顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする? | 大人のワタシを楽しむメディア
顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする?

顔だけじゃない・・・体のシミはどうやってケアする?

シミ対策というと顔に目が行きがちですが、手や足はもちろん、鏡を見ると背中や胸などの体のシミも気になります。とはいえ顔よりも範囲が広く、自分では見えにくい部位もあるため、放置しているという人も多いのでは? ここでは、体にシミができる原因と対策、自宅で簡単にケアする方法から治療法までを紹介します。


紫外線だけじゃない! 体にできるシミの原因とは?

シミとひと口に言っても、シミにも種類があるのは知っていますか?

日常で浴びる紫外線によってできる手の甲や腕のシミ、海水浴やバーベキューなど強い紫外線を長時間浴びてできる背中や肩のシミのほか、ニキビやけが、やけど、摩擦によって炎症を起こした皮膚が色素沈着したシミもあります。

日焼け止めを塗る紫外線対策を習慣化している人も多いと思いますが、実は、日常生活を見直すこともシミ予防に繋がるんです。

日常生活を見直すことでシミを作らない!

ムダ毛処理をした腕や足に、黒い毛穴のようなものが残ったことはありませんか? 

実は、これもシミのひとつ。ムダ毛処理をした後の皮膚は毛穴が開いた状態のため雑菌が入りやすく、炎症を起こしてしまいます。冷たいタオルなどで冷やして毛穴を引き締めた後、しっかりと保湿することが大切です。

胸やウエスト、お尻などにできるシミは、下着の締め付けによるもの。体の中でも皮膚の薄い部分は特に刺激を受けやすく、結果として色素沈着を起こしてしまいます。下着は必ず試着し、自分の体に合ったサイズのものを身に着けましょう。

また、体を洗う時、つい力を入れてゴシゴシとこすってしまうことはありませんか? これもシミを出現させる原因となります。顔を洗うようにやさしく、素材は化学繊維などのタオルよりも、綿や絹などの天然素材を選ぶのが〇。

顔よりもケアしにくい体のシミ。自宅で簡単にできるセルフケアとは?

美白クリームなど、体専用のケア商品も豊富な時代ですが、値段を見て諦めたり、値段が高いからと使う量を節約してしまったり…なんてこともありますよね。

おすすめなのは、ドラッグストアなどで売っているプチプラの化粧品。ビタミンC誘導体や美白成分が含まれている化粧水や美容液なども、値段を気にせずにたっぷり使えます。値段が安くても優秀な化粧品が増えているので、試す価値はあります。

体の外側からだけではなく、内側からもケアするならサプリメントが効果的。美白成分はもちろん、お肌の新陳代謝を促してシミの原因であるメラニンを輩出する成分や、飲んで日焼け止め効果が期待できるサプリもあります。飲むだけで全身のシミ対策ができるのはうれしいですよね。

また、栄養バランスの良い食事と十分な睡眠、ストレスを溜めないことも、シミ対策の大切なセルフケアにつながります。

クリニックでできてしまった体のシミを消す!

セルフケアではどうしても消えないという体のシミは、美容クリニックで相談してみるのも良いでしょう。シミの原因であるメラニンを破壊してシミを消す「レーザー治療」や、今あるシミだけではなくシミ予備軍にも効果のある「フォトフェイシャル」など、自分では判断できないシミの種類や状態によって、適切な治療法を医師がアドバイスしてくれます。

また、市販されているものよりもさらに効果の高い化粧品や医薬品の処方も受けられるのも魅力です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連するキーワード


シミ セルフケア 紫外線

関連する投稿


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

いつの間にか腕にシミが出始めている…特に日焼けをした覚えがなくてもポツポツとシミを見つけるとガッカリしちゃいますよね。時短美容家の並木まきさんに、手や腕に浮かび上がってきたシミのお手入れ法を教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!WOMe編集部で実際に使ってみました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

結婚して子どもが産まれると、どうしても夫婦の会話は子どものことが中心になります。気がつけば「男女」としての話題を忘れている…なんてことも。家族の話はもちろんするべきですが、ひとりの女性として夫と接する機会を持つなら、女性らしさの演出に凝るよりまずは夫がリラックスできる空間を心がけることが近道です。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #4】ダイエット美肌におススメぬか漬けベスト3!

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #4】ダイエット美肌におススメぬか漬けベスト3!

こんにちは!ぬか漬けマイスターの大湯みほです。20代のころ、太るのが嫌でありとあらゆるダイエットをしてきました。が、現在私はダイエットも運動も特にしていません。寝る前に軽いストレッチ程度です。それはすべてぬか漬けのおかげなんです。その秘密、教えちゃいます♡


宮本真知のタロット占い【1月27日(月)~2月2日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月27日(月)~2月2日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google