アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

最近、アラフォー女性の皆様から「アラフォーにもなって結婚式なんてしてもいいんでしょうか…」という消極的なお声をよく聞きます。結婚式に年齢なんて関係ない! 声を大にして言いたいです。それは結婚式の本質を知ればわかっていただけると思います。安心してくださいね。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アラフォー女性が結婚式に消極的になる5つの理由

「結婚式を挙げる」というだけで、まわりからの視線や期待度が高くて気が重い…と、日取りが決まって準備を進めるうちに、結婚式が嫌でしょうがなくなってきた、と、消極的になるアラフォーの花嫁が増えてきているのは事実です。

理由は、大きく分けて5つあります。

理由:その1
結婚準備が面倒。アラフォーになると職場では中間管理職。毎日朝早くから帰りも遅く時間がない。忙しい中、結婚準備が本当にできるのかなと心配で消極的に。

理由:その2
お金の無駄なのではないか?「結婚式にたくさんお金を使うぐらいなら、海外旅行に出かけるとか、おいしいものを食べるとか、有効なお金の使い方があるんじゃない?」と消極的に。

理由:その3
お互いの実家が遠い。しかも親が高齢で負担をかけたくない。さらに例えばお互いの実家が九州と東京だと、中間は大阪…しかし、縁もゆかりもないから大阪で挙げるのはどうかなと悩む。悩んでいるうちに仕事も忙しいので準備が面倒に。

理由:その4
どちらかの親が片親。少々複雑な家庭環境の場合「結婚式を挙げる」ということが、あまりちゃんとイメージできない。

理由:その5
結婚式=盛大というイメージで苦手意識が。堅苦しいのは嫌だし、たくさんの人を呼びたくない。手間がかからずこじんまりなら式をあげてもいいな、というケース。

結婚式を挙げるべき6つの理由

Getty logo

結婚式に対して消極的な方でもぜひ、結婚式は挙げていただきたいです。いや、むしろアラフォーの皆様こそ、挙げるべきです。

ではなぜ結婚式を挙げたほうがいいのか、その理由を6つご紹介します。

【結婚式を挙げたほうがいい理由:その1】
親御さんに“私たちは、これからふたりで助け合って生きていきます”という姿を公の場できちんと表明する

【結婚式を挙げたほうがいい理由:その2】
お互いの家族との縁を深める唯一の場

【結婚式を挙げたほうがいい理由:その3】
日頃お世話になっている方々へ正式に結婚の報告をすることで社会的な信用が上がる

【結婚式を挙げたほうがいい理由:その4】
一緒に一度の特別な時間。大切な思い出を作ることができる

【結婚式を挙げたほうがいい理由:その5】
互いの愛情を確かめ合える。夫婦の絆が更に深まる

【結婚式を挙げたほうがいい理由:その6】
結婚準備を行うことで互いの家庭環境の価値観をすり合わせることができ、共通認識をもつことができる。

大きく分けるとこの6つに集約されると思います。また、最近は、入籍はしたけれど、ウェディングドレスを着られなかったことに後悔しているという女性も多く、入籍後、数年経って改めて結婚式をするカップルも意外と見受けられます。結婚して何年経っても色褪せることのないパートナーへの愛情を、ゲストの前で誓うことのは、夫婦の絆を再確認できたり、親しい人たちと楽しい時間を過ごすことができる貴重な時間になります。

結婚式当日気をつけるべき3つのこと

結婚式当日

「あまりにも嬉しくてはしゃぎ過ぎた」
「緊張のあまり、つい」
「気の緩んだ、ふとした時」

など、ちょっとした時に思わずうっかりなコトが起こるものです。当日、自身の姿を客観的に見ることが出来る方は少ないでしょう。緊張もしているでしょうし、いろいろな感情がほとばしることでしょう。結婚式当日ですから余裕はなくて当然ですが、恥をかかない為にも新婦が結婚式の当日の立ち振る舞いで気をつけること、をご紹介したいと思います。

【結婚式当日気をつけたいコト】
その1:ドレスを着た時の歩き方
歩く時にはドレスを少しだけ持ちあげましょう。ガッシリと持ってしまうと、ドレスの中のパニエ(スカートを広げる為のドレス用下着)が見えてしまっていることがあります。歩く時はドレスの内側を少し蹴るような感じで、ドレスを払うようにしながら一歩ずつ歩きます。ドレスの内側で少々けっていても、周りからは気付かれません。                                                             

その2:エスコート
エスコートを受けて歩く場合、半歩下がって歩きます。また、新郎やお父様と腕を組む時も腕をガシッと掴まないように気をつけて。腕からあくまでも指先だけを添えるような感じにしましょう。

その3:品よく
メインテーブルなどで一礼する際は「ゆっくりと」「浅く」しましょう。深くお辞儀してしまうと胸元が見えてしまうので要注意。乾杯の際にグラスを持つ時も、指先を揃えて品よく持ちましょう。基本的に「ゆっくりと」「落ち着いて」行えば大丈夫です。

大人のウエディングハイは格別に見苦しい!

Getty logo

ウエディングハイには注意しましょう。ウェディングハイとは結婚することが幸せすぎて、周りのことが目に入らなくなっている状態です。

結婚は一生に一度のことなので、幸せすぎてテンションが上がるのも理解できますが、しかし、ウェディングハイの場合は、最高の結婚式にしようと考えているうちに、いつの間にか自分たちの幸せな姿だけを考えてゲストのことを忘れてしまうことも多いのです。

度が過ぎると「うざい!」と思われ、結婚式が終わったころには友達が一人もいなくなって後悔してしまうことも…。例えば、お色直しの回数が多すぎて、披露宴の時間が長くなるとか、お祝いしたい一心でお金をかけて参列したものの、お足代も宿泊費も出ずにびっくりしたとか、デリカシーが無さ過ぎるブーケトスとか…(独身女性の名前を呼び、参列者の前で「この人たち未婚ですよ」って見せびらかされてるみたいで嫌な人多数)。

結婚式とは本来なら新郎新婦が「これからもよろしくお願いします!」という挨拶をかねて、お世話になった方々をおもてなしする場です。

ところが、最近は「結婚式=花嫁が主役」という考え方や「結婚はおめでたいことだから祝福されて当然」という考え方をするウエディングハイの女性が増えていて、結婚が決まった途端に周囲に迷惑をかける方もたくさんいらっしゃいます。

大人の嗜みとしてそれだけはくれぐれも気をつけてくださいね。

ウエディング&イベントプランナー 葉山 泰子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ウエディング&イベントプランナー 業界19年、プロデュースした実績は1000組以上。国内はもちろん海外イベントも手掛ける。

関連する投稿


アラフォーバツイチがモテる⁉ 男性の本音聞いちゃいました♪【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#26】

アラフォーバツイチがモテる⁉ 男性の本音聞いちゃいました♪【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#26】

バツイチ、つまり離婚歴のあるアラフォー女性。もう恋愛は無理かと思いきや、実は結構モテることがわかりました。ひと昔前なら離婚に対するイメージは悪いものが多かったのですが、現代は離婚も「前向きな選択」として受け入れられています。実際に男性陣に聞いた本音をご紹介します!


怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

「何をしたら結婚できるの?」と何か新しく始めようとする方も多いのですが、ちょっと待って欲しい。“何かを始める”ことより、“何かをやめる”ことの方が効果があるのです。40代で結婚した方がやめた5つの悪習慣をご紹介します。あなたもやっているなら、即やめましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google