そもそもアンガーマネジメントとは?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#1】

そもそもアンガーマネジメントとは?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#1】

最近メディアでよくとりあげられるアンガーマネジメント。これはまさに社会やプライベートでストレスの多いアラフォー女性にこそ知ってもらいたい知識なんです。そこで、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにわかりやすく解説していただきます。第一回目は「そもそもアンガーマネジメントってなあに?」というお話です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アンガーマネジメントは“怒ってはいけない”という考え方ではありません!

「あ〜、またキレてしまった!」
「なんでこんなにイライラするんだろう!」

こんなふうに怒りに悩まされることはないでしょうか。そのような方に是非おすすめしたいのがアンガーマネジメントです。アンガーマネジメントとは、「怒りと上手に付き合うための心理トレーニング」です。決して「怒ってはいけません」「怒りを我慢しなさい」ということではありません。

アンガーマネジメントをきちんと習得すると「ついカッとなってしまって…あんな怒り方しなければ良かった!」または「あの時、はっきり言っておけば良かった! 怒りたかったのに…怒れなかった。」というように、怒りで後悔しないようになれます。つまり、怒る必要のあるときには適切な怒り方ができるようになり、怒らなくてもいいことには怒らなくてすむようになることを目指すのです。

実際、アンガーマネジメントができるようになって、

「イライラが解消した!」
「人付き合いがラクになった!」
「自己嫌悪に陥ったり、自分を責めることもなくなった!」

というお声をたくさん聞きます。そもそも、イライラしやすいと、高血圧症、心臓疾患にもなりやすく、自律神経も乱れ…健康にも美容にもよくありませんものね。

アンガーマネジメントは心理トレーニングですので、知識や情報を知っただけではできるようになりません。ダイエットやスポーツと同じです。本やインターネット等からの情報で、やり方や方法を知っても実際に行動にうつさなければ痩せませんし、スポーツもできるようにはなりません。

アンガーマネジメントも同じで、アンガーマネジメントの考え方やトレーニングを日々の生活に少しずつでもいいので取り組むことで身に付きます。今回からアンガーマネジメントの考え方、トレーニング法をご紹介いたしますね。

そもそも“怒り”とはどういう感情なのでしょうか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず今回は「怒り」はどのような感情なのかを理解することから始めましょう。身近な感情でありながら、実はちゃんと理解していない方が多いのです。理解していないものを上手に扱えるわけはありません。

まず知ってほしいのは、「怒り」を感じるということは悪いことではない、ということです。「怒ったら大人げない・みっともない」「怒ることはよくないこと」と思っている方もいますが、決して悪い感情ではないということです。「嬉しい」「楽しい」といった感情と同じく、感情表現のひとつでもあり、人間にとって自然な感情です。

また、怒りは“二次感情”とも言われています。
これはどういうことかと言うと怒りの裏側には“一次感情”と言われる感情が潜んでいるということです。たとえば、「悲しい」「寂しい」「心配」「不安」「つらい」「困惑」…といった、いわゆるネガティブな感情です。それらが心の中で大きくなって、「怒り」というカタチで涌き起こってくるのです。

怒りのエネルギーに身を任せてしまったAさんの場合

たとえば、ある30代女性Aさんの事例です。
お付き合いしている彼の仕事が忙しく、会えない日が続き、「やっと明日は久しぶりのデート!」と楽しみにしていたのに、前日彼から電話があり、なんと仕事の都合でキャンセル。思わずAさんの口から出た言葉は…

「なんでドタキャンするのよ! 仕事っていったって、休日でしょ⁉ しかも前日になんで仕事が入るのよ! だいたいあなたはいつも仕事っていえば許されると思ってるでしょ!」

と感情的にぶち切れてしまったところ、彼も彼女の責めるような言葉に反応し

「本当に仕事なんだからしょうがないだろ!」

と逆ギレをし、後味の悪い電話になってしまったとのこと。Aさんに、「このときの一次感情は何だった?」と聞いたところ

「約束を破られて悲しい」
「前から楽しみにしていたので、とても残念」
「会えなくてさびしい…」

などの様々な感情、思いがあったということでした。
その自分の怒りの原因となった気持ちに気が付いたAさんは、ドタキャンされた時に

「とっても楽しみにしていたのに、残念。久しぶりに会ってゆっくりできると思ってたのに…さびしいな。今度、埋め合わせしてね。ドタキャンにならないようにしてほしいな」

その時の気持ちや、どうしてほしかったのか、を伝えればよかった…と振り返っていました。

怒りの原因となった“一次感情”に目を向ける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

その他、よく耳にするあるあるな事例をあげてみましょう。

親子間では、連絡なしに子どもの帰宅が遅くなったとき、何かあったのでは…と不安や心配がつのり、顔を見た瞬間につい

「何時だと思っているのよ!なんで連絡くらいできないの!!」

怒りをぶつけてしまう…。

夫婦間では、保育園に通う子どもの育児と仕事との両立で忙しく、そのうえ家事も…そんな状況なのに、言わないと手伝わない夫に対して

「なんで手伝わないのよ!テレビ見ていないで、手伝ってくれたっていいでしょ!」

と感情的に責めてしまう。しんどい、大変、疲れている…というネガティブな感情がたまっていて、怒りとなって溢れてしまった…。

怒りはエネルギーが強いので、このように、本来伝えたかった一次感情に目を向けることができなくなってしまう人が多いのです。本当にわかってほしい感情・気持ちを相手にわかってもらうためにも、感情的になるのではなく、「感情を言葉にすること」を目指しましょう。イラッとしたとき、どんな感情が潜んでいるのか、目を向けてみてください。自分の感情を大切にすることは、自分自身を大切にすることにも繋がっていくのですから。

次回は、怒りのもとになる「○○べき」の話、怒りの記録であるアンガーログをつけるトレーニング法についてご紹介します。お楽しみに。

日本アンガーマネジメント協会 戸田久実



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師の仕事を歴任。

関連する投稿


WOMeを一緒に作りませんか? パートナー大募集!

WOMeを一緒に作りませんか? パートナー大募集!

40代女性向けメディア「WOMe(ウォミィ)」を一緒に盛り上げてくれる「WOMeパートナー」を募集しています。40代女性のリアルとホンネを追求し読み応えのある記事コンテンツを一緒につくっていきませんか!


ケンカをすると言い合いになるのが嫌で無言になってしまいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #6】

ケンカをすると言い合いになるのが嫌で無言になってしまいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #6】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


モヤッとを捨てればストレスもなくなる!【松尾たいこ連載#02 40代を自由に楽しく】

モヤッとを捨てればストレスもなくなる!【松尾たいこ連載#02 40代を自由に楽しく】

アーティスト/イラストレーターとして大活躍の松尾たいこさんによる連載がスタートしました!全三回の連載は著書である『35歳からわたしが輝くために捨てるもの』から特に40代女性へ向けたメッセージを抜粋してオリジナルで書き下ろしていただきます。第二回目は日常生活のモヤッとを失くす!というお話しです。


“同調”と“共感”の違いを理解して怒りの感情をコントロールしよう【アンガーマネジメントでもっと生きやすく!#5】

“同調”と“共感”の違いを理解して怒りの感情をコントロールしよう【アンガーマネジメントでもっと生きやすく!#5】

会話をするとき、ついつい女性は相手の求めている反応を返してしまいがち…。ですが、“同調”と“共感”は違います。この違いをしっかり認識してコミュニケーションをとらないと、自分の意志とは違うことが周りに伝わってしまうかもしれません。


夫に話を聞いてもらうとっておきの方法【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#3】

夫に話を聞いてもらうとっておきの方法【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#3】

職場のこと、子どもや、ママ友、親戚のお付き合い・・・自分の身の回りでおきた出来事は夫にも聞いてもらいたい! と思いますよね。しかし、夫の反応はイマイチ…。それどころか、聞いてくれていない気もする・・・。そんな夫婦間でのコミュニケーションのお悩みをロジかわで解決します!


最新の投稿


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

坐って瞑想するだけでなく、体の感覚に集中したり体を動かしたりするマインドフルネスの方法もあります。体のどこかに意識を向け続ける時間を作るだけで、不思議とモヤモヤした気持ちが晴れてすっきりします。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター