イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】

イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】

ストレスは美容の大敵! 頭では分かったいるけど、社会でも家でもストレスを感じない日なんてない…。そこで、ストレスを感じても“貯めない”コツや、その都度解消する方法をモデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央さんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

結婚後子どもが生まれ、勝手な思い込みからストレスが限界に

私は結婚してからストレスを実感するようになりました。

今から思うと、独身時代は《ストレス》とは無縁でした。もちろんそれなりにあったのでしょうが、クラシックバレエのレッスンで思う存分体を動かし心身共にしっかりとレフレッシュしていたのです。

結婚をしてからは、慣れない子育て・家事・仕事をこなしながら自分のリフレッシュする時間を思うようにとれず顔つきがきつくなり、すぐイライラして子供にも夫にも怒りをぶつけるようになっていました。子育てをしているとついつい、「今しかないこの時この瞬間を子どものそばにいて、できることは何でもしてあげたい!」と、自分自身が勝手に思い込んで頑張った結果、「これはストレスが溜まっているんだ」ということを感じたんです。

日々イライラがまして子どもにも強く当たってしまった時には「私何しているんだろう…」と、情けないやら悲しいやらでとても苦しかったです。

私はかなり我慢強いタイプなのですが、症状が出てくる頃には相当ストレスもたまっていて心身ともに良くない状態だったと思います。

無意識のうちに縛られていた「○○べき」から解放された瞬間、新しい“モデル栗本奈央”に出会った

Getty logo

20代の頃は「モデルとはこうあるべき!!」と強いこだわりを持ち、自分の作った縛りの中で窮屈に生きていたと思います。もちろん、これは今だからわかること…感じることです。

“強いこだわり”と言えばかっこいいかもしれませんが、ただ単に頑固だったんですね私。しかし年齢を重ねるごとにそのこだわりに違和感を感じ始め苦しくなってきました。そして、30歳になる直前、その思い込みや縛りを思い切って捨てたんです。その時の解放感や心地よさ生きやすさを今でもよく覚えています。

自分勝手な思い込みに縛られ、“こうしなければ” “こうでなければならない”と、頑固だった私は自分自身でストレスをかけていたんです。もちろんその時には間違っているともおかしいとも思っていませんでしたし、ストレスだとも感じていなかったですが、「モデルはこうでなければならない・こうあるべきだ」という思い込みを捨てた時、その時代、その年齢にあった新たなモデル栗本奈央に出会えたんです。

柔軟性を持って思い通りにならないことを許せる心を持つ

私は上記のモデルの経験をいかし、今では決めつけや思い込みをなくし、“ただ自分らしくいられる受け入れ方”を心がけています。

受け止め方や考え方はもののとらえ方一つで大きく変わってきます。

例えば…
●何時までにこれをしなくてはいけない
⇒何時までに出来ることをすれば良し!!
(すべて完璧にこなせなくても許せる心をもつ)

●やることがあれもこれもまだまだいっぱいある。時間が足りない
(心も体も煮詰まってきている状態のときはこうなります)
⇒思い切ってリフレッシュしに、レッスン行こう!!
(煮詰まるなら先にリフレッシュしてみる)など・・・

「こうしなきゃいけない、こうあらねばならない」という自分勝手な思い込みを捨て、柔軟性を持つことで、自分が一番幸せな状態でいられる“自分らしい”豊かな人生を過ごせるのではないでしょうか。

自分だけのストレス解消法を見つけて自分を労わる

私はストレス解消法として必ず【自分の為の時間を作る】ようにしています。そしてそれが【好きなこと】【今に集中すること】なら、なお良いんです。

私は大好きなクラシックバレエのレッスンで心地の良いクラシックの曲に合わせながら体と心に向き合い、集中してレッスンをすることで自然とリフレッシュできストレスも上手に発散できています。

集中することで充実感や幸福感をしっかりと感じ、こり固まった体もほぐされて心身ともにスッキリいきいきとします。心身ともに元気であれば美容にも嬉しい効果(肌艶がよく若々しくなります)に繋がっていきますしね。

自分だけのストレス解消法を見つけることで、ストレスと上手く付き合っていけると思います。そして頑張りすぎることをやめ、自分が楽しいと思えることを目安に行動できるようになると、きっと“心身ともにハッピー”になるのだと思います!

モデル・美姿勢トレーナー 栗本 奈央



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

モデル・美姿勢トレーナー/クラシックバレエのメソッドをアレンジしたオリジナルエクササイズをもとに美姿勢、仕草などを発信

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


【WOMe 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

【WOMe 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

年末年始、帰省先で久しぶりに会う身内や友人。久しぶりに会うと話に花が咲きますよね。ただ、聞かれたくないことを聞かれることも…。たまにしか合わない人とのコミュニケーションでつい、「イラ!」っとしたときはこんな記事を読んでみては?


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

“男性学”研究者 田中俊之さんインタビュー『<40男>はなぜ嫌われるか』<第一回>【#FocusOn】

なぜ40男が嫌われるのか?40男たちの生きづらさとは?『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)著者 大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんインタビュー!親との関係、学校教育、就職氷河期、どんどん変わる社会…40男が嫌われる理由について率直に語っていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター