【アラフォーがキャリアを考える時 #3】アラフォーがついやってしまいがちなキャリアデザインの落とし穴

【アラフォーがキャリアを考える時 #3】アラフォーがついやってしまいがちなキャリアデザインの落とし穴

「このままでいいのかな?」そう考え転職を考え始める…年齢も年齢だし、最後の転職かも…と慌てて職探しをして、次の会社へ入って「あれ?こんなはずじゃなかった」と感じる。アラフォー女性のあるある話です。そこでキャリアカウンセラーの朝生容子さんにアラフォー女性が陥りやすいキャリアデザインの落とし穴について教えていただきました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

経験や実績を積むほど“思い込み”が強くなる

アラフォーは、人生経験をある程度積み、情報網もある程度もっている年代です。そうした情報をもとにした成功体験や失敗から、自分なりの「経験則」が誰にでも多かれ少なかれあります。この経験則が、時に「思い込み」や「先入観」となって、ハッピーなキャリアを歩む上での障害となることがあります。

たとえば、第1回のAさん第2回でご紹介したBさん、どちらも「ワークライフバランスをとれるのは一般事務職」という強い思い込みを持っていました。世の中に流布する「ブラック企業」の話や、友人・知人の話などとご自身の経験から、そうした考えを持つに至ったのだと思います。また、テレビドラマなどで見る企業のOLがプライベートを楽しむ様子なども、その印象を強めたかもしれません。

一度、一般事務職の印象が強くなると、他の職種の可能性が目に入らなくなってしまうこともありがちなことです。その結果、「ワークライフバランスをとるためには一般事務職でないといけない」と強く思い込んでしまうのです。

別の世界の人との接触が自分の「思い込み」を防ぐ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「その考えが、何を根拠に生まれたのか?」「その根拠は本当か?」などと自分の考えを常に俯瞰してみる癖をつけることで、こうした思い込みはある程度、避けられます。

また、自分とは異なる属性の人との接点を日頃から持つことで、自分の考えを客観視する機会を作ることができます。ずっと一つの会社に勤めてきた人であれば、他の会社の人と接点を持てる場に積極的に参加する。また、会社員ではないフリーランスや専業主婦の人と付き合ってみると、もっと異なった価値観に出会えるでしょう。

できれば、一定の期間お付き合いできるような場がお勧めです。習い事や何かのスクールに通ったり、サークルやNPOなど会社以外の組織に参加してみたりするのもいいでしょう。そうした出会いによって、自分が持っている常識が、必ずしも他の世界の常識でない、ということに気が付きます。これが、自分のなかで「あたりまえ」とされていることを見直す第一歩となるのです。

「資格がないと転職できない」は本当か?

転職や再就職を目指す方がよく口にする言葉に、「私は資格もないので難しいと思う」というものがあります。では、逆に、資格があれば転職できるのでしょうか?

その仕事をするための基本的知識を持っている証明として、資格は有効です。ただ、資格取得で学べるのは基礎レベルです。実務の場で成果を高めるには、資格レベル以上のスキルが必要なのです。

業務遂行能力を示す“スキル”は、実は階層を積み重ねて形成されています。(上図)「資格」は一番上のテクニカルスキルにあたります。

しかし、仕事は、テクニカルスキルだけで行うものではありません。たとえば、様々な事象から共通点や法則性を見出す「コンセプチュアルスキル」は、何か業務の改善を行うときなどには必要とされます。

また、コミュニケーションや協調性といった「ヒューマンスキル」は、社会で働く以上、誰にでも求められることは実感として理解いただけると思います。

ありがちなのは、最も外から見てわかりやすい「テクニカルスキル」にばかり目が行き、他のスキルの重要性を忘れてしまうこと。

アラフォー世代は、これまでの人生経験で、「コンセプチュアルスキル」や「ヒューマンスキル」を培ってきている方がたくさんいます。「テクニカルスキル」も必要ですが、ぜひご自分の「コンセプチュアルスキル」や「ヒューマンスキル」にも着目して、可能性をさぐってみてください。

現実を無視して「自分は例外」と思っていませんか?

思い込みや先入観は避けたほうが良いとはいえ、無視できない現実もあります。しかし、その現実を無視して、自分の希望条件を積み上げようとする方もいます。

その場合、3パターンに分けられます。

1、単に現実を知らない
2、現実を知っていても受け入れられない、もしくは自分は例外に当たると考えている
3、現実はよく認識したうえで、あえて条件を積み上げている

この中で、もっとも難しいのは“2”のタイプです。

“1”のタイプには、現実を提示することで納得していただけます。“3”のタイプは、現実を知ったうえで、希望している目的がはっきりされています。簡単ではないですが、目的達成に向けての対策は立てようがあります。それに対し“2”の方は、現実をわかっていながらそれを無視する行動をとるという、なかなか複雑な状況です。

現実を受け入れられない人は、まず希望条件の優先順位付けができていないようです。また、一度に理想のキャリアを実現しようとし、時間を追って段階的に何かを成し遂げようとする発想も不足しているように想います。

広告代理店で、約2年間、契約社員として営業の経験を積んでこられたCさんの例をご紹介しましょう。

経済的にご実家を支援する必要が生じたため、今より年収アップをしたいと転職のご相談にいらっしゃいました。さらに、この機に人事部門での正社員になりたいとのこと。Cさんの希望年収額は、現時点の1.5倍。日本での転職の場合、今の年収がよほど相場以下の場合を除き、現職と同じ仕事であればプラスマイナス1割が相場です。経験のない仕事に就く場合は年収ダウンすることも多いのです。

経験のある営業職であれば、正社員転換の可能性は高いうえ、インセンティブ制度の厚い会社を選べば、営業成績次第ではさらなる年収アップも可能です。

そこで、年収アップが最優先であれば、営業職での転職を目指した方がよいとアドバイスしました。ところが、「これ以上、年齢を重ねると人事を経験するのが難しくなる」と、あくまで職種にこだわります。結局、希望条件を少しも妥協されることはありませんでした。

この方の場合、段階を踏めば、人事部への異動の可能性はあったのではと思います。いったん営業職で転職し、新しい会社で採用の手伝いなどで人事との接点を持ち、異動を狙うという方法もあります。異動制度があるのが前提ではありますが、未経験求人がほぼない中で勝負に出るよりは、可能性は高かったのですが、残念ながら納得していただくには至りませんでした。

可能性が広がるアラフォー世代

聞いたことのある人も多いと思いますが、35歳を過ぎると日本では転職が難しくなる「転職35歳限界説」というものがあります。

しかし、『DODA』の調査によると、10年前に比べ、アラフォー世代の転職率は大幅に増えています。35~40歳の転職成功者の割合は全体の8.0%から14.6%に、40歳以上の転職成功者の割合は2.5%から16.2%になりました(DODA「みんなは何歳で転職している?
転職成功者の年齢調査(2016年下半期)」より)。

アラフォーのキャリアの可能性は広がりつつあります。それを活かすためにも、今回ご紹介した落とし穴を参考にしていただければ幸いです。

キャリアコンサルタント 朝生 容子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。社会人のキャリア相談に乗るほか、セミナーや研修講師、執筆等に取り組む。

関連する投稿


【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

「マインドフルネス」っていう言葉、ときどき聞くようになったけど、どういう意味? と思われている方も少なくないと思います。グーグル、フェイスブック、ナイキ、フォードなどの最先端の企業で取り入れられ、トップアスリートを始め多くの人々が毎日実践している、今世界が注目するマインドフルネスについて正しい意味をご説明します。


【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう!

【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう!

キャリアコンサルタント朝生容子さんの連載もいよいよ今回が最終回。女性が働くということを考えた時、社会や家族などのしがらみのなかで、困難が待ち構えていることもあります。そんな日々を精一杯送るすべての女性たちへ朝生さんからのメッセージです。


【エモまと】気合が足りないかも。ビシッとしたいならコレ!

【エモまと】気合が足りないかも。ビシッとしたいならコレ!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【アラフォーがキャリアを考える時 #7】部下に対してやってはいけないこと、やるべきこと

【アラフォーがキャリアを考える時 #7】部下に対してやってはいけないこと、やるべきこと

アラフォーになると上司という立場で部下をマネジメントする方も多くいらっしゃるでしょう。いざ、マネジメントしようとするとどうしていいか分からない…。部下が自分のいうことを聞いてくれなかったり、どう仕事をお願いすればいいかわからない、というお悩みを持っている方も多いです。そこで今回は現代のリーダー像についてお話します。


最新の投稿


【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター