家族と?彼氏と?友人と? 一緒に行く人別に旅を楽しむコツ教えます | 大人のワタシを楽しむメディア
家族と?彼氏と?友人と? 一緒に行く人別に旅を楽しむコツ教えます

家族と?彼氏と?友人と? 一緒に行く人別に旅を楽しむコツ教えます

一緒に行く人によって、旅の楽しみ方を変えることでより旅を充実したものにすることができます。そこで、同行者のタイプ別、旅を楽しむコツをご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

孝行旅行のポイントは臨機応変なスケジュール

親世代との旅行のポイントはスケジュールに余裕を持たせておくことです。アラフォー世代の親というと60代~70代前半といったところ。その年代は、若い頃に国内海外を問わず旅行を楽しんだ方が比較的多く、家族旅行の思い出もたくさんあるのではないでしょうか。そのときと同じ感覚で、ここも行きたい、あそこも行きたいとはりきって計画を立てると、現地で体力がついていかないこともめずらしくありません。実はそれにいちばん歯がゆい思いをしているのは、親たち本人。そこで、ちょっとしたことでイライラしたり、気落ちしたりと、なんとなくその場の雰囲気が悪くなってしまいます。

計画を立てるときは、ちょっと時間を持て余してしまうかなというくらいの内容でとどめておきましょう。また、現地で親がしんどそうだなと感じたら、迷わず予定をカットしましょう。その場合は、「天気がいまいちなので、早めに宿にいかない?」などと何か理由をつくってあげるとなお良し。あるいは「歩いて行く予定だったけど、奮発してタクシーにしようか!」「駅の近くのこちらのレストランも美味しそうだよ」などと別の提案をしてあげるのも手です。

子どもとの旅は事前の予習で2倍楽しもう

Getty logo

子どもは「おでかけ」が大好きなので、とりあえず出発直後は機嫌がいいのですが、だんだんとダレてきます。それは、この後何が待っているのかがわからないので、最初のワクワク感が持続しないから。大人は“これから美味しいランチを食べる”とか“こんな素敵な景色を見るんだ”と頭の中でイメージができているため、渋滞にも人混みにも重い荷物を持って歩くことにもがまんできるのですが、それが伝えられていない子どもは、わけもわからず連れまわされている気分になり「疲れた~」「重い~」「もう、やだ~」となってしまうのです。

対策としては、旅行に行く前に親子でガイドブックを見るなどして予習をし、楽しいイメージを共有することをおすすめします。また、ランチの場所など全体の旅程にあまり影響のないものはいくつか候補を示して、子どもに選んでもらってもいいですね。小学生以上の子どもなら、行きたいところを家族で決めたあと、タイムスケジュールを組み立ててもらうのはどうでしょう。“なんだかわからないままに連れていかれている”を“主体的に参加している”に変えることで子どものグズグズはうんと減りますし、親の「せっかく連れてきてあげたのに!」というイライラも少なくなって、家族で旅行が楽しめるようになります。

彼氏との旅行なら一時別行動もアリ

彼氏、もしくは夫婦だけの旅行は、もしかしたらアラフォー世代にとって一番楽しい旅かもしれません。美しい景色を一緒に見たり、美味しい料理に舌鼓を打ったりすると絆もよりいっそう深まるでしょうし、普段はできない話も旅先でならできるということも多いでしょう。とはいえ、旅先でケンカするカップルが多いのも事実。なかにはそれが原因で別れ話になることもあるというので注意が必要です。

なぜ、楽しいはずの旅行中にケンカになってしまうのかといえば、相手に同じ気持ちを求めてしまいがちだから。自分が盛り上がっている旅行なので、相手も同じように楽んでほしいと思う気持ちはわかりますが、それも度を超すと押しつけがましく感じてしまうのです。どんなに仲の良いカップルでも、やはり趣味の違いや感覚の違いはあるもの。全日程を通して、どの瞬間も同じテンションで楽しめというのはムリな話です。

思い切って、お互いの思い入れに温度差が出そうな予定は別行動にしてしまうのもアリです。例えば、「今日の午後からはお互いが行きたいところに行く」と決めて夕食時に合流するというのはどうでしょう? それぞれが体験したエピソードを話したり、撮った写真や買ったものなどを見せ合ったりすれば、夕食時の会話も盛り上がります。経験も行動力もあるアラフォーだからこそできる、大人の旅。次の旅行で試してみてはいかがでしょうか?

女友達との旅行は普段できないことにチャレンジ!

Getty logo

女友達との旅行ってどうしてあんなに楽しいのでしょう? なんとなく気分が華やいだ気分になり、集合場所からすでにテンションがあがってしまいます。そのテンションを最終日までキープするコツは、「やるかやらないか迷ったら、やる」のひとことに尽きます。

「わ、このデザートおいしそう。食べたいけど太るかな?」「ホテルのバーが素敵。でも明日の朝は早いよね…」「ホテルのスパでエステやってるんだって。でも、贅沢かしら?」「駅のポスターでみつけたこのイベント、ちょっと駅から遠いんだけどどうしよう」「バンジージャンプ! 怖そうだけど興味ある?」「素敵な景色!自撮りしたいけど若い子みたいで恥ずかしい?」 誰かがそう聞いたら迷わず「YES!(食べよう!行こう!やってみよう!)」と答えましょう。「えーどうする? やってみたい気もするけど、うーん」などと全員の総意を見極めていたら、言いだした方は「やっぱりやめておこうか」となってしまいます。

だいたい、「どうする?」と口にだした時点で「やりたい!」という気持ちがこもっているもの。“気持ちが五分五分なので決めてほしい”と思っているわけではなく、“お願い! 賛成して”ということなのです。たとえ、普段ならやめておこうかなと思うようなことでも、旅先くらい誰かの提案に乗っかって新しいことにチャレンジしてみる。それが、アラフォー世代にとって、新しい世界への扉を広げるいい機会になるかもしれません。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

旅行雑誌、留学情報誌の編集を経てフリーランスのライターに。好きな旅行先はアジア。

関連する投稿


「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「今までひとりで気楽にきたけれどやっぱり老後はひとりはイヤ!」と真剣に婚活を始めるアラフォー女性も多いだろう。しかし実際婚活市場に出てみると現実は厳しく腹ただしい思いをすることもしばしば…。そんなすべての女性たちへ、恋愛コラムニスト神崎桃子さんからためになるお言葉をいただきました。


40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】

40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】

皆さんは「自立している女性」というとどのようなイメージを抱きますか?強い女性?バリキャリ?この連載では“自立”そして“美しく生きる人”をテーマにお話していきたいと思います。決して容姿だけの“美人”ではないから誤解しないで下さいね♪ 今回の自立美人のススメは、そもそも自立美人ってなあに?というお話です。


本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

シングルマザーとして、仕事も育児も頑張ってる。大切にしてくれる彼氏もいる。本当は結婚もしたい…でもそれはまだ。ひとりで背負うものが多いシングルマザーの女性たちは、安易な気持ちで結婚を選びません。そこには、子どものことや結婚観など、さまざまな事情があります。実際に伺った話をまとめました。


子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

父親の自覚がない旦那さんにお困りの方多いですよね。育児もあまり協力的でないし、どうして父親の自覚を持てないの?「親になれない夫」に手を焼く妻は多いですが、そもそも母性本能がない男性は、女性のように妊娠中から「我が子」に対する愛着を持つのは難しいこと。ですが、やり方次第で「良きパパ」に変身する可能性もあるのです!


大切な両親へ 40代からはじめる 大人の親孝行

大切な両親へ 40代からはじめる 大人の親孝行

大人になってはじめて分かる親の愛情。感謝の気持ちを親孝行をして返したくても、改まってとなるとお互い照れくさくなってしまいますよね。そこで、さりげなくスマートに親孝行するためのアイデアや注目を集めるイマドキの親孝行サービスを紹介します。“まさか”の出来事が起きて後悔をする前に、あなたの思いをきちんと親に伝えましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google