更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

誰もがとおる「更年期」は、症状も捉え方も十人十色。ダイナミックにカラダが変化をするこの時期は、ときに自分の心やカラダが自分の思い通りにいかないことがあります。しかしメカニズムを知れば更年期はこわくありません。正しく知ること、対策に取り組むことで、人生を愉しむベースを作りましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

ダイナミックに変化する女性のカラダ

「急に汗をかく」、「動悸がする」、「眠れない」「やる気が出ない」など、更年期にはこれまで感じたことのないような、さまざまな症状で悩まされることがあります。どうしてそのような症状が出てくるのか、そのメカニズムを知ると更年期はこわいものではありません。一体、わたしたちのカラダの中では何が起こっているのでしょうか。

この山のようなグラフは、加齢による性ホルモンの変化のグラフです。わたしたちのカラダの中の女性ホルモンは、10代前半からグングン分泌量が増えます。
中学生・高校生くらいのころを思い出すと、なんだか無性にイライラしたり、感傷的になったりした経験はありませんか? 初潮がきたり胸がふくらんできたり、カラダの変化も感じたことでしょう。女性ホルモンがガツンと増える「思春期」です。このように女性ホルモンは若い頃から心やカラダに大きな影響を与えています。

個人差はありますが、女性ホルモンは20代から35才ぐらいまで順調に分泌され、その後は徐々に低下していきます。

その先のグラフを見てください。

滑り台のようになっています。45才ごろからまさに転がり落ちるように急降下をしていきます。ここが「更年期」です。ダイナミックな変化を遂げて、更年期以降はほぼゼロとなるのが女性ホルモンの変化です。

女性ホルモンがゼロと聞いて驚かれるかたも多いでしょう。実は、男性も一定量女性ホルモンが分泌されています。そのため更年期以降は、男性の方が女性よりも女性ホルモンの分泌が多くなるという逆転現象が起こってきます。

さらに驚かれたかたもいるのではないでしょうか?

しかし、女性ホルモンがなくなってもわたしたちは一生、女性であることに変わりはありません。

心とカラダのお守り! 女性ホルモンについて

女性ホルモンの話が出てきたところで、その役割についても見ていきましょう。

・肌のハリ・潤い
・粘膜の潤い(目・鼻・喉・膣など)
・育毛
・骨量保持
・記憶・認知など脳の機能を保つ
・血管を丈夫にして動脈硬化を防ぐ
・感情
・自律神経の安定
・抗酸化作用など

まさに、女性の心とカラダを守ってくれているのです。
わたしたち女性は、おおよそ20代〜40代に大病をすることは男性と比べると非常に少ないですし、
寿命は男性より6~7年長いです。これらは女性ホルモンの守りのおかげでもあります。

どうして更年期症状が出るの?

女性ホルモンの分泌が低下すると、ホルモンの分泌をつかさどる視床下部がパニックをおこします。
そのパニックを起こす視床下部が実はわたしたちの自律神経の司令塔でもあるのです。
そのため更年期は「女性ホルモンの急低下」と「自律神経の乱れ」のダブルパンチで様々な症状が出てきます。

・運動していないのに急に汗をかく
・恋していないのに動悸がする
・眠りたいのに眠れない

というのは、こういうことだったのですね。

※更年期症状と思っていたら実は病気がかくれていたということもあります。なんだかよくわからない体調不良が続くときは、医療機関にかかることは大事な選択肢です。

男性にも更年期があるんです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、男性はどうでしょう。男性の中の男性ホルモンは思春期には女性と同じようにグングン上昇します。しかし、減少はとてもゆるやかなのが特徴です。男性は70歳になっても子どもを作ることができるということも女性との大きな違いです。

しかし、ストレスや生活習慣が原因となりうまく男性ホルモンを分泌できなくなると男性も更年期症状が現れます。

以前「男性更年期障害」と診断された方にインタビューをしたときに、「私たちの世代は幼少期から、男だからできるだろう、男だから頑張れって言われて育てられている。だから“だるくてできない”ということが言えなかった。」と話していたことがとても印象的に残っています。

更年期においては男性の方がうつになりやすい傾向があり命にかかわる深刻な問題です。

更年期は次のステージに向けての進化の期間

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「更年期は気のもちよう」と言われることがありますが、どんなに気をしっかり持っていても、ときに心もカラダも自分の思う通りにいかなくなることがあります。
これだけカラダがダイナミックに変化をしていれば当然のことです。

決して、あなたがなまけているわけではなく、あなたの能力が下がったわけでもなく、頭とカラダが新たなステージに向けて進化をしている過程なのです。
更年期は“the change of life”です。

正しく知ること、対策に取り組むことで、人生を愉しむベースを作りましょう!

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

ホットフラッシュとは? 夏でもないのに滝のような汗をかく、突然体がカーッと熱くなるというホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)の症状は、更年期中の女性の6割が経験すると言われています。今日は、そんな更年期の代表的な症状ホットフラッシュの予防法、対策とケア方法をお伝えします。


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

「手に力が入らない」「肌がピリピリする」「最近手や足がしびれるようになった」思う通りに動かないカラダにショックを受ける方も少なくない更年期。一体、わたしのカラダはどうなっちゃているの?!今回は、更年期症状の1つ「知覚の異常」についてです。かんたんな対策ケア方法もあるので、ぜひ実践してみてください。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター