WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク【前編】

WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク【前編】

WOMeと起業家を応援するメディアcanaeruのコラボ企画。現代を生きるアラフォー女性のリアルについて、WOMe編集長村上とWOMeでラブパートナーシップについて大人気連載中の古山直美さん、canaeru編集部の浜野さんと3者対談が行われました。ズバリアラフォー世代の3人が語るアラフォー女性の本音とは?



2017年10月新規事業の責任者としてWOMeを立ち上げたアラフォー編集長の村上と、20代後半で離婚、学歴なし・キャリアなし・一文なしのがけっぷちで夜の世界へ入った経験を生かして、現在夫婦円満協会を立ち上げ、代表理事を務め、WOMeでも大人気連載「大人のラブ♥パートナーシップ」を執筆する古山直美さん、そして、起業家を応援するWEBメディア「canaeru」の紅一点アラフィフ編集者・浜野浩子さんが、女性の生き方、多様性について熱く語っていただきました。今回はその前編です。

40歳を目前にして不安がどんどん増してきた

村上
古山さんご無沙汰してます。お会いできてうれしいです。今日はよろしくお願いします。

古山
こちらこそです!とっても楽しみにしていました。浜野さんはじめまして。今日はよろしくお願いします。

浜野
よろしくお願いします。

村上
いきなりですが、古山さんは年齢を重ねることに抵抗はありませんでしたか? 私はまず35歳の時に私はアラフォーなのか? という疑問にぶつかり落ち着かなくなり、36歳になって「ああ、アラフォーになった」と思ったとたん、40歳という巨大な壁に恐怖を感じて不安が押し寄せてきたんです。漠然とした不安で、「このまま老けておばさんになってしまうの?」と、とにかく焦る。その不安を解消しようといろんな本を読んだり、自問自答して、とことん考え続けました。それで、40歳になった時に急に“バーン!”と扉が開いたんです。「よし!これからだ!」って急にスッキリ(笑)

古山
わかります…私が一番年齢を重ねることに恐怖を覚えていたのは、離婚して夜のお仕事をはじめた20代の頃でした。私の人生は終わった…って思って、年齢を重ねることに怯えていました。

浜野
一度アラサーのあたりでも、感じることですよね。

古山
そうなんです。特に夜の世界は若い方がいい…という風潮もあって…ただ、その当時、働いていたアラフォーの女性が、圧倒的なNo1だったんです。で、「これはなんだろう?」とその人を観察し始めた頃から、もしかしたら年齢を重ねるということは悪いことではないのかもしれない…要はその人の生き方次第で、どうにでもなるんんじゃないかって思い始めました。

村上
そうなんですよね。きちんと自分を認めて、自分は自分でいい、自分がやりたいようにやればいい、って周りの目なんか気にせずにいればきちんと幸せになれる。例えば平子理沙さんのことを「年齢いってるのにイタイ」とか悪く言う女性もいますよね。そういう人には「じゃああなた同じようにやってみなさいよ!」と言いたい(笑)ものすごく努力して、もちろんお金もかけてるんでしょうけど、自分がなりたい自分であるために相当頑張ってると思うんです。それは私もアラフォーなんでわかります(笑)並大抵の努力ではあんな風にはいられませんよ。

浜野
本当にそうですよね。ただ批判するだけで自分は…しっかりおばちゃんに胡坐をかいてたりして(笑)

古山
ふふふ。私、今年パリにダーリンと行ってきたんです。その時、パリの60代の女性たちの美しさ、カッコよさに圧倒されたんです。そして、こんなことを言われました。「パリでは20代は子供、30代はつまらない、40代になって初めて女性として認められて50代は一番いろいろ楽しめるとき、60代はもう好きにやっていい!」って(笑)最高じゃないですか? それを聞いて私、本当に歳をとることが怖くなくなりました。むしろ早く歳をとりたい! 早く60代になりたいです。それで色々妄想するんです、60代になったらシャネルのスーツをオーダーしよう! とか、着物をきて街を歩こう!とか…もう考えると本当に楽しくて(笑)

村上
素晴らしいですね。でも本当にそうあるべきだと思います。我々日本人女性たちも。

女性は40歳を過ぎてから人生が本気で楽しくなる

村上
体調の変化とか色々ありますよ。でも…私、40歳を過ぎてからの今の自分が生きてきて一番好きなんです。いろんなことがわかってきて、経験も積んで、もちろん50代60代の先輩たちに比べたらまだまだなんですが、やっと自分自身のことが分かってきて、自分の生き方が見えてきた。本当に大切にしたいものはなんなのか、必要なもの、好きなことは…そういうものが分かってきたんです。

古山
素敵ですね。そんな風に自分を認めて自信がでると絶対モテますよ! 私はダーリンがいるのに、今が一番モテてます(笑)

村上
ホントですか! 羨ましいー。私もいいことあるかなー(笑)

古山
絶対ありますよ。私の友人のアラフォー女性の方で、「結婚したいのに結婚したい人がいない」という人がいたんです。それで私「じゃあ結婚とかそういうの考えずに好きな人と付き合ったらいいじゃない」って言ったんです。そしたら彼女、なんと大学生とお付き合いを始めたんです(笑)

浜野
スゴイ! どうやったら大学生と付き合えるんですか!

古山
もちろん、おきれいな方なんですが、とびぬけて美しい…というような方ではないんです。ただ、囚われていた縛りから自分を解放して、好きなようにふるまって笑顔で人と接する。そうすることで、自然に魅力を振りまいていて、そういうことになったみたいなんです。好きになった相手が大学生(笑)素敵ですよね。

村上
わかります。結婚を意識するといろいろ条件を考えてしまう…そうすると本当に大切なものが見えなくなってしまうし、条件に合う相手なんてそもそもいないってことに気がつく(笑)

浜野
そう、それに条件に合った人がいても、好きになれるかというと…(笑)

古山
そうなんですよね。頭で考えて整理整頓しても心は納得してくれない。だから、好きになれない。やっぱり相性ってあるんです。馬が合うって言葉がありますが…肌が合うってすごく大切ですよね。

村上
わかります! やっぱり女性は心を開いた相手とでないとセックスはできない、肌を合わすことはできない。で、心を開いて肌を合わせてみても「ん?違う?」って時もある(笑)

古山
そうそう(笑)だから、肌が合ってしまったら最後…もうどんどん好きになっていってしまいますよね。

浜野
そういう相手ができるって最高に幸せですね。

女性同士ひがみあうなんてもったいない

村上
でも、実際大学生と付き合うとなったら、周りの目とか気になっちゃいますよね。本当はそんなこと気にしなくていいのに、ふたりの問題のはずなだけど、やっぱり相手のご両親のことも考えちゃうし、自分の親や友人に話せるか…というと…。

浜野
そうですね。表向きは「よかったねー!」と言ってくれたとしても、裏でなにを言われているのか…と気になっちゃいますね(笑)

古山
そう! だからもったいないんです。日本人の女性は周りの目を気にしすぎです。周りの目なんか気にしてやりたいことを我慢していても、誰も褒めてくれないし、認めてもくれない、幸せにもしてくれない。自分を幸せにできるのは自分だけなんです。だから、自分が心からやりたいと思ったことはやる、間違っていることなんてない、自信を持ってやるべきなんです。

村上
本当にそう。それに、もういい加減、女性同士でひがみあったり足を引っ張り合ったりするのはやめませんか? と言いたい。ただでさえ、アラフォー女性は世間の風当たりも強い。そんななかで、同士であるはずの同年代はお互い手を取り合ってこの荒波を一緒に乗りえていきましょうよ! “みんな違ってみんないい”それがWOMeの精神でもあります。

古山・浜野
そう!その通り!

後半に続きます…後半はアラフォーのセックスと男性とのコミュニケーションのお話です。

【後編】「女性は7つの顔を持て」WOMe×canaeru特別対談企画! ラブセラピスト 古山直美さんとアラフォー女性のリアル本音トーク



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


開業時のお金の話【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

開業時のお金の話【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

いざ、「独立・開業するぞ!」と心に決めても、まずはどこから手をつけていいのか分からない…なんて人も多いでしょう。しかもお金の話となるとなおさらですよね。そこで、今回は“開業時のお金の話”をしっかりご紹介。事業計画をつくるためにも、とても大切なものなので、しっかり知っておきましょう。


今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


“カフェ”を開きたい!そう思ったらまずコレ【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

“カフェ”を開きたい!そう思ったらまずコレ【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

私の人生このままでいいのかな…なんて思い悩んでいたりしませんか? 若い時の夢がカフェオーナーになることだった! なんて人もいるでしょう。でもお金もないし…けど、なにかを始めるとしたら、もうラストチャンスなんじゃないか…と逡巡している方! とりあえず、この記事を読んでみてください。目から鱗の発見があるはずですよ。


“ロジかわ”ってなあに?【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#1】

“ロジかわ”ってなあに?【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#1】

ロジかわって言葉をご存知ですか? ビジネスシーンでよく使われる“ロジカルシンキング”と“可愛い”を足した造語なんです。では、具体的にロジかわって何? ということで、ロジかわ会 代表の山本なつみさんに説明していただきます!


【エモまと】他人の人生覗き見したい!そんな野次馬根性みんなもってますよね♡

【エモまと】他人の人生覗き見したい!そんな野次馬根性みんなもってますよね♡

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


最新の投稿


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


【雨宮なおみの12星座占い】2017年 12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2017年 12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


バーの聖地・東京銀座にオープン「バー 堀川」でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

バーの聖地・東京銀座にオープン「バー 堀川」でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


カンタンにできるマインドフルネス呼吸法【大人のマインドフルネス入門#3】

カンタンにできるマインドフルネス呼吸法【大人のマインドフルネス入門#3】

マインドフルネスの基本は呼吸法です。とてもシンプルな方法なので、だれにでもすぐに始められます。美肌、ストレス緩和、集中力アップなどに有効であるという脳科学的な根拠もあります。


開業時のお金の話【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

開業時のお金の話【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

いざ、「独立・開業するぞ!」と心に決めても、まずはどこから手をつけていいのか分からない…なんて人も多いでしょう。しかもお金の話となるとなおさらですよね。そこで、今回は“開業時のお金の話”をしっかりご紹介。事業計画をつくるためにも、とても大切なものなので、しっかり知っておきましょう。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター