「なにをやってもダメ」だった肌モニター91%*を満足させた美容液、誕生☆ | 大人のワタシを楽しむメディア
「なにをやってもダメ」だった肌モニター91%*を満足させた美容液、誕生☆

「なにをやってもダメ」だった肌モニター91%*を満足させた美容液、誕生☆

夏のストレスにはお肌にも表れますよね…。慢性的な肌不調のあるアラフォー女性に必見の商品がアユーラから発売されました! なんとモニターテストで91%が満足したという商品なんです!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アユーラがダメージ肌モニター91%*を満足させた美容液発売!

アラフォーともなるど、肌の不調は慢性化…日々の衰えのスピードに必死に抗ってキープできていればいい方で、「お!肌キレイになった?」なんて感じること、なかなかないのではないでしょうか。

そんな女性たちの悩みに長年向き合い続けているアユーラが肌とストレスの関係に着目しました。肌がダメージを受けると肌リズムが不安定になり、「普段のお手入れが実感できない」「肌の透明感がなくなる」「肌が荒れる」などさまざまな悩みが現れてそれを繰り返すようになります。

そんなダメージ肌に悩む女性のための進化系美容液が「アユーラ リズムコンセントレート」なんです!発売前のモニターテストで『91%が満足』という高評価を得た、確かな手応えを追及した美容液です。

アユーラ リズムコンセントレートがこんなにすごい!

ダメージで不安定になった肌リズムを整える美容液として発売された「アユーラ リズムコンセントレート 」。からだや心の疲労、紫外線や乾燥、ブルーライトなどによるダメージ肌を、艶やかではりのある健やかな状態へ導いてくれます。毎日つかい続けるごとに、しっとり、もちもちとした肌を体感できます。

その仕組みは、生命力の強い樹木<コウヤマキ>のエキス※1が、 肌ダメージにしっかり働きかけます。 そして、肌のコンディションを整えてダメージケアをして肌をしっかりと守り、肌本来の美しさを引き出して、潤いと透明感のある肌へ導いてくれます
 
さらに、リラックス効果があるとされているベルガモット、ローズマリーなどを中心としたアロマティックハーブの香りを採用してます。また、ダメージを受けた肌にも安心な低刺激設計です。

朝晩、化粧水で肌を整えた後にディスペンサーを2 回押した量を手のひらにとり顔全体になじませてくださいね。角質にぐんぐん浸透していくような心地よい感触を味わうことができます。

※自社調べ ※1コウヤマキ枝/葉エキス ※2アセチルヒアルロン酸Na


【商品情報】
商品名:アユーラ リズムコンセントレート <美容液>
価格 :8,000円(税抜)
容量 :40mL

アユーラ | 負けない肌へ。

https://www.ayura.co.jp/

女性が輝く時代になるほど、その肌が受けるダメージはどんどん増していきます。体調や心の乱れ。紫外線や乾燥。エイジングへの不安。だからこそいま、さまざまなダメージに「負けない肌」をつくることが、アユーラの使命だと考えました。なにがあっても、肌は大丈夫。ゆらがない肌を通して気持ちが強くなることで、女性はもう一歩前へ、踏み出していけると思うのです。負けない肌へ。アユーラ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連する投稿


<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

女性ホルモンを整えるフローヨガをご存知ですか?私達女性のホルモンはジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。女性の健康はホルモンバランスと大きく関わっていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスを整えることでハッピーでエネルギッシュな毎日を過ごすことができますよ♪


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google