イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

怒りの原因は自分自身の中にある

イライラしたとき、こんなふうに思ったことはありませんか?
「あの人が私を怒らせた!」
「この状況が私をイライラさせる…!」
「あの時にあんなことがあったから!」
と、怒りの原因を何か、誰か,出来事のせいにしていないでしょうか。

しかし怒りの原因は、それらではなく、本当は自分自身の中にあるのです。
どういうことかと言うと、怒りは「こうあってほしい」「こうであるはずだ」といった、自分の願望、理想、期待がその通りにならなかった時に生まれる感情だからです。

“○○べき”という思い込みが生み出すイライラ

Getty logo

そして、その自分の理想、願望、期待を象徴する言葉が『べき』です。
普段の生活の中で、「〜あるべき」「〜するべき」と思うことはありませんか。
『べき』はゆずれない価値観とも言えます。
「使ったものはすぐに元に戻すべき」「トイレの便座は下げるべき」「夕飯がいらないのであれば連絡すべき」「靴下は表に返してから洗濯カゴに入れるべき」「会議は開始10分前に集合するべき」など…。

様々な経験の中で身に付いた「べき」、家庭のしつけなどからできた「べき」、人それぞれ抱く「べき」はいろいろありますね。

また、「時間は守るべき」「挨拶はするべき」など、多くの人が共通で抱く「べき」もありますが、それも「程度」が違うことがあります。例えば、「挨拶はするべき」といっても、人によって“どこまで、どの程度の挨拶を望むか”は違うことがあるということです。

朝の出勤時に職場で挨拶をされたら、「仕事中でも手をとめて、相手のほうを見て、大きな声で笑顔で挨拶をするべき」と思っている人、「目を合わせて挨拶すればよし」と思っている人、「仕事中のときもあるので、挨拶が聞こえるようにできれば、目を合わせなくてもいい」と思っている人もいます。

どこまでの挨拶をのぞむかは人それぞれなのですね。

自分の「べき」がその通りにならなかった時、この言葉が出てきたら要注意!

「“ふつうは”こうするべきだよね!?」
「これって“当たり前”のことでしょ?!」
「“常識”だよね?」

自分にとっての「当たり前」「ふつう」「常識」だと思っていることは、相手にとって違うこともあるのです。「自分の“べき”は正しい!」と押し付けると「やっかいな人…」と思われてしまう可能性もあります。

許容範囲を広げると自分自身がラクになる

人それぞれの「べき」があり、様々な状況があるので、「いろいろな考え方や価値観があるよね」と違う価値観を認めたり、「この程度なら、ま、いいかな」と許容範囲を少しゆるめてみてください。すると、イライラの頻度や度合いが低くなって自分自身がラクになりますよ。

たとえば、夫に対して「夕飯がいらないのであれば朝、言うべき」と思っていたけど、急な飲み会や残業もあるという状況も考えて、「せめて作り始める17時までには連絡してね」と言ってみる。

メールやLINEでメッセージを送ってもすぐに返信をしてこない相手に対して、
2時間以内の返信が理想だったけど…忙しい状況だということもあるだろうから「ちゃんと見てくれたか心配だから、せめてその日の夜までには返信してね」
と、少し許容範囲をゆるめてみる。大切な人や身近な相手にはそうやって伝えてみませんか。「言わなくてもわかるでしょ!」などとは思ってはいけません。それぞれ「べき」が違うので「言わなくてはわからない」のです。

他人だけでなく、自分自身に課している「べき」もありませんか。母親や、他の女性と比べて落ち込む女性(40代前半)の相談を受けたことがあります。

「掃除は毎日完璧にするべき」「美しく、品のある立ち居振舞いができるべき」「泣き言は言わないべき」など。

その通りにできずに、自分にイライラして自分を責めたり、まわりにも八つ当たりし、自己嫌悪に陥る…なんてことは避けたいですよね。

アンガーログをつけると自分の“○○べき”が見えてくる

Getty logo

人は皆、不完全なところがあり、完璧ではありません。自分のよいところ、できているところに目を向け、「べき」のとおりにならなくても「ま、いいか。できているところもたくさんあるし。これは世間一般の「べき」ではないかもしれないし。」と、ゆとりを持ってみませんか。

ただし、ここで注意すべき点は「べき」を信じることは悪いことではないので、なくす必要はないということです。自分がどのような「べき」を持っていて、“どの程度”を望んでいるのか? それは周囲の人と同じ程度なのか? そしてその許容範囲はどこまでなのか? 少しゆるめることはできないのか?よく考えてみたら、たいしたことではないと思える「べき」はないのか? を振り返ってみては?ということです。

自分の「べき」を洗い出すために、そして怒りの傾向を知るためにもアンガーログをつけることをおすすめします。

アンガーログとは、どのようなことで怒りを感じたか記録することです。これはアンガーマネジメントの基本となる取組みです。

《アンガーログの例》
9月○日
場所:○駅のホームで
出来事:並んでいたら、割り込まれた
思ったこと:並んでいるんだから割り込まないでよ
べき:順番に並び、割り込むべきではない


専用のノートを作ってもいいし、スマホのメモ機能でもかまいません。アンガーログをつけることによって、どんなことに怒りがわくのか、怒りの原因の「べき」は何か、自分の怒りの傾向がわかるようになるので、おすすめです。

いかがでしたでしょうか? 怒りの原因は自分の中にある。少しでも“○○べき”を緩めて自分を解放してあげてくださいね。

日本アンガーマネジメント協会 戸田久実



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師の仕事を歴任。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく…いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォーの独身が結婚できない理由は“反省しない”【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #42】

アラフォー婚活最前線!それが原因であなたの婚活は上手くいかない!アラフォー女性が陥りがちな婚活の罠についてスパルタ婚活コンサルタント菊乃さんに教えていただきます。「なぜか婚活が上手くいかない…」そう悩んでいるアラフォー女性の皆さま、必読です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター