もしかして私、モラハラ被害者かも…そう思った時にすべきこと【離婚を考えた時知っておくべき知識 #3】 | 大人のワタシを楽しむメディア
もしかして私、モラハラ被害者かも…そう思った時にすべきこと【離婚を考えた時知っておくべき知識 #3】

もしかして私、モラハラ被害者かも…そう思った時にすべきこと【離婚を考えた時知っておくべき知識 #3】

三船美佳と高橋ジョージの離婚劇で、社会的認知が一気に高まった”モラハラ”。その後も、芸能人の離婚報道と併せてモラハラの実態がテレビやネットで紹介され、「うちの状況によく当てはまる!」と、初めてモラハラ被害に気づく妻が多くいらっしゃいます。では、「私はモラハラ被害者かも?」と思った時、一体どうしたらいいのでしょうか?


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

モラハラ被害に気づくのに、結婚から約10年経過という実態

自分が”モラハラを受けている”ということにいつ気が付くか?

新婚生活中や、結婚数年以内に「モラハラだ!」と気づく方もいらっしゃいますが、結婚後10年前後経って、やっと、「ひょっとして、モラハラじゃない?」と気づく方が圧倒的に多いです。

浮気や暴力と違って、これといった大きな出来事がないために、「結婚生活が幸せでない」本当の理由を見極めることが難しいのです。

<モラハラ結婚が長期化する妻のタイプ>
・私に原因があると思っている
・温厚で我慢強い生活
・人間性善説を信じている。問題が解消すれば、分かち合えるはずと思っている
・私さえ我慢すれば、円満にいくと考える
・離婚はすべきでないという思い込みがある
・どちらかというと自信が無い

いかがでしょうか? 当てはまる妻は多いのではないでしょうか?

割と主張する、しっかりしたタイプの妻であっても、モラハラ結婚生活を送る中で諦めと同時に徐々に夫に抵抗しなくなっていきます。

心の中では、非常に大きな違和感を感じつつも、表面上は夫に従うことで、結婚生活を成立させていくのです。

例えば、夫の稼ぎが1000万、子供が3人、結婚生活13年とします。

端から見れば、何も問題の無いように見える結婚生活。浮気もDVもありません。親族などの身近にモラハラ離婚した人もいません。そういう場合には、やはり、「自分はモラハラ被害にあっている!」と気づくことは遅れ、また、気づいたところでどうすればいいのか、なかなか判断するのが難しいのです。

モラハラに修復の道はあるのか?

Getty logo

モラハラが収まって良好な関係が築けるようになるかはモラハラの程度によります。

もはや、親や友人の「結婚なんてそんなものよ」というアドバイスでは、どうにもならない気持ちになっているならば、早めに専門家に相談し、多くの事例の中で、「うちの場合はどうなのか?」という情報を得ると良いでしょう。

修復の判断についても、方向性を得られるはずです。

例えば、あなたが結婚から12年経っていたとしましょう。
結婚当初からモラハラ被害を受け、長期に及び苦しい悩みを抱え続けてきています。
今から、修復をトライする価値があるのか?
私としては、慎重に判断すべきと考えております。

その理由は以下の通りです。

・長期の苦しい結婚生活の中で、もはやあなたは夫への愛を失ってしまっていることがほとんど
・夫に全く自らを省みる姿勢がない
・夫の父親も夫に似ている

多くの場合、上記に当てはまりますが、あなただけが、カウンセリングに通って本当に夫と仲良くなれるのでしょうか? ご自身でよく考える必要があります。

そもそも、モラハラ夫はカウンセリングに通いません。行ったとしても、カウンセリングでカウンセラーを論破することに努め、「ほら、俺が正しいだろう?」という流れにもっていこうとします。

”修復”が、同じ家に住み続けることを意味するのか、愛し合うことを意味するのか?

この点についても、最初に明らかにしておく必要があります。

関係はふたりで築くものです。

仲良くなることを目指すカウンセリングの場合、全く自らを省みる姿勢の無い夫に対し、あなただけの自己改善によってモラハラ夫を直せるのかどうか、自らで判断する姿勢はもっておいていただきたいと思います。

そうでないと、また今後長期にわたり、いつ叶うか分からない希望を追って、「自己改善」「私さえ妻力をアップすれば事態は改善するはず」という苦しい思いをする可能性があるんです。

夫が少しは反省して、変わろうとしている姿勢が持続的にみられるという場合は、修復を前向きに検討しても良いでしょう。

次回は、修復など検討する必要もないほど、妻が「離婚」の決意を固めた場合の進め方についてお話ししたいと思います。

行政書士 離婚カウンセラー 阿部貴子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連する投稿


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

父親の自覚がない旦那さんにお困りの方多いですよね。育児もあまり協力的でないし、どうして父親の自覚を持てないの?「親になれない夫」に手を焼く妻は多いですが、そもそも母性本能がない男性は、女性のように妊娠中から「我が子」に対する愛着を持つのは難しいこと。ですが、やり方次第で「良きパパ」に変身する可能性もあるのです!


怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒り爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

女性が集まれば、始まるマウンティング。それは、ママになっても変わりません。職場以上に価値観も世代も違う女性たちとのかけひきが必要なママ友づきあい。特にまだまだ血気盛んなアラサー世代などは「うちの方が凄いわよ」「お宅より優れているわ」とあからさまな口撃をしかけてくることも。どう受け止め、流せばいいのか考えてみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

「もしかしたら私の母親は毒親…?」「私自身が毒親になってる…?」最近メディアでよくとりあげられるようになった毒親。いったいどんな行動や発言をする親のことをいうのでしょうか。具体的な例を通して紹介します。


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google