横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】 | 大人のワタシを楽しむメディア
横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

横浜「お加代」狸小路で60年続く焼鳥店で創作串を【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #5】

中沢文子の女・酒場巡礼第5回は、横浜・お加代。日本ならでは食のひとつ「焼鳥・モツ焼き」。焼く芳しい香りにそそられ、ついついお店に入って飲んでしまった…なんてことがありませんか? 代名詞のしろはもちろん、アイデア光る創作串を味わうなら、横浜駅で昭和28年から続く焼鳥の「お加代」です。ご主人も常連さんも温かく、女性も1人で気軽に飲むことができます。


昭和のレトロな雰囲気漂う路地に潜む名店

百貨店や大企業のビルなどが立ち並び、食に遊びに事欠かない横浜駅。西口側にファッショナブルな雰囲気からは想像もつかない、60年以上続く飲み屋街「狸小路」があるのをご存知ですか? 
細い路地へ足を入れれば、街の喧騒とは無縁の古き良き昭和の香りが漂う別世界で、その光景はまるで映画の舞台セットのようです。飲兵衛が夜な夜な集う数々の名居酒屋が軒を連ねますが、なかでも焼鳥の「お加代」。
3代続く焼鳥店で、ご主人と息子さんの家族で切り盛りされ、本店とこちらの狸小路の2店舗あります。

店内は、1階はL字型のカウンター、2階はテーブル席で構成。焼き台の周辺は常連客の特等席ですが、カウンターの隅に息子さんが立つので、そちらも常連シートとなっています。

滋味豊かな香草ラム焼は必食!

朝仕入れた新鮮な肉を、さばきから串刺しまで、すべて手作業で行っています。メニュー表もありますが、ケースにずらりと並ぶ串から、どれにしようか悩みつつ選ぶのもおすすめ。
すなぎもやれば、かしらなどなど20種以上揃いますが、最たる魅力は創作串。ほかの店では口にできない代物が目白押しなんです。

カボス割り、お新香、串焼き(左から:牛スジ串、にしん蒲焼、平成だんご、あげまき、香味ラム焼き)

鶏肉のささみを油揚げで巻いた「あげまき」(160円)、にしんを蒲焼風に焼く「にしん蒲焼」(160円)。さらに軟骨やネギなどで作っただんごの上にカボス胡椒をぬる「平成だんご」(160円)などバラエティー豊かで、1つ1つ手が込んでいるのもポイント。特に数多の客を魅了しているのが「香味ラム焼」(160円)です。

ご主人がニュージーランドに行った時に食べたラムのあまりのおいしさに、何とか串に出来ないか創意工夫。試行錯誤の末に、ラムとニンニクの芽の組み合わせに辿りついたそうです。オレガノなどの香草がかかっているからか、ラム特有のクセも感じず、ニンニクの芽のほんのりした甘さとも絶妙なハーモニー。ラムが苦手な人も食すほどで、一度食べたらハマってしまいますよ。

創業以来受け継ぐしろもおすすめです。旨味が詰まった継ぎ足しの秘伝ダレでぜひ味わってください。昔から継承されるしろ、ご主人考案の創作串を食べ比べるのもおつです。
串以外にも、お新香(300円)や塩辛などもありますが、すべて自家製というのもうれしいですね。

お供にはカボス入りの焼酎を

またお酒はビール、焼酎、酸っぱい梅酒などさまざまありますが、いちおしは「カボス割」(520円)です。ご主人が大分へ行った時に名産であるカボスに感銘を受け、焼酎に入れて飲んだところおいしかったことから、グランドメニュー化したそうです。飲むと、爽やかなカボスの味と香りが口いっぱいに広がり、焼鳥と最高に合うんです。ちなみにカボスは大分産とこだわっているそうです。

ご主人はフライフィッシング界の有名人

実はご主人の田代法之さんは、フライフィッシングの第一人者。界では世界的に有名な方で、とある大統領から招待されたほか、本も出されています。アメリカやニュージーランドをはじめ、世界中へ釣りをしにまわっていらっしゃり、各国でいろいろなものを食べていられるからでしょうか。食に敏感で、非常にグルメ。
創作串はその経験から生まれたのでしょう。

アットホームな雰囲気&常連さんもいい方揃い

(左)2代目ご主人 田代法之さん(右)三代目兄弟の弟さん

ご主人は聡明なうえにホットな人柄で、それを反映するかのようにお客さんもいい方ばかり。2代目ご主人と3代目(長男)の立つ日は異なりますが、ご主人とお客さんでいつも談義しながら和気あいあいと楽しく飲んでいるのも、この店のいいところ。

おいしい串にテンポよく繰り広げられる会話。あまりの楽しさに疲れも吹き飛び、居心地の良さについつい長居してしまいます。田代さんの影響で、釣りを始められた方も多く、釣りの話で盛り上がることも多々。一見さんでもすんなり溶け込むことができますので、臆せず、ご主人やお客さんの会話に入ってみてください。

新たな世界が広がるかもしれませんよ!

焼鳥 お加代 狸小路店
住所:横浜市西区南幸1-2-2
TEL:045-311-2094
営業時間:17:00~24:00(LO23:30)
定休日:なし



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(7)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(7)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんななか会社の後輩・新垣との距離がグッと縮まるできごとが。さらに百合の苦しい過去を知る女優・井本飛鳥に偶然出会う。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google