イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】

イライラしても大丈夫! ストレスとの上手な付き合い方【ライフスタイル“美”メソッド #4】

ストレスは美容の大敵! 頭では分かったいるけど、社会でも家でもストレスを感じない日なんてない…。そこで、ストレスを感じても“貯めない”コツや、その都度解消する方法をモデルで美姿勢トレーナーの栗本奈央さんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

結婚後子どもが生まれ、勝手な思い込みからストレスが限界に

私は結婚してからストレスを実感するようになりました。

今から思うと、独身時代は《ストレス》とは無縁でした。もちろんそれなりにあったのでしょうが、クラシックバレエのレッスンで思う存分体を動かし心身共にしっかりとレフレッシュしていたのです。

結婚をしてからは、慣れない子育て・家事・仕事をこなしながら自分のリフレッシュする時間を思うようにとれず顔つきがきつくなり、すぐイライラして子供にも夫にも怒りをぶつけるようになっていました。子育てをしているとついつい、「今しかないこの時この瞬間を子どものそばにいて、できることは何でもしてあげたい!」と、自分自身が勝手に思い込んで頑張った結果、「これはストレスが溜まっているんだ」ということを感じたんです。

日々イライラがまして子どもにも強く当たってしまった時には「私何しているんだろう…」と、情けないやら悲しいやらでとても苦しかったです。

私はかなり我慢強いタイプなのですが、症状が出てくる頃には相当ストレスもたまっていて心身ともに良くない状態だったと思います。

無意識のうちに縛られていた「○○べき」から解放された瞬間、新しい“モデル栗本奈央”に出会った

Getty logo

20代の頃は「モデルとはこうあるべき!!」と強いこだわりを持ち、自分の作った縛りの中で窮屈に生きていたと思います。もちろん、これは今だからわかること…感じることです。

“強いこだわり”と言えばかっこいいかもしれませんが、ただ単に頑固だったんですね私。しかし年齢を重ねるごとにそのこだわりに違和感を感じ始め苦しくなってきました。そして、30歳になる直前、その思い込みや縛りを思い切って捨てたんです。その時の解放感や心地よさ生きやすさを今でもよく覚えています。

自分勝手な思い込みに縛られ、“こうしなければ” “こうでなければならない”と、頑固だった私は自分自身でストレスをかけていたんです。もちろんその時には間違っているともおかしいとも思っていませんでしたし、ストレスだとも感じていなかったですが、「モデルはこうでなければならない・こうあるべきだ」という思い込みを捨てた時、その時代、その年齢にあった新たなモデル栗本奈央に出会えたんです。

柔軟性を持って思い通りにならないことを許せる心を持つ

私は上記のモデルの経験をいかし、今では決めつけや思い込みをなくし、“ただ自分らしくいられる受け入れ方”を心がけています。

受け止め方や考え方はもののとらえ方一つで大きく変わってきます。

例えば…
●何時までにこれをしなくてはいけない
⇒何時までに出来ることをすれば良し!!
(すべて完璧にこなせなくても許せる心をもつ)

●やることがあれもこれもまだまだいっぱいある。時間が足りない
(心も体も煮詰まってきている状態のときはこうなります)
⇒思い切ってリフレッシュしに、レッスン行こう!!
(煮詰まるなら先にリフレッシュしてみる)など・・・

「こうしなきゃいけない、こうあらねばならない」という自分勝手な思い込みを捨て、柔軟性を持つことで、自分が一番幸せな状態でいられる“自分らしい”豊かな人生を過ごせるのではないでしょうか。

自分だけのストレス解消法を見つけて自分を労わる

私はストレス解消法として必ず【自分の為の時間を作る】ようにしています。そしてそれが【好きなこと】【今に集中すること】なら、なお良いんです。

私は大好きなクラシックバレエのレッスンで心地の良いクラシックの曲に合わせながら体と心に向き合い、集中してレッスンをすることで自然とリフレッシュできストレスも上手に発散できています。

集中することで充実感や幸福感をしっかりと感じ、こり固まった体もほぐされて心身ともにスッキリいきいきとします。心身ともに元気であれば美容にも嬉しい効果(肌艶がよく若々しくなります)に繋がっていきますしね。

自分だけのストレス解消法を見つけることで、ストレスと上手く付き合っていけると思います。そして頑張りすぎることをやめ、自分が楽しいと思えることを目安に行動できるようになると、きっと“心身ともにハッピー”になるのだと思います!

モデル・美姿勢トレーナー 栗本 奈央



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

モデル・美姿勢トレーナー/クラシックバレエのメソッドをアレンジしたオリジナルエクササイズをもとに美姿勢、仕草などを発信

関連する投稿


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

女性ホルモンを整えるフローヨガをご存知ですか?私達女性のホルモンはジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。女性の健康はホルモンバランスと大きく関わっていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスを整えることでハッピーでエネルギッシュな毎日を過ごすことができますよ♪


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯住宅に両親と同居している夫婦の夜の営み事情。自分の親であれ夫の両親であれ、いるとなかなかリラックスして抱き合えないという話はよく耳にします。気を使うことに疲れてセックスレスになる可能性もあり、二世帯住宅でのセックスは難しい⁉ 実際問題どんな感じなのか、実例を元にお話しします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google