仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】

仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】

お互い愛情も関心もないけれど、夫婦という体裁だけは保っている仮面夫婦。30代40代は仕事や趣味で何とか生活はできるけど、その後は? 必ず訪れる老後、仮面夫婦のふたりはどんな人生を送るのでしょうか。実際のケースもご紹介しながら、仮面夫婦のその後についてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「仮面夫婦」のその後

Getty logo

60代を迎えたある夫婦の場合。3人の子どもはそれぞれ成人し無事に就職。きょうだい2人は県外に出ていき、夫婦の元には長女が残りました。どうしても一人暮らしがしたいと少し遠くの町で暮らすことを決めた長女ですが、その引っ越しが終わった数ヶ月後、今度は夫が「嘱託の仕事を得た」という理由で県外に出ていきます。広い家にひとりで残された妻は徐々に落ち込みがひどくなり、夜中まで長女に電話、心配した長女は結局実家に戻りました。

それからさらに数ヶ月後、滅多に実家に戻らない夫は家族から存在を忘れられるようになり、実家では妻と長女がふたりで暮らしています。ですが、恋人ができた長女は週末に家を空けるようになり、ひとりの時間が増えた妻はまた精神的に不安定な状態に。このときも、長女が家で過ごすことを優先して、何とか事態の悪化を防ぎました。

現在も、長女は実家を出られないまま、母親とふたりで生活しています。父親は連絡も滅多に寄越さず、家族が揃う日はなくなりました。

典型的な仮面夫婦だったこのふたりは、子どもたちの独立を機にまず夫が県外に引っ越す、という新しい選択をしました。夫婦の絆は子どもたちだけであり、扶養の必要がなくなれば、ふたりには同じ家で過ごす理由がもうありません。離婚しなかったのは、子どもたちの結婚がまだだったため。両親揃って式に出るのが子どものためと考えるふたりは、それまではあくまでも夫婦という形をとることを決めています。

両親の不仲に気がついていた子どもたちは、就職を理由に実家を離れます。長女だけはそれでも両親が心配で残りましたが、結局自分まで自由を奪われるような形で苦労が続いています。

これは一つの例ですが、愛情のない夫婦という関係を続けることは、少なからず家族にも影響を与えます。子どものために仮面夫婦をやってきたのに、その子どもの人生まで自分たちに縛りつけるような行く末は、ふたりとも願ってはいなかったかもしれません。ですが、夫婦の選択や決断は、どうしても子どもを巻き込んでしまうのです。

子どもの自立をきっかけに変化が起こる

上のケースのように、子どもがいる場合は扶養する必要がある間は離婚しない、という仮面夫婦は多いでしょう。それぞれ経済的に自立できる環境であっても、子どものために夫婦という関係を続けていると、いざ子どもたちが自分の手から離れた後でどう過ごせば良いかわからなくなるのはよくある話です。

子どもが自立した後は夫婦ふたりきりという最初の位置に戻り、改めて暮らしを楽しんでいくのが本来の夫婦の姿。仮面夫婦の場合は、元より愛情がないので一緒の生活を楽しむことができません。なので、別居を始めたり離婚したりと、子どもの自立を機会に新しい選択をするケースは珍しくありません。「熟年離婚」は仮面夫婦の終わりでもあります。

孫の世話など新しい楽しみを見つける

Getty logo

もし別居や離婚を考えずふたりで生活することを選んでも、夫婦でいれば孫の世話ができるなど新しい楽しみを見つけることもあります。離れてしまえば子どもの近況も知ることが難しくなり、夫婦ではなく家族のつながりを優先して仮面夫婦を続ける場合もあるのですね。

子どもがいない夫婦でも、高齢での離婚や別居は世間体が気になったり、「ひとりで孤独になるよりはマシ」などの理由で仮面夫婦をやめられないことがあります。親の介護が大変だから自分の離婚なんて今さら考えないというケースも実際にあります。いずれにせよ、仮面夫婦を続けることには愛情以外の理由がある場合がほとんどです。

愛のある夫婦には戻れない

最初にご紹介したケースもそうですが、子どもがいる家庭でも、仮面夫婦を長く続けることでプラスの変化がある可能性は低いのが現実です。夫婦そのものの関係より家庭での役割ばかりに専念してしまい、愛情を取り戻すきっかけも、その動機も見つけることが難しくなります。

また、ふたりの間に愛がないことは、必ず子どもにも伝わります。それが家庭内の空気を悪化させることもあるし、機能不全家族と呼ばれる崩壊した家庭を招くこともあります。本来の笑い声あふれる家庭からはどうしても遠ざかってしまうのが、仮面夫婦の行く末です。

老後は必ず訪れます。そのとき、一番信頼できるはずの配偶者が最も遠い存在であることは、やはり正常な夫婦とは言えません。そう多くない選択肢の中でどう残りの人生を過ごすかが、仮面夫婦の課題でもあります。

そんな老後を避けるためにも、いま仮面夫婦の疑いがあるなら早めに手を打つことも、自分の人生を大切にする姿勢の一つだと言えます。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

結婚生活が長くなり、夫婦という役割に馴染んでしまうと、日々の過ごし方にマンネリを覚えることがあります。 たまには子どもを預けて、夫婦ふたりでデートする時間を持ちましょう。恋人のころのような新鮮さをふたたび味わうことで、改めて相手への愛情に気がつくきっかけとなります。 夫婦で楽しむおすすめのデートをご紹介します!


なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

どんな夫婦でも、望んで仮面夫婦になるわけではありません。 仮面夫婦とは「互いの無関心」が長い間積もってでき上がってしまった形。それは、すれ違いから始まります。 具体的にどんな原因で仮面夫婦になってしまうのか、また予防するにはどんな策が有効なのか、見てみましょう。


離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

「仮面夫婦」と聞くと、思わずドキッとする人もいるかもしれませんね。夫婦仲が冷めている、お互いに関心がない…。 既に夫婦として破たんしているつながりでありながら、離婚せずに生活をともにしている状態とは、どういうものなのでしょうか。その実態とリアルをご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google