え?!何このシワ…いつの間に?出来やすい部分には早めの対策を

え?!何このシワ…いつの間に?出来やすい部分には早めの対策を

シワができてしまうと、それだけで見た目年齢が上に見えてしまいますよね。顔の印象まで変わってしまう厄介な肌悩みですので、徹底対策していきたいものです。特にに40代頃になると多くの方が悩ンでいるのではないでしょうか。そんなシワについての対策方法を紹介していきます。


特にシワができやすい部分

顔の中でも、特にシワができやすい部分。それは、目元と口元です。

この部分は皮膚が他の部分に比べて薄く、とてもデリケート。乾燥しやすく、潤いが不足してしまうことで、様々な肌悩みが起こってきます。しかも、表情を作る度によく動かす部分でもあるため、表情じわなどの悩みも起こりやすいですね。
 
さらに、メイクによる刺激も重なるので、余計ダメージを与えてしまいます。目元や口元はポイントメイクなどでクレンジングの際にもゴシゴシこすってしまいやすいのです。
 
40代になると、一気に顔の印象が変わってくるのも、目元・口元の変化によるところが大きいですね。

つまり、逆に言えば目元と口元の対策を徹底していくことで、見た目年齢を若々しく維持することも可能というわけです。この2つの部分を特に重点的にケアするよう、毎日のスキンケアや生活習慣で注意していきましょう。

40代からのシワ対策にはまず保湿の徹底

40代からの見た目年齢の印象を大きく左右するシワ。これに対策していくために、まず重要なのが保湿ケアです。

乾燥した状態のお肌では、柔軟性が失われ、例えば表情じわが入った時にも、すぐに元に戻らなくなってしまいます。これが、表情じわが深く刻まれたままになってしまう大きな原因です。

ですが、潤いに満ちた状態のお肌であれば、柔軟性があるため、笑顔などでシワが入っても、すぐに元通りに復元されます。そのため、特に乾燥しやすい目元や口元には、徹底的に保湿ケアをしていくことが重要なのです。
 
年齢とともにお肌の潤いを維持する機能も低下してきますので、その点からも、保湿という対策がいかに大切か、よく分かりますね。


【40代におすすめの保湿方法】
顔全体に化粧水をたっぷりとパッティングしながら、特に乾燥しやすい目元や口元には、化粧水をたっぷり含ませたコットンを5分ほど置いてよく馴染ませます。さらに乳液やクリームを使って、潤いをしっかり閉じ込めるようにケアしましょう。

シワの対策には表情筋を鍛えることも大事!

シワの対策には、保湿ケアを徹底していくことも大切ですが、もう1つ、忘れてはならないポイントがあります。それは、内側のケアです。

例えば、表情筋というのは、お肌を支える大切な役割を果たしており、これを鍛えておくことでシワが起こりにくくなるというメリットがあります。

ですが、体の筋肉が年齢と共に衰えてしまうのと同様に、顔にある表情筋も鍛えなければ徐々に衰えてしまいます。つまり、表情筋をしっかり鍛えるよう、普段から心がけていくことが大切なのですね。
 
表情筋は、普段の生活ではなかなか使用しない部分ですので、意識的に動かす必要があります。鏡の前で大きく口を開きながら、「あえいうえおあお」と発声練習をしてみると、しっかり鍛えることができます。

また、口を閉じた状態で舌を、歯の表面をなぞるようにグルグル回すという「舌回し」と呼ばれる方法でも、口周りの表情筋を鍛えることができます。これも、特に40代から気になりはじめるほうれい線の対策に効果的な方法なので、隙間時間で実践してみましょう。

40代から早めの対策でアンチエイジング!

40代になると、途端に気になりはじめるシワ。

まだ深く刻まれていない、「対策すればどうにかなるかも!」というくらいの時期から、しっかりケアをしていくことが大切です。そして、その対策には保湿を重視したスキンケアの徹底と共に、内側からのケアも併せて行うことが大切ですね。

表情筋を鍛える以外にも、例えば食生活や睡眠時間など、生活習慣に気を配ることもインナーケアの1つとなります。お肌の栄養となるビタミンやミネラル、たんぱく質などをバランスよく摂取し、質の良い睡眠をとっていれば、お肌のターンオーバーが促進されます。

そして、お肌の生まれ変わりサイクルが整うことで、シワのお悩みも改善されやすくなるのです。これらのケアはシワだけでなく、シミやくすみ、たるみなど、年齢を重ねるごとに気になり始める顔のお肌のお悩みに嬉しい効果が期待できます。

トータルで美しく、若々しい見た目を維持するためにも、ぜひ、早めの時期から年齢肌をしっかりケアするための心がけを実践していきましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター