に使いこなすことで、以前と違う雰囲気を出すことができます。よりスキンシップの快感を深めるためには、リラックスした状態から始めることが肝心です。お互いの好きなもの、心地よいものを用意して、幸せな時間を共有しましょう。

セックスレスを防ぐには、まず離れかけた心を戻すこと、そして改めてセックスを楽しめる時間を用意することが欠かせないステップです。気負いすぎるとお互いにセックスがプレッシャーになるので、キスやハグなどの軽いスキンシップを重ねて触れることのハードルを下げておくのもおすすめ。何よりも愛情を出し惜しみしないことが、セックスレスにならない近道だとも言えます。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもが誕生すると、夫婦二人だけの生活から一変します。父親も母親も愛する子どもの成長を見守る気持ちは同じはずなのに、夫婦の意見が違うことで言い争いに発展することもよくあります。今回は、子どもの教育方針を巡って、夫婦で意見が食い違うと悩むアラフォー妻からの相談です。


40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

いよいよ恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の新連載がスタートします!夫婦問題で数々のご著書もある三松先生にWOMeで執筆していただくにあたり、やはりここを語っていただくしかない!と、【40代からの夫婦の寝室事情】について踏み込んでもらうことになりました。第一回目は「40代は女ざかり!」という心強い内容です。


離婚が頭をよぎったら知るべきこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#01】

離婚が頭をよぎったら知るべきこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#01】

3組に1組が離婚しているという日本。アラフォーで離婚を意識し始めたのなら絶対にしてはいけないのは“勢いでしてしまうこと”。きちんとかしこく離婚をすることで自分や家族を守ることにもなるのです。弁護士の中川先生にかしこく離婚する方法について教えていただく連載のスタートです!


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


「やっぱり男って結局、若い子がいいの?」年の差婚に対する男のホンネとは?【神崎桃子の恋愛指南 #26】

「やっぱり男って結局、若い子がいいの?」年の差婚に対する男のホンネとは?【神崎桃子の恋愛指南 #26】

「結局男って若い子が好きなんでしょう!」なんて憤慨している40代女性の皆様。果たして本当にそうなのでしょうか? 体験型恋愛コラムニストの神崎桃子さんが新年からしっかりその辺の事情について語ってくださいました!


最新の投稿


悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#4】

悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#4】

日常生活で嫌なことや悩みができると、ぐるぐると頭の片隅に残ってしまうことってありますよね。うまく切り替えができればいいですが、なかなかそうはいきません。今回は、そんな女性のお悩みをロジかわで解決します!


【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

WOMe編集部が気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】。こんにちは編集デスク和氣です。今回は人気イラストレーター松尾たいこさんの著書を読んで感銘を受けご本人にインタビューしてきました! こんな風に年齢を重ねたいと思う素敵な大人の女性、松尾たいこさんのお話し後半です。


宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター