腸楽ビューティセラピスト 今野貴子さんインタビュー【女性の仕事クローズアップ #5】

腸楽ビューティセラピスト 今野貴子さんインタビュー【女性の仕事クローズアップ #5】

仙台で腸楽エステサロンを開業する今野貴子さん。20代前半で結婚し出産。その後、離婚。シングルマザーへ。東日本大震災を体験し、直後にエステサロンを開業。波乱に満ちた20代を経て30代半ばの今、自立し自分自身の足で立つ今野さんはキラキラと輝いていました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

自分が稼いだお金で息子を大学まで行かせる! その想いが私のエネルギーの源

私はシングルマザーです。離婚と同時に起業したときに決めたのは「息子を大学に行かせる」ことでした。もちろん、起業理念として「自分のできることで人の役に立つ」というものは持っていました。ですが、自分を突き動かしたパワーは完全に「息子を大学に行かせる」でした。

シングルマザーだからって進学を諦めてほしくない、肩身の狭い思いをしてほしくない、そういう気負いというか、必要以上に肩ひじ張ってしまうところはあると思います。ですが、逆にそれが私の力になってる。息子を大学に行かせるためにどうするか? 単純に“お金を稼ぐ” “お金を増やす”のではなく、私には明確に目標があります。だから強いのかもしれません。どんなことがあってもへこたれない、諦めない、どうにかしようとする。

今、WOMeさんでも連載しているぬか漬けマイスターの大湯みほさんとコラボして“腸活”のイベントを実施しているんです。いろんなご縁で繋がって、想いを共有する人たちと新しいことを始めて、私が信じるいいものが世の中に広がっていく…本当に嬉しいし毎日ワクワクしっぱなしです(笑)

これからもっともっといい経験をしていきたい!年齢を重ねるのが楽しみ

私は今、自分の人生を自分の足で歩んでいます。誰かに決められたものではなく、自分自身の人生を自分の足で歩いています。そして大切な人を守り、大切な人ができ、素晴らしい出逢いを重ねています。20代の頃には考えられなかったことです。私はこの先の人生、楽しみでしょうがありません。仕事もプライベートもますます素晴らしいことが待っているんだろうなって思うんです。

自分がとった行動、してきた行為の対価で人は生き、人生はカタチ創られていきます。だからこそ、いい経験を重ねたい。もちろん辛いことも起こると思います。ですが、それが起こった時、それを辛いだけのこととして捉えるか、チャンスとしてバネにしるかで人生は大きく変わると思います。私自身、それを身をもって感じてきた35年間でした。

今の私の夢は腸楽エステをもっともっと全国、いや世界へ広めていくことです。腸内環境を整えると自律神経も整って幸せホルモンがたくさん出て、文字通り幸福になれるんです。女性にとってこんなに素晴らしいこと、大切なことはありません。だからこそ、ひとりでも多くの方にこの腸楽を体験してもらって、幸せになって欲しいと心から願っています。

(インタビュー/和氣恵子)

【関連記事@canaeru】「私は大丈夫!」根拠のない自信がすべて。技術を磨きオリジナリティの高い私だけのオンリーワンを見つける【女性の開業】|canaeru(カナエル) - お店のトータルサポートサイト

https://canaeru.usen.com/diy/p226/?aid=wome

腸楽エステサロンのオーナー今野貴子さんにインタビュー。20代前半で結婚したが、専業主婦に収まりたくないと手に職を持つために勉強をスタート。その後、離婚。シングルマザーとなったが、オリジナリティの高い技術で多くの指示を集めている。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

膣のセルフケアが生きる活力を高めてくれる。いつも健康で楽しく暮らしたいのであれば、自分の膣の状態も、顔と同じくらい気にかけてあげること。膣が潤っていると、穏やかに前向きに生きられます。膣のケアについてまとめ大反響をよんだ『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんが語る膣ケアの重要性とは。インタビュー最終回です。


水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさんへインタビュー!一度目の結婚・離婚を経て現在、事実婚の水谷さるころさんに著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえてご自身の結婚観、人生観についてお話を伺いました。前半です。


膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアはヘルスケア 健康的なライフスタイルに欠かせない たつのゆりこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

膣ケアは女性の性の健康のためのヘルスケアのひとつです。自分の体を知り、向き合うことで健康寿命を延ばしいつまでも元気にいきいきと生きることができる。と、長年、膣を見続けてきた助産師のたつのゆりこさんは言います。『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した女性の性の健康をサポートする助産師たつのゆりこさんが話す、膣ケアの大切さとは。インタビュー二回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター