イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

怒りの原因は自分自身の中にある

イライラしたとき、こんなふうに思ったことはありませんか?
「あの人が私を怒らせた!」
「この状況が私をイライラさせる…!」
「あの時にあんなことがあったから!」
と、怒りの原因を何か、誰か,出来事のせいにしていないでしょうか。

しかし怒りの原因は、それらではなく、本当は自分自身の中にあるのです。
どういうことかと言うと、怒りは「こうあってほしい」「こうであるはずだ」といった、自分の願望、理想、期待がその通りにならなかった時に生まれる感情だからです。

“○○べき”という思い込みが生み出すイライラ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、その自分の理想、願望、期待を象徴する言葉が『べき』です。
普段の生活の中で、「〜あるべき」「〜するべき」と思うことはありませんか。
『べき』はゆずれない価値観とも言えます。
「使ったものはすぐに元に戻すべき」「トイレの便座は下げるべき」「夕飯がいらないのであれば連絡すべき」「靴下は表に返してから洗濯カゴに入れるべき」「会議は開始10分前に集合するべき」など…。

様々な経験の中で身に付いた「べき」、家庭のしつけなどからできた「べき」、人それぞれ抱く「べき」はいろいろありますね。

また、「時間は守るべき」「挨拶はするべき」など、多くの人が共通で抱く「べき」もありますが、それも「程度」が違うことがあります。例えば、「挨拶はするべき」といっても、人によって“どこまで、どの程度の挨拶を望むか”は違うことがあるということです。

朝の出勤時に職場で挨拶をされたら、「仕事中でも手をとめて、相手のほうを見て、大きな声で笑顔で挨拶をするべき」と思っている人、「目を合わせて挨拶すればよし」と思っている人、「仕事中のときもあるので、挨拶が聞こえるようにできれば、目を合わせなくてもいい」と思っている人もいます。

どこまでの挨拶をのぞむかは人それぞれなのですね。

自分の「べき」がその通りにならなかった時、この言葉が出てきたら要注意!

「“ふつうは”こうするべきだよね!?」
「これって“当たり前”のことでしょ?!」
「“常識”だよね?」

自分にとっての「当たり前」「ふつう」「常識」だと思っていることは、相手にとって違うこともあるのです。「自分の“べき”は正しい!」と押し付けると「やっかいな人…」と思われてしまう可能性もあります。

許容範囲を広げると自分自身がラクになる

人それぞれの「べき」があり、様々な状況があるので、「いろいろな考え方や価値観があるよね」と違う価値観を認めたり、「この程度なら、ま、いいかな」と許容範囲を少しゆるめてみてください。すると、イライラの頻度や度合いが低くなって自分自身がラクになりますよ。

たとえば、夫に対して「夕飯がいらないのであれば朝、言うべき」と思っていたけど、急な飲み会や残業もあるという状況も考えて、「せめて作り始める17時までには連絡してね」と言ってみる。

メールやLINEでメッセージを送ってもすぐに返信をしてこない相手に対して、
2時間以内の返信が理想だったけど…忙しい状況だということもあるだろうから「ちゃんと見てくれたか心配だから、せめてその日の夜までには返信してね」
と、少し許容範囲をゆるめてみる。大切な人や身近な相手にはそうやって伝えてみませんか。「言わなくてもわかるでしょ!」などとは思ってはいけません。それぞれ「べき」が違うので「言わなくてはわからない」のです。

他人だけでなく、自分自身に課している「べき」もありませんか。母親や、他の女性と比べて落ち込む女性(40代前半)の相談を受けたことがあります。

「掃除は毎日完璧にするべき」「美しく、品のある立ち居振舞いができるべき」「泣き言は言わないべき」など。

その通りにできずに、自分にイライラして自分を責めたり、まわりにも八つ当たりし、自己嫌悪に陥る…なんてことは避けたいですよね。

アンガーログをつけると自分の“○○べき”が見えてくる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人は皆、不完全なところがあり、完璧ではありません。自分のよいところ、できているところに目を向け、「べき」のとおりにならなくても「ま、いいか。できているところもたくさんあるし。これは世間一般の「べき」ではないかもしれないし。」と、ゆとりを持ってみませんか。

ただし、ここで注意すべき点は「べき」を信じることは悪いことではないので、なくす必要はないということです。自分がどのような「べき」を持っていて、“どの程度”を望んでいるのか? それは周囲の人と同じ程度なのか? そしてその許容範囲はどこまでなのか? 少しゆるめることはできないのか?よく考えてみたら、たいしたことではないと思える「べき」はないのか? を振り返ってみては?ということです。

自分の「べき」を洗い出すために、そして怒りの傾向を知るためにもアンガーログをつけることをおすすめします。

アンガーログとは、どのようなことで怒りを感じたか記録することです。これはアンガーマネジメントの基本となる取組みです。

《アンガーログの例》
9月○日
場所:○駅のホームで
出来事:並んでいたら、割り込まれた
思ったこと:並んでいるんだから割り込まないでよ
べき:順番に並び、割り込むべきではない


専用のノートを作ってもいいし、スマホのメモ機能でもかまいません。アンガーログをつけることによって、どんなことに怒りがわくのか、怒りの原因の「べき」は何か、自分の怒りの傾向がわかるようになるので、おすすめです。

いかがでしたでしょうか? 怒りの原因は自分の中にある。少しでも“○○べき”を緩めて自分を解放してあげてくださいね。

日本アンガーマネジメント協会 戸田久実



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師の仕事を歴任。

関連する投稿


“同調”と“共感”の違いを理解して怒りの感情をコントロールしよう【アンガーマネジメントでもっと生きやすく!#5】

“同調”と“共感”の違いを理解して怒りの感情をコントロールしよう【アンガーマネジメントでもっと生きやすく!#5】

会話をするとき、ついつい女性は相手の求めている反応を返してしまいがち…。ですが、“同調”と“共感”は違います。この違いをしっかり認識してコミュニケーションをとらないと、自分の意志とは違うことが周りに伝わってしまうかもしれません。


夫に話を聞いてもらうとっておきの方法【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#3】

夫に話を聞いてもらうとっておきの方法【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#3】

職場のこと、子どもや、ママ友、親戚のお付き合い・・・自分の身の回りでおきた出来事は夫にも聞いてもらいたい! と思いますよね。しかし、夫の反応はイマイチ…。それどころか、聞いてくれていない気もする・・・。そんな夫婦間でのコミュニケーションのお悩みをロジかわで解決します!


【新春企画】WOMe読者はどんな記事読んでる? 人気記事まとめ ~ 夫婦コミュニケーション編 ~

【新春企画】WOMe読者はどんな記事読んでる? 人気記事まとめ ~ 夫婦コミュニケーション編 ~

WOMe新春企画!WOMeではどんな記事が良く読まれているのでしょうか。WOMe読者の皆さんから特に注目度の高い記事をランキング形式でご紹介します!


【エモまと】今年こそ頑張るぞー! そんな気持ちにやる気スイッチ押しちゃいます♥

【エモまと】今年こそ頑張るぞー! そんな気持ちにやる気スイッチ押しちゃいます♥

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


私の言うことにことごとく反対する夫。どうしたら私の意見を認めてくれるでしょうか?【夫婦問題お悩み相談室 #7】

私の言うことにことごとく反対する夫。どうしたら私の意見を認めてくれるでしょうか?【夫婦問題お悩み相談室 #7】

夫婦は「対等な関係」でいるのが理想的。二人で話し合う際も、互いを認めあいながら建設的な意見交換をしたいですよね。しかし実際にはそうした関係が築けない夫婦も大勢いるようです。今回は、夫が常に自分を見下し、決して自分の意見を認めてくれないと悩むアラフォー妻からのご相談です。


最新の投稿


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

坐って瞑想するだけでなく、体の感覚に集中したり体を動かしたりするマインドフルネスの方法もあります。体のどこかに意識を向け続ける時間を作るだけで、不思議とモヤモヤした気持ちが晴れてすっきりします。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター