イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントを知ってもっと生きやすくなろう!#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントを知ってもっと生きやすくなろう!#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

怒りの原因は自分自身の中にある

イライラしたとき、こんなふうに思ったことはありませんか?
「あの人が私を怒らせた!」
「この状況が私をイライラさせる…!」
「あの時にあんなことがあったから!」
と、怒りの原因を何か、誰か,出来事のせいにしていないでしょうか。

しかし怒りの原因は、それらではなく、本当は自分自身の中にあるのです。
どういうことかと言うと、怒りは「こうあってほしい」「こうであるはずだ」といった、自分の願望、理想、期待がその通りにならなかった時に生まれる感情だからです。

“○○べき”という思い込みが生み出すイライラ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、その自分の理想、願望、期待を象徴する言葉が『べき』です。
普段の生活の中で、「〜あるべき」「〜するべき」と思うことはありませんか。
『べき』はゆずれない価値観とも言えます。
「使ったものはすぐに元に戻すべき」「トイレの便座は下げるべき」「夕飯がいらないのであれば連絡すべき」「靴下は表に返してから洗濯カゴに入れるべき」「会議は開始10分前に集合するべき」など…。

様々な経験の中で身に付いた「べき」、家庭のしつけなどからできた「べき」、人それぞれ抱く「べき」はいろいろありますね。

また、「時間は守るべき」「挨拶はするべき」など、多くの人が共通で抱く「べき」もありますが、それも「程度」が違うことがあります。例えば、「挨拶はするべき」といっても、人によって“どこまで、どの程度の挨拶を望むか”は違うことがあるということです。

朝の出勤時に職場で挨拶をされたら、「仕事中でも手をとめて、相手のほうを見て、大きな声で笑顔で挨拶をするべき」と思っている人、「目を合わせて挨拶すればよし」と思っている人、「仕事中のときもあるので、挨拶が聞こえるようにできれば、目を合わせなくてもいい」と思っている人もいます。

どこまでの挨拶をのぞむかは人それぞれなのですね。

自分の「べき」がその通りにならなかった時、この言葉が出てきたら要注意!

「“ふつうは”こうするべきだよね!?」
「これって“当たり前”のことでしょ?!」
「“常識”だよね?」

自分にとっての「当たり前」「ふつう」「常識」だと思っていることは、相手にとって違うこともあるのです。「自分の“べき”は正しい!」と押し付けると「やっかいな人…」と思われてしまう可能性もあります。

許容範囲を広げると自分自身がラクになる

人それぞれの「べき」があり、様々な状況があるので、「いろいろな考え方や価値観があるよね」と違う価値観を認めたり、「この程度なら、ま、いいかな」と許容範囲を少しゆるめてみてください。すると、イライラの頻度や度合いが低くなって自分自身がラクになりますよ。

たとえば、夫に対して「夕飯がいらないのであれば朝、言うべき」と思っていたけど、急な飲み会や残業もあるという状況も考えて、「せめて作り始める17時までには連絡してね」と言ってみる。

メールやLINEでメッセージを送ってもすぐに返信をしてこない相手に対して、
2時間以内の返信が理想だったけど…忙しい状況だということもあるだろうから「ちゃんと見てくれたか心配だから、せめてその日の夜までには返信してね」
と、少し許容範囲をゆるめてみる。大切な人や身近な相手にはそうやって伝えてみませんか。「言わなくてもわかるでしょ!」などとは思ってはいけません。それぞれ「べき」が違うので「言わなくてはわからない」のです。

他人だけでなく、自分自身に課している「べき」もありませんか。母親や、他の女性と比べて落ち込む女性(40代前半)の相談を受けたことがあります。

「掃除は毎日完璧にするべき」「美しく、品のある立ち居振舞いができるべき」「泣き言は言わないべき」など。

その通りにできずに、自分にイライラして自分を責めたり、まわりにも八つ当たりし、自己嫌悪に陥る…なんてことは避けたいですよね。

アンガーログをつけると自分の“○○べき”が見えてくる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人は皆、不完全なところがあり、完璧ではありません。自分のよいところ、できているところに目を向け、「べき」のとおりにならなくても「ま、いいか。できているところもたくさんあるし。これは世間一般の「べき」ではないかもしれないし。」と、ゆとりを持ってみませんか。

ただし、ここで注意すべき点は「べき」を信じることは悪いことではないので、なくす必要はないということです。自分がどのような「べき」を持っていて、“どの程度”を望んでいるのか? それは周囲の人と同じ程度なのか? そしてその許容範囲はどこまでなのか? 少しゆるめることはできないのか?よく考えてみたら、たいしたことではないと思える「べき」はないのか? を振り返ってみては?ということです。

自分の「べき」を洗い出すために、そして怒りの傾向を知るためにもアンガーログをつけることをおすすめします。

アンガーログとは、どのようなことで怒りを感じたか記録することです。これはアンガーマネジメントの基本となる取組みです。

《アンガーログの例》
9月○日
場所:○駅のホームで
出来事:並んでいたら、割り込まれた
思ったこと:並んでいるんだから割り込まないでよ
べき:順番に並び、割り込むべきではない


専用のノートを作ってもいいし、スマホのメモ機能でもかまいません。アンガーログをつけることによって、どんなことに怒りがわくのか、怒りの原因の「べき」は何か、自分の怒りの傾向がわかるようになるので、おすすめです。

いかがでしたでしょうか? 怒りの原因は自分の中にある。少しでも“○○べき”を緩めて自分を解放してあげてくださいね。

日本アンガーマネジメント協会 戸田久実



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師の仕事を歴任。

関連する投稿


専門家直伝! 男性が女性に「本気で求めていること」【大人のラブ♥パートナーシップ#18】

専門家直伝! 男性が女性に「本気で求めていること」【大人のラブ♥パートナーシップ#18】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。今日は、女性が意外と知らない男性の本音に迫ってみたいと思います。男性が本気で求めることを知っていないと、間違った努力をして、空回りしてしまう危険性も! 本当は何が求められているのか?まず知っておくことが大切です。


その言動が夫の浮気を誘う!?  妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

その言動が夫の浮気を誘う!? 妻としてNGな習慣とは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #50】

夫婦として長い時間をともにする結婚生活。慣れてしまうと、つい夫の前での言動も気が緩みがちになりますが、妻として夫の心が離れないような心構えは忘れたくありませんね。あまりにだらしないと、夫の中に浮気心が湧くことも。どんな姿がNGなのか、また夫にも努力を促すにはどうすれば良いか、具体的にご説明します。


自分がコントロールできないことに怒るのは、ばからしくないですか?【アンガーマネジメントを知ってもっと生きやすくなろう!#4】

自分がコントロールできないことに怒るのは、ばからしくないですか?【アンガーマネジメントを知ってもっと生きやすくなろう!#4】

「なんでこんなに人が多いの!」「いきなり雨が降ってきた!」「電車が遅れてる!」など、自分でコントロールできないことに対してイライラして怒っていることってないですか? でもこれって本当に意味のないことなんです。今回はこの“自分ではコントロールできないことに対する怒り”の対処法について、ご紹介します。


夫婦円満がこの世で一番難しい!? 良い関係をキープする秘訣【大人のラブ♥パートナーシップ#17】

夫婦円満がこの世で一番難しい!? 良い関係をキープする秘訣【大人のラブ♥パートナーシップ#17】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。夫婦円満と口で言うのは簡単ですが、現実はそんなに甘くありませんよね。夫婦喧嘩は良くないとわかっていても、つい喧嘩しちゃう…というご夫婦も沢山います。 そこで今回は、夫婦円満をキープする秘訣を伝授いたします。


「僕、ムリです」年下男性がアラフォー女を怖いと思う瞬間 【神崎桃子の恋愛指南 #19】

「僕、ムリです」年下男性がアラフォー女を怖いと思う瞬間 【神崎桃子の恋愛指南 #19】

年下男性からどう見られているか、ってけっこう気になりますよね。過剰に女を出したり媚びたり上から目線になったりしていませんか? 「私は大丈夫!」そう思っているあなた、本当は大丈夫じゃないかもしれませんよ…。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに語っていただきました。


最新の投稿


まさかの40歳 憧れの安室奈美恵さん♡ 進化形アムラーメイクは“コントゥアリング”☆【簡単に憧れの女優顔になる方法 #12】

まさかの40歳 憧れの安室奈美恵さん♡ 進化形アムラーメイクは“コントゥアリング”☆【簡単に憧れの女優顔になる方法 #12】

先日の電撃引退発表で悲しんでいるアラフォーは多いことでしょう…安室ちゃんと共にメイクの歴史を歩んできたともいえるアラフォー女性。しかし我々はしっかり歳を重ねているけど安室ちゃんは昔のまま! むしろ美しさに磨きがかかってる! 安室ちゃんの若さはメイクにも関係あるの? 進化形アムラーメイクのコツを教えて!


専門家直伝! 男性が女性に「本気で求めていること」【大人のラブ♥パートナーシップ#18】

専門家直伝! 男性が女性に「本気で求めていること」【大人のラブ♥パートナーシップ#18】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。今日は、女性が意外と知らない男性の本音に迫ってみたいと思います。男性が本気で求めることを知っていないと、間違った努力をして、空回りしてしまう危険性も! 本当は何が求められているのか?まず知っておくことが大切です。


ひじきの煮物から簡単にできる変身レシピを紹介【料理のプチストレス解消法#13】

ひじきの煮物から簡単にできる変身レシピを紹介【料理のプチストレス解消法#13】

女性にとってうれしい栄養素が豊富なひじきは毎日でも食べたいもの。実は、ひじきの煮物をたくさん作っておいて、そこからアレンジするととっても楽ちんです。すでに味がついているので調理の手間が省け、時短にもなります。


「出会いがあっても続かない」一度会っただけで男に見切られてしまう“二度目のないアラフォー女性”【神崎桃子の恋愛指南 #20】

「出会いがあっても続かない」一度会っただけで男に見切られてしまう“二度目のないアラフォー女性”【神崎桃子の恋愛指南 #20】

一度デートしただけで次に誘われない! そんな経験、誰もが一度はあるのではないでしょうか? そこにあった秘密とは…耳の痛すぎる話を恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと明らかにしてくれました。この秘密さえ知ればもう次のデートは大丈夫! …な、はずです…。皆さん頑張りましょうー!


ユニクロ#キルトスカート ハリがあるのにふんわり柔らか♡フォルムに一目惚れ続出!

ユニクロ#キルトスカート ハリがあるのにふんわり柔らか♡フォルムに一目惚れ続出!

JW ANDERSONとのコラボレーションアイテムのふんわり可愛いキルトスカートです。中綿入りなので、防寒もバッチリです!これからの季節に大活躍の予感ですよ♪






よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング

WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター