そもそもアンガーマネジメントとは?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#1】

そもそもアンガーマネジメントとは?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#1】

最近メディアでよくとりあげられるアンガーマネジメント。これはまさに社会やプライベートでストレスの多いアラフォー女性にこそ知ってもらいたい知識なんです。そこで、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにわかりやすく解説していただきます。第一回目は「そもそもアンガーマネジメントってなあに?」というお話です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アンガーマネジメントは“怒ってはいけない”という考え方ではありません!

「あ〜、またキレてしまった!」
「なんでこんなにイライラするんだろう!」

こんなふうに怒りに悩まされることはないでしょうか。そのような方に是非おすすめしたいのがアンガーマネジメントです。アンガーマネジメントとは、「怒りと上手に付き合うための心理トレーニング」です。決して「怒ってはいけません」「怒りを我慢しなさい」ということではありません。

アンガーマネジメントをきちんと習得すると「ついカッとなってしまって…あんな怒り方しなければ良かった!」または「あの時、はっきり言っておけば良かった! 怒りたかったのに…怒れなかった。」というように、怒りで後悔しないようになれます。つまり、怒る必要のあるときには適切な怒り方ができるようになり、怒らなくてもいいことには怒らなくてすむようになることを目指すのです。

実際、アンガーマネジメントができるようになって、

「イライラが解消した!」
「人付き合いがラクになった!」
「自己嫌悪に陥ったり、自分を責めることもなくなった!」

というお声をたくさん聞きます。そもそも、イライラしやすいと、高血圧症、心臓疾患にもなりやすく、自律神経も乱れ…健康にも美容にもよくありませんものね。

アンガーマネジメントは心理トレーニングですので、知識や情報を知っただけではできるようになりません。ダイエットやスポーツと同じです。本やインターネット等からの情報で、やり方や方法を知っても実際に行動にうつさなければ痩せませんし、スポーツもできるようにはなりません。

アンガーマネジメントも同じで、アンガーマネジメントの考え方やトレーニングを日々の生活に少しずつでもいいので取り組むことで身に付きます。今回からアンガーマネジメントの考え方、トレーニング法をご紹介いたしますね。

そもそも“怒り”とはどういう感情なのでしょうか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず今回は「怒り」はどのような感情なのかを理解することから始めましょう。身近な感情でありながら、実はちゃんと理解していない方が多いのです。理解していないものを上手に扱えるわけはありません。

まず知ってほしいのは、「怒り」を感じるということは悪いことではない、ということです。「怒ったら大人げない・みっともない」「怒ることはよくないこと」と思っている方もいますが、決して悪い感情ではないということです。「嬉しい」「楽しい」といった感情と同じく、感情表現のひとつでもあり、人間にとって自然な感情です。

また、怒りは“二次感情”とも言われています。
これはどういうことかと言うと怒りの裏側には“一次感情”と言われる感情が潜んでいるということです。たとえば、「悲しい」「寂しい」「心配」「不安」「つらい」「困惑」…といった、いわゆるネガティブな感情です。それらが心の中で大きくなって、「怒り」というカタチで涌き起こってくるのです。

怒りのエネルギーに身を任せてしまったAさんの場合

たとえば、ある30代女性Aさんの事例です。
お付き合いしている彼の仕事が忙しく、会えない日が続き、「やっと明日は久しぶりのデート!」と楽しみにしていたのに、前日彼から電話があり、なんと仕事の都合でキャンセル。思わずAさんの口から出た言葉は…

「なんでドタキャンするのよ! 仕事っていったって、休日でしょ⁉ しかも前日になんで仕事が入るのよ! だいたいあなたはいつも仕事っていえば許されると思ってるでしょ!」

と感情的にぶち切れてしまったところ、彼も彼女の責めるような言葉に反応し

「本当に仕事なんだからしょうがないだろ!」

と逆ギレをし、後味の悪い電話になってしまったとのこと。Aさんに、「このときの一次感情は何だった?」と聞いたところ

「約束を破られて悲しい」
「前から楽しみにしていたので、とても残念」
「会えなくてさびしい…」

などの様々な感情、思いがあったということでした。
その自分の怒りの原因となった気持ちに気が付いたAさんは、ドタキャンされた時に

「とっても楽しみにしていたのに、残念。久しぶりに会ってゆっくりできると思ってたのに…さびしいな。今度、埋め合わせしてね。ドタキャンにならないようにしてほしいな」

その時の気持ちや、どうしてほしかったのか、を伝えればよかった…と振り返っていました。

怒りの原因となった“一次感情”に目を向ける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

その他、よく耳にするあるあるな事例をあげてみましょう。

親子間では、連絡なしに子どもの帰宅が遅くなったとき、何かあったのでは…と不安や心配がつのり、顔を見た瞬間につい

「何時だと思っているのよ!なんで連絡くらいできないの!!」

怒りをぶつけてしまう…。

夫婦間では、保育園に通う子どもの育児と仕事との両立で忙しく、そのうえ家事も…そんな状況なのに、言わないと手伝わない夫に対して

「なんで手伝わないのよ!テレビ見ていないで、手伝ってくれたっていいでしょ!」

と感情的に責めてしまう。しんどい、大変、疲れている…というネガティブな感情がたまっていて、怒りとなって溢れてしまった…。

怒りはエネルギーが強いので、このように、本来伝えたかった一次感情に目を向けることができなくなってしまう人が多いのです。本当にわかってほしい感情・気持ちを相手にわかってもらうためにも、感情的になるのではなく、「感情を言葉にすること」を目指しましょう。イラッとしたとき、どんな感情が潜んでいるのか、目を向けてみてください。自分の感情を大切にすることは、自分自身を大切にすることにも繋がっていくのですから。

次回は、怒りのもとになる「○○べき」の話、怒りの記録であるアンガーログをつけるトレーニング法についてご紹介します。お楽しみに。

日本アンガーマネジメント協会 戸田久実



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師の仕事を歴任。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


【WOMe 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

【WOMe 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

年末年始、帰省先で久しぶりに会う身内や友人。久しぶりに会うと話に花が咲きますよね。ただ、聞かれたくないことを聞かれることも…。たまにしか合わない人とのコミュニケーションでつい、「イラ!」っとしたときはこんな記事を読んでみては?


【WOMe 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

【WOMe 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

マンネリ夫婦の重い課題…セックスレス問題。気にはなっているものの、そのまま放置してしまってるアラフォー夫婦は多いのではないでしょうか。セックスレス解消は簡単なことではありませんが、今年は少しずつ意識することから始めてみませんか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター