旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

旦那をその気にさせる方法が知りたい! マル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

夫をベッドに誘っても断られる…。このままだとレスになってしまうかも。こんなとき、焦りから迫ってしまうと余計に夫は引いてしまいます。肝心なのは、自然な形で抱き合えること。さり気なくその気にさせることを考えましょう。


旦那をその気にさせようと頑張る前に…

最近ご無沙汰だな‥と思って妻の方から勇気を出して誘ったのに「疲れてるから…」「明日早いんだよね」と断られた経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。レス期間が1~2か月程度ならまぁなんとなくやり過ごせても、“年”単位でセックスがない場合は、“もしかして浮気してる?” “私には興味がなくなった?”と不安になってしまいますよね。

しかし、男性は意外と繊細な生き物。セックスの回数に関しての話には意外と敏感。

セックスは男らしさのシンボル、本来は一番身近な妻こそ常に満足させたいと思っています。ですが、繊細な分、精神的な影響をかなり受けやすく、大きなダメージを食らうとそれだけで勃起が難しくなるなんてこともあります。

夫をその気にさせたい!と番場る前にNGなことを紹介します。

NGパターン:「どうしてしてくれないの?」はタブー!

最近セックスがご無沙汰だからといって、「どうしてしてくれないの?」と直球で訊いてしまうのは、実は男性が一番嫌がること。体の疲れであったり、仕事で悩みがあったりと、妻には言いにくい事情を抱えている場合、しない理由を迫られても答えに困ってしまうだけ。逆に、デリカシーのない妻だなと思われてしまえば、余計に抱こうという気がしなくなります。

私に魅力がなくなったのかな、と不安になるかもしれませんが、夫の気持ちを決めつけてはいけません。それよりも、自然と抱き合える状態を作ることを考えましょう。

旦那をその気にさせるマル秘テク

旦那をその気にさせる方法その1:性欲を刺激するよりまずはリラックス

Getty logo

その気にさせるなら、性的な気持ちを高める方法を考えるのは当然です。セクシーな下着を着けてみたり、ふたりの時間にちょっとエッチな映画を流してみたりなど、性欲を刺激することは決して間違ってはいません。

ですが、疲れているときにいきなり性的な空気を妻に出されても、気持ちがついていけずに尻込みしてしまうことも夫にはあります。抱いて欲しいと妻にアピールされることが嫌なわけではありません。それは嬉しいことだけど、体が性欲を感じにくい状態では応えることができないので苦しくなってしまうのですね。

性欲が沸き起こるのは、心も体もリラックスしているとき。妻に対して愛しいという気持ちを抑えきれなくなるような、そんな時間を夫に提供しましょう。

旦那をその気にさせる方法その2:満足できる食事が欲を駆り立てる

夫にリラックスしてもらうために家庭で妻ができることには、まず食事があります。美味しいご飯が食べたいと思うことは「食欲・性欲・睡眠欲」という人間の三大欲求の一つ。精神的に疲労が溜まっているときでも、栄養のバランスのとれた食事が目の前にあればそれだけでホッとできる人も多いでしょう。

食が満たされれば、心が落ち着いて体にはエネルギーが戻ります。性欲を感じるのはそれからです。まずは夫に美味しくて笑顔になるような食事を楽しんでもらいましょう。

ですが、「満足できる食事」とは常に栄養満点である必要はありません。もちろん肉や野菜などをまんべんなく食べられるようなメニューは理想ですが、夫に疲れを癒やしてもらいたい、ストレスを少しでも解消して欲しいと思うようなときは、いっそ夫の好物ばかりを出すような食事の方が喜んでもらえる場合もあります。

ときには、健康的なメニューから外れても良いから夫の満足最優先でメニューを考えてみる。そんな心遣いは妻の愛情を感じさせます。ただご飯が美味しいというだけでなく、愛されてるんだな、と思うことで、夫は身も心も安心できるのですね。

旦那をその気にさせる方法 その3:一緒にお風呂に入る

Getty logo

食事が終わったら、一緒にお風呂に入るのもその気にさせるきっかけを作る良い方法です。清潔なお湯の張られた湯船でゆっくりと体を伸ばすのは誰でも好きですが、食でリラックスしてもらったらお風呂は性欲を思い出させる時間。普段は別々に入っているというところでも、「背中を流してあげる」と疲れを癒やして欲しい気持ちをアピールすればスムーズですね。

このとき、見慣れた体とは言えあまり堂々と裸を晒すのは控えます。セックスをしている間柄でも、恥じらいを忘れない妻の姿には色気があり、触れたいという欲を感じられるものです。

背中を流すついでに肩を揉んだり腕をさすったり、ちょっとしたマッサージも加えてあげると夫は喜びます。軽いスキンシップは「次」を求める刺激につながり、夫も自然に抱きたいという欲求を抱きやすくなります。

旦那をその気にさせる方法その4:ベッドを清潔に 視覚効果を有効に

良い雰囲気で寝室に移動できたとしても、シーツがぐちゃぐちゃだったりサイドテーブルに飲みかけのコップが置きっぱなしだったりするような状態だと、気だるい日常を感じさせて性欲が萎えます。今日はセックスしたい、という日は、あらかじめシーツは新しいものに取り替える、コップや雑誌などは片付けて綺麗にしておくようにしましょう。

視覚の情報はセックスを盛り上げるために欠かせない要素。セクシーな下着を身に着けるなら、より自分に集中してもらえるように余計なものは隠しましょう。幸せなセックスに、ベッド周りの環境は清潔であることが必須です。

セックスして欲しいと直接せがむのも可愛いと思われるかもしれませんが、長く一緒に暮らす夫なら、さり気なくその気にさせる方法を考える方が、愛情を引き出すことにもつながります。愛されている実感は何より男性に自信をくれるもの。いつでも手を伸ばしたくなる妻でいることを心がけてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

結婚生活が長くなり、夫婦という役割に馴染んでしまうと、日々の過ごし方にマンネリを覚えることがあります。 たまには子どもを預けて、夫婦ふたりでデートする時間を持ちましょう。恋人のころのような新鮮さをふたたび味わうことで、改めて相手への愛情に気がつくきっかけとなります。 夫婦で楽しむおすすめのデートをご紹介します!


なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

どんな夫婦でも、望んで仮面夫婦になるわけではありません。 仮面夫婦とは「互いの無関心」が長い間積もってでき上がってしまった形。それは、すれ違いから始まります。 具体的にどんな原因で仮面夫婦になってしまうのか、また予防するにはどんな策が有効なのか、見てみましょう。


離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

「仮面夫婦」と聞くと、思わずドキッとする人もいるかもしれませんね。夫婦仲が冷めている、お互いに関心がない…。 既に夫婦として破たんしているつながりでありながら、離婚せずに生活をともにしている状態とは、どういうものなのでしょうか。その実態とリアルをご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google