加齢とともに気になる“脇の下の黒ずみ”は「引き算ケア」で 【本気で始める美容・エイジングケア#11】

加齢とともに気になる“脇の下の黒ずみ”は「引き算ケア」で 【本気で始める美容・エイジングケア#11】

年齢とともに変化する体に悩まされてはいませんか? こんにちは、時短美容家の並木まきです。アラフォーを迎えると、ふと鏡を見た瞬間にお肌の劣化が気になりだすほか、ボディの変化にも頭を抱えがちかもしれません。今回は、その中でもなかなか人には言いにくいお悩みのひとつ“脇の下の黒ずみ”のケアについてお話していきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

脇の下が黒ずんでくるのはなぜ?

Getty logo

バスルームで鏡を見たときや体を洗っているときにふと気づく脇の黒ずみ。その原因は、色素沈着や角質の汚れや度重なる刺激にあると言われています。
脇はムダ毛処理による刺激が起きやすいパーツでもあるので、ただでさえ負担がかかりやすい箇所。

つまり、お手入れによる刺激がかかるたびに、黒ずみのリスクにもさらされているというわけです。とは言っても、ムダ毛処理はオトナの女性としてもマストな身だしなみだけにジレンマを抱えちゃいますよね。そこで、オトナの女性が心得ておきたい脇の黒ずみケアを3つご紹介します。

ケア1:色素沈着にアプローチする専用アイテムの導入

できてしまった黒ずみは、できるだけ速やかに薄くしたい。そんな風に思っているならば、やはり専用アイテムに勝るお手入れはありません。

色素沈着が生じているということは、専用のお手入れをしない限り、簡単に薄まることはないだけに、気になり出したら早めのケアが大切です。市販薬を試してみて「あまり効果がないかも?」と感じるのでしたら、クリニックを受診をしてみるのもいいでしょう。

昨今では医療技術が進んでいるので、レーザーなどの専門的な方法によって効率的にケアができるようになっています。

ケア2:制汗剤アイテムは最小限の使用にとどめる

Getty logo

毛穴が詰まってしまうと、脇の黒ずみが加速するのだそう。そのため、制汗剤を使い過ぎてしまうと毛穴の詰まりを生じさせてしまい、黒ずみを悪化させることがあります。汗臭さや脇汗を防ぎたいと考えると、つい制汗剤をたっぷり使ったりこまめに塗り直したりしがち。

けれど、制汗剤によって毛穴が塞がれてしまうため“黒ずみ”という視点からは、最小限にとどめるべきお手入れでもあるのです。「脇の汗はカバーしたい、けれど黒ずみは避けたい」とジレンマを感じてしまいますが、最近の制汗剤は優秀なので、少量でもよく効果が感じられるアイテムも豊富です。

黒ずみが気になっているのでしたら、まずは制汗剤の使用量を控えてみるのもお手入れのひとつになるでしょう。

ケア3:摩擦を減らす

脇の黒ずみは、度重なる刺激によって加速してしまうと言われています。ですので、日頃の生活で脇への摩擦を減らす意識も黒ずみ対策のケアに。
つまり、“引き算のケア”が有効になってくるというわけです。

たとえば、脇がこすれるようなデザインの洋服を避けたり、入浴時にはゴシゴシ洗うのを避けたりといったちょっとした工夫を取り入れるだけでも、脇へのケアに繋がります。「黒ずみが気になるから」といって不必要なほどにゴシゴシと洗ってしまうと、かえって黒ずみを加速させてしまう事態も。

なるべく刺激を与えないように心がけることが、黒ずみ対策のお手入れにもなっていきます。

脇の黒ずみには「引き算ケア」の心がけを

Getty logo

私たちの肌は、摩擦によって刺激が与えられると、カラダを守ろうとする働きによって角質が厚くなる性質があると言われています。ですので、黒ずみ対策には「引き算ケア」の心がけを大切に。

制汗剤を使用するときには必要最小限にとどめたり、バスタイムの刺激を控えたりといった“しないケア”を導入すると、黒ずみケアにも繋がっていきます。エイジングが気になるパーツが出てくると、つい“手を加えるケア”に意識が向いてしまいやすいのですが、「不必要な刺激を与えない」という心がけを持つこともケアだったりするんですよね。

さらに、深刻な黒ずみはセルフケアにこだわるよりも、早めに専門医に相談したほうが安心です。アラフォーを超えたあたりから脇の黒ずみに頭を抱えているという方は、ぜひ「引き算ケア」×「専門医の受診」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google