アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で | 大人のワタシを楽しむメディア
アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


一緒に過ごす時間だけが友情のバロメーターになっていない?

人が友達をつくるきっかけの多くは、同じ学校、同じバイト先、同じ職場、同じ習い事などで、特別に会う約束をしなくても一緒に時間を過ごすことができたからだったのではないでしょうか。しかし、フルタイムで働く女性なら土日、専業主婦なら平日の昼間など、自由に使える時間は違います。つまり、学生時代の友達関係とは違い、「好きだから」「楽しいから」という理由でいつもべったり一緒にいるわけにはいきません。いくら好意をもっていても、なかなか会えないのは当たり前。大人の付き合いは、会う時間の長さや回数では測れないのです。

これは学生時代からの友達にもいえること。例えば、1年に1回しか会わなかったり、年賀状でのやり取りしかなかったりしても、それが友情の強度と比例しているわけではありません。むしろ、会っていないのにお互いの心の中に相手がいたり、年賀状だけでもつながっていたいと思われている存在であることこそ、友情が続いている証しだと思いませんか。

SNSやメールがスルーされてもいちいち気にしない

Getty logo

最近は、連絡先を交換するとなるとLINEのIDを交換することが多いですよね。となると、気になってしまうのが“既読スルー”。

「変な内容を送ってしまったかな?」「あのスタンプを送るのはふざけすぎたかな?」と思ってしまうことはありませんか? 

しかし、自分に置き換えてみるとよく分かりますが、送ってきた内容にいちいち腹を立てることってめったにありませんよね。単純に忙しくて返信できなかったり、もともと即返信をするタイプの人じゃなかったり、というケースがほとんどなのではないでしょうか。“既読スルー”されることにいちいち怯えないで、ちょっと能天気だと思われるぐらいにのんきにメッセージは送りましょう。そんなあなたのおおらかさは、相手の心をほぐして打ち解けさせてくれるはずですよ。

ただし、それほど親しくないのに、相手のことを根掘り葉掘り聞きたがったり、踏み込んだことをメールするのは厳禁なので注意しましょう。

求められるのはメールの頻度より礼儀と配慮

アラフォーにもなると、それぞれが重要な役割を担っています。仕事では役職についているかもしれないし、育児や家事で家庭をまわす存在でもあることでしょう。自分のことを後回しにしなければならない彼女たちに濃密な友人関係を求めても、そもそも受け入れる余裕がありません。忙しいアラフォー女性の“友活”時間は、スキマ時間。自分の思いを押し付けずに、相手の生活スタイルを尊重する礼儀を忘れないことが大切です。

例えば、何かに誘うときは急ではなく、余裕をもっったスケジュールで日時の案は1つではなく3つほど。また、誘いを断られたり相手が申し訳ない思いを抱いていそうな時にこそ「それは仕方ないね!」など、相手の気持ちを理解している旨を明るく返事するようにしましょう。「また今度誘うね」など、次につなげる一言を添えることも忘れずに!

相手を信用することよりも信用してもらうことが先決

Getty logo

友達関係になるとつい自分の気持ちを押し付けけてしまうことがあります。都合のいい想像をして、その通りにいかなかったときは「裏切られた」と勝手に落ち込む。そんな空回りの友情からは、卒業しましょう。長続きする友情を育てないなら、あなたが一方的に信用して想像したり、期待したりする前に、相手に信用してもらえるようにしましょう。

まず、話すときは笑顔、誘いを断られても明るく、メールやLINEの返信はやり取りは相手のペースに合わせる。そんな小さなことを繰り返すことで相手はあなたを徐々に信用してくれることでしょう。急ぐ必要はありません。もし、その間に疎遠になってしまったら、それは縁がなかったということです。でも、相手に信用してもらい、立場を超えた人間同士の関係が築けたら、末永く続く大人の友情が手に入るはずです。

本当の大人の友情はアラフィフ世代になってから生まれるかも

子どものいるアラフォー女性は、大人の友情をママ友の中に求めてしまいがちです。でも、子どものライフステージが変わるたびにママ友の関係性は変わっていき、あなたの交友関係も振り回されていきます。しかし、こどもが高校に進学していくと、こどもの交友関係とは切り離されたあなた自身の交友関係が始まっていきます。趣味や価値観が合い、末永く続く大人になってからの友達に出会えるのは、そのころからかもしれません。育児がひと段落して、自由に使える時間も増えそうですしね。

友達とよべる人が近くにいなくてさみしい。そんな気持ち、よく分かります。しかし、無理に“友活”に励むことで、余計に落ち込んだり、生活スタイルに支障をきたしたら身もふたもありません。大人の友達づきあいは、気負わず、ほどほどにを心がけましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ライター/環境アレルギーアドバイザー/福祉について勉強中。お酒、漫画、ゲームが好き。人生の目標は「ていねいに生きる」

関連する投稿


やっぱり女友達が一番!?『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』【たまには本でも#02】

やっぱり女友達が一番!?『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』【たまには本でも#02】

そろいのドレスにそろいの眼鏡、そろいの髪型…そしてコンビ名は“阿佐ヶ谷姉妹”。本物の姉妹だと思っていたのにそうではなかった! しかし姉妹じゃないにも拘らず中年女性が6畳1間のアパートに同居しているってどういうこと!? なんともきっかいな状況をリレー形式でエッセイにまとめた『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。こんな関係いいなあ、やだなあ、なんてしみじみプププとなる心あったまる一冊です。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


【エモまと】今マジで激おこぷんぷん丸です。理由はコレ!許せます⁉

【エモまと】今マジで激おこぷんぷん丸です。理由はコレ!許せます⁉

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は仕事をしないで家庭を守るべき」 そんな夫の呪縛を解くヒント【幸せ夫婦コミュニケーション術 #38】

「妻は家庭を守るべき」「家事に専念するべき」など、妻が外で仕事することを嫌がる男性はいまだに多く存在します。仕事だけでなく、妻が趣味の時間を外で楽しむことすら制限したがる夫も。古い価値観に縛られている男性は、実は自分自身にも窮屈な生活を強いています。そんな呪縛は「よそはよそ、うちはうち」で解放させましょう!


メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(後編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

メンタルボディアドバイザー 小山内 愛さんインタビュー(後編) 【女性の仕事クローズアップ #4】

スピリチュアルの観点からカウンセリングを行い個人の潜在的な能力を見抜き、それを独自のメソッドで本人に気づかせ、能力開花させる講座を開講する小山内愛さん。その他にアロマブランド「フレグラントハート」を展開。プライベートでは6人の子どものママでもあります。精力的に活動する小山内愛さんにご自身のことについて伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

仕事のこと、将来のこと、人間関係など、常に考え事に支配されている私たちの毎日。本当の意味で自分のためだけに時間を使えるよう、日常から切り離されたホテルで週末を過ごす女性が増えています。特別なことは何もせずに、ホテルの部屋で過ごす時間は最高の自分へのごほうび。一度体験すれば、きっとリピーターになってしまうはずですよ。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google