春ストレスには “肝”機能を整え“気”の巡りをよくする「三つ葉」【薬膳‘美’食材 #7】

春ストレスには “肝”機能を整え“気”の巡りをよくする「三つ葉」【薬膳‘美’食材 #7】

最近イライラしやすいと感じているなら、春ストレスのせいかもしれません。気温の変化に加え、家庭や職場の環境変化もあったり、なにかと自律神経が乱れやすいこの時期におすすめの薬膳“美”食材が、“肝”機能を整え“気”の巡りをよくする「三つ葉」です。“和のハーブ”を日々の食生活に上手に取り入れ、春ストレスを美味しく和らげましょう


胃腸を整え肩こりや肌荒れの改善にもなる“美”食材

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夏は紫外線などの影響から体のストレスを感じやすく、春は人間関係や環境の変化などによる「心」のストレスを受けやすいといわれています。放っておくと不眠症やうつ病などを引き起こす可能性もあるだけに早めの対処が大切です。

薬膳の基本となる中医学では、イライラっとする“怒り”の感情は、「肝臓」「胆のう」に影響すると考えられています。春ストレスを薬膳で美味しく和らげるには、ストレスで弱った“肝”の機能を強め、滞っている“気”の巡りをよくするのがポイント。

そこで、おすすめの薬膳“美”食材が「三つ葉」です。
三つ葉はセリ科の香味野菜で、さわやかな香りとシャキシャキッとした食感が特徴の、日本を代表するハーブのひとつ。春ストレスのイライラを鎮めるだけでなく、胃腸の調子を整えたり、むくみや肩こり、肌荒れの改善にも効果を発揮してくれます。

ゴマ油と組み合わせ春ストレスで弱った肌をサポート

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

三つ葉は、「根三つ葉」「糸三つ葉」「切り三つ葉」と栽培方法によって3つに分類されます。1本の茎に、葉っぱが3枚ついていることから「三つ葉」と名付けられ、スーパーでよく見かける糸三つ葉は江戸時代から栽培が行われていたとされています。

傷みやすいので、買ったら3~4日を目安に使い切るようにしましょう。保存の際は、新聞紙などに包み、密封袋などに入れて冷蔵庫へ。乾燥すると香りが薄れてしまうため、できれば根元に湿らせたキッチンペーパーを巻くようにしてくださいね。

ゴマ油と相性のよい三つ葉には、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは、大人の女性にとって気になる肌老化を防ぐ働きがありますが、ゴマ油はβカロテンの吸収率を高めてくれる頼もしいアイテムです。茹でた三つ葉にサッとかけたり、三つ葉入り中華スープに加えたりして、春ストレスで弱った肌をサポートしてあげるのも◎。

三つ葉料理+ケ・セラ・セラ精神で春ストレスに向き合おう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

“気”と“血”の巡りをよくしてくれる、三つ葉の香り成分「クリプトテーネン」と「ミツバエン」は、刻んで長時間置いておくと効果が薄れてしまいます。生のまま使う場合は、食べる直前に刻むこと。茹でるときもサッと熱湯にくぐらせるぐらいにしましょう。

三つ葉は火を通さず、お吸い物やサラダなどシャキシャキ感を楽しむのもよし。熱湯にくぐらせお浸しにしても美味。茹でるのであれば、糸三つ葉より茎の太い根三つ葉が向いています。体を温める性質がありますので、冷え性の方や疲れ気味の方にはとくにおすすめの食材です。

「なんとなく体がだるい」「初対面の人と会うのが億劫」「食事が美味しいと感じない」といった症状も、春ストレスが影響している可能性があります。こんなときは三つ葉料理にプラスして、「ケ・セラ・セラ」の精神で自分を信じ、“なるようになるさ”とのんびり構えるのも大切ですよ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

薬膳アドバイザー・風土ライター/食にまつわるコラムや薬膳レシピを提供しつつ、コーチとして心の栄養を注ぐコーチング活動も展開中。

関連する投稿


ダイエットには “血”の巡りをよくし“代謝”を上げる「玉ねぎ」【薬膳‘美’食材 #8】

ダイエットには “血”の巡りをよくし“代謝”を上げる「玉ねぎ」【薬膳‘美’食材 #8】

すっかり春らしい陽気になりました。肌を露出するファッションが多くなるこれからの季節。気になるのはぽっこりお腹やたるんだ二の腕。一般的に40代になると基礎代謝が落ち、ダイエットしづらい傾向にあります。そこで、おすすめの薬膳“美”食材が「玉ねぎ」。活用範囲の広い玉ねぎで、太りにくく痩せやすい体を手に入れましょう!


“骨粗しょう症”の予防には“腎”の衰えを回復する「海苔」【薬膳‘美’食材 #6】

“骨粗しょう症”の予防には“腎”の衰えを回復する「海苔」【薬膳‘美’食材 #6】

50歳以降の3人に1人が発症するといわれる「骨粗しょう症」。女性は閉経後、急激に骨量が減ることで骨粗しょう症のリスクが高まりますが、運動不足や偏食、過度なアルコールやコーヒーなども原因になります。そこで、おすすめの薬膳“美”食材が「海苔」。手軽に食べられる海苔で、40代から骨粗しょう症の予防を始めましょう!


 “デトックス”には “解毒力”を高め毒素を排出する「タケノコ」【薬膳‘美’食材 #5】

“デトックス”には “解毒力”を高め毒素を排出する「タケノコ」【薬膳‘美’食材 #5】

“春”といえばデトックスの季節。冬に溜め込んだ毒素をそのままにしておくと、免疫力は低下し、便秘やむくみ、肥満などにつながります。ポイントは“解毒力”を高めること。そこでおすすめの薬膳“美”食材が「タケノコ」です。本格的な春の到来に向け、タケノコでしっかりとデトックスして体の中から“キレイ”を先取りしちゃいましょう!


老眼には “気” を補い “肝” の働きを高める「ニンジン」【薬膳‘美’食材 #4】

老眼には “気” を補い “肝” の働きを高める「ニンジン」【薬膳‘美’食材 #4】

45歳前後で自覚症状が出始める「老眼」。完全に予防するのは無理と言われていますが、目のエイジングケアをすることで進行を遅らせることは可能です。ポイントは“肝”の働きを高めること。そこでおすすめの薬膳‘美’食材が「ニンジン」。細かな文字に目を細めてしまう…とならないためにも、ニンジンを食べて“アンチ老眼”しましょう!


“貧血”の予防・改善には“血”を養い鉄分を補ってくれる“シジミ”!【薬膳‘美’食材 #3】

“貧血”の予防・改善には“血”を養い鉄分を補ってくれる“シジミ”!【薬膳‘美’食材 #3】

40代女性の4人に1人が悩んでいる「貧血」。めまいや立ちくらみだけでなく、疲れやすかったり食欲不振や爪が割れやすくなるといった症状が出ることも。そこでおすすめの薬膳‘美’食材が、血を増やす作用のある「シジミ」。50、60代になるとますます貧血が悪化することも多いので、今からしっかり予防・改善しておきましょう!


最新の投稿


収納サービス“trunk(トランク)”を使った我が家の衣替え 5つのステップ!【WOMeお試し隊】

収納サービス“trunk(トランク)”を使った我が家の衣替え 5つのステップ!【WOMeお試し隊】

衣替えシーズン、増えてしまった洋服をしまう場所がない!!そんな悩みってありますよね。もう少し収納があったら…しばらく使わないからどこかに預けたい…。そんな時は、収納サービス“trunk(トランク)”の出番。今回は実際に衣替えでtrunkを使った様子をご紹介いたします!


GW・海外旅行へ行くなら知っとこ! “成田空港”の楽しみ方♪

GW・海外旅行へ行くなら知っとこ! “成田空港”の楽しみ方♪

海外旅行へ行くときに利用する人も多い成田空港。でもちょっと遠いというイメージですよね。せっかく成田空港まで行くのだから、早めに出かけて旅の前後も思いっきり楽しみませんか!温泉やフライト時間に合わせて施術してくれるネイルサロンやマッサージ店など、知っているようで知らない成田空港の情報を紹介します!


紫外線対策は体の中から!今年は絶対始めたい話題の日焼け止めサプリ 5選

紫外線対策は体の中から!今年は絶対始めたい話題の日焼け止めサプリ 5選

紫外線が強くなるこの季節。皆さんはどんな紫外線対策をしていますか? 昨年から大注目の成分“ニュートロックスサン”が配合された日焼け止めサプリ。シミ・ソバカスに悩む前に体の中から紫外線対策していきましょう!今回はおすすめの5アイテムを一挙ご紹介いたします!


純粋はちみつだから良いとは限らない!正しいはちみつの見分け方【美と健康をつくるはちみつ美容 #8】

純粋はちみつだから良いとは限らない!正しいはちみつの見分け方【美と健康をつくるはちみつ美容 #8】

最近のマヌカハニーのブームに伴い店頭に並ぶはちみつもバリエーション豊富になってきましたね。はちみつの健康効果が認知されていくのはとても嬉しい反面、その選び方によってははちみつの効果が十分に発揮されない場合もあります。 今回は本物のはちみつを選ぶときのポイントについてお伝えします。


~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

時間に日付など、あたりまえのように日々使っている数字。生活のなかに溢れている数は世界共通言語です。人生での様々な儀式も七五三、成人式、還暦、年忌法要と、死後も私たちは数と関わりあっています。数の力を知る事で世界は違った彩りをもち、興味深いものになります。そこで数秘の世界観とはいったいどんなものなのかご紹介します。





人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター