LINEの返事が遅い彼にもうイライラしっぱなし!【オトナの幸せ恋愛心理術 #1】 | 大人のワタシを楽しむメディア
LINEの返事が遅い彼にもうイライラしっぱなし!【オトナの幸せ恋愛心理術  #1】

LINEの返事が遅い彼にもうイライラしっぱなし!【オトナの幸せ恋愛心理術 #1】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで!今回から、全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

彼のLINEの返事がものすごく遅くてイライラします!

【お悩み】
付き合い始めたばかりの彼のLINEの返事がいつも遅いんです。下手すると次の日になっても返事がなかったりします。それなのに週末一緒にいるときは暇さえあればスマホいじっているんです! 彼にイライラと不信感が募ります。どうしたらいいでしょうか?

男性は付き合い始めると“現在”よりも“未来”を見る

Getty logo

最初は彼からしつこく誘ってきたのに付き合いが始まった途端にそっけなくなったなんて言うお悩みはよく聞きます。男性は昔から釣った魚に餌はやらないなんて言いますが、これは獲物を狙って狩りをしていた頃の男性の本能でもあります。

自分のものにするまでは集中し、なんとか自分のものにしようとするのですが、一度自分のものになるとすっかり安心して、ふたりの未来へ、目が向き始めます。これは、相手のことを真剣に思えば思うほど強くなり、外の世界とつながる社会脳が活発になります。なので、たいていの男性は彼女ができると仕事に打ち込むエネルギーが湧いてくるんです。

「仕事を頑張ってふたりの未来を切り開きたい」と、“現在”よりも“未来”を見ているのです。

その反対に女性は、一度恋に落ちると恋愛脳に支配されがちです。いつも相手の目が自分に向くことを望んでいます。女性が大切にしたいのは、まさに“現在”。ふたりで一緒に過ごす時間であり、体験の共有、電話やLINEで繋がっていること。愛されているという実感や、大切にされているという安心は、そこから育っていくからです。

「私の事いつも忘れないで!」「いつも一緒にいたいの」「私の事本当に好きなの?好きなら伝えて!」これが女性の求める愛の形です。

ちょっと古いですがサザンオールスターズの真夏の果実という曲の歌詞に「四六時中も好きと言って」とありますが、そんな状態ですね。男性が表現してくれなければ、いかに自分を想ってくれているかということが気になり、不安になり、確認したくなるんですね。

勝手に悪い想像をすると現実もその通りに…

女性は返事が遅いとか、仕事が忙しいと言われると不安になりいろいろ想像します。「他に好きな人でもいるのかな?」「もう私のこと好きじゃないのかしら?」と。私たちは不安になると、本当にそうなったときに傷つくことを最小限に抑えようとするため、悪いイメージをしてしまうんですね。

「幸せの絶頂ー!」から、突き落とされるなんて恐ろしくてしょうがないですものね。ですが、そんなイメージに捕らわれていると、その悪い結末に向かって行くような態度をとったり言葉を発してしまうんです!

よく、“目標決めよう!”と言いますね。それは、目標決めれば引き寄せられるから。つまり、悪いイメージが潜在意識に入ってしまうとその悪い目標に引き寄せられてしまいます。ですから、起こってもいないことを勝手にイメージするのはやめることです。不安ならば想像せず聞きましょう。そして、その答えをそのまま受け取り、自分で考えた勝手なイメージに振り回されないことです。

例えば本当に彼は仕事で忙しかった。

やっとひと段落して「よし!週末はデートだ!」と電話したとします。

そんな時に悪いイメージに捕らわれて、疑心暗鬼になっている女性が「あら、私の事覚えてたの?」なんて嫌みの一つも言ってしまう。その一言に女性は様々なことを含んでいるわけですね。

ですが、男性が女性に求めるものは癒し、居心地の良さです。彼女がイライラしたり、拗ねたからといって、彼がご機嫌を取ってくれるのは最初のうちだけです。忙しさの合間に電話するたびにネチネチ言われると、本当に心が離れていきます。電話やLINEが減るのも当然です。繋がると疲れるからです。

イライラの奥にある“本物の感情”を見つけて

Getty logo

イライラを抑えこんでいると、言葉にトゲが出てきます。そして、イライラをずっと抑え続けているといつか爆発してしまうでしょう。

「あなたは、一緒にいる時いつもスマホをいじっているくせに、私へのLINEの返事は遅いよね。
返事くらいすぐにしてよ!」

なんてことを言ってと、売り言葉に買い言葉になってしまいます。そうではなく、イライラしている自分の“本物の感情”を探してみましょう。そして、イライラの奥にある“本物の感情”を伝えるのです。

心理学の交流分析では、「怒り」「悲しみ」「恐れ」「喜び」を“本物の感情”と言います。そして、“本物の感情”は感じることによって消えていきます。ですが、押さえ込んだり、ちゃんと感じないでいるとイライラ、もやもや、不安などの形で現れます。

男女関係の根っこにある感情のほとんどは、自分にかまってくれなくて「悲しい」という感情です

イライラした時はまず、

「私は相手にしてもらえなくて腹が立ってるのかな」
「自分にもう興味がないのかなと思って悲しいのかな」
「彼が離れて行ってしまうのが怖いのかな」

と口に出して言ってみて、どれが一番近いか感じてみましょう。

もし怒りがあるならば、一人になれる場所で吐き出しましょう。口に手を当てて叫んでも良いでしょう。その時は我慢せず溜め込んでいる事を全て言葉にして吐き出しましょう。誰も聞いていないひとりの場所なのですから。ストレス解消グッズとして、ストレス解消袋や叫び袋などもありますのでそういうものも使うのもひとつの方法でしょう。

そうするとわかってくると思うのですが、男女の関係において怒りだと思っていたものは、実は奥底に悲しみが隠れているということがよくあります。怒っていたのに、途中から涙が止まらなくなるのは、カウンセリングルームでよくある光景です。

悲しみを強がる気持ちで隠して頑張っているのです。怒りだと思って吐き出してみると案外、「ああ、わかってくれなくて悲しいなぁ」「自分を見てくれなくてひとりぼっちみたいで寂しいなあ」なんて気持ちだったりするものなんです。

「私は悲しいの」や「怖いの」は、伝えても良いですが、怒りに関しては自分ひとりの時に処理をすることです。吐き出してしまえばため込んでいるものがなくなるのでスッキリして冷静になります。その上で彼に自分の“本物の感情”を伝えることが大切です。

この自分の感情に自分で向き合う事のワンクッションが重要なポイントなんです。そのままイライラを相手にぶつけ続けていけば、最後には相手が離れていってしまいますよ。

自分の素直な気持ちを伝える“だけ”でいい

普段からため込む前に小出しに伝えていきましょう。女性は相手の感情を読むことが得意なので言わなくてもわかるだろうと思いがちですが、男性にはきちんと言葉で伝えなければ届きません。

ですが、何かに集中している男性に話しかけても無駄です。なので、まずは

「スマホが一段落したら話を聞いてくれる?」

などと言ってみましょう。男性は、ひとつのことに集中すると他の事に気が回らなくなってしまうんです。よく、スマホをいじっていたりサッカーを見ている時などに話しかけて生返事でイライラする、という話を聞きますが、これは男性がひとつのことにしか集中できない、という性質であるということを理解することが大切なんです。

女性は子供を育てると言う本能があるので、子供の面倒を見ながら洗濯物をしたり、料理を作ったり、お掃除をしたり同時進行がこなせる能力が自然に備わっています。何かをしている途中で話しかけられても、難なく答えられたりするわけですが、これは男性にとっては至難の業です。

男性は一点集中して狩りで獲物をしとめてこそ、だったわけですから。

なので、何かに夢中になっているときは、

「終わってから聞いてくれる?」

などと依頼形で伝えましょう。そして、男性が自分の話を聞く態勢になったときは

「あのね、2人がもっと仲良くなるために伝えておきたいんだけど」

などと前置きをして、「私は」が主語になる文章で

【ステップ1】自分が気になる状況を非難がましくない言葉で伝える(非難がましくなると相手の反発心を買いやすい)

【ステップ2】自分の感情を素直に伝える

例えば…
「私は、一緒にいるときにあなたがスマホに夢中だと、私に興味がないのかなと思ってしまって悲しいの」

などと、決して強がらず、素直な気持ちを伝えてみましょう。

注意しなければいけないのは、「だから一緒にいるときはスマホしないでよ」などと加えると台無しになってしまうということです。これは相手を操作する言葉といい、相手の行動を自分の思う通りにしようとするもので、相手に反発心が生まれてしまいます。

その時の状況と自分の素直な気持ちをシンプルに伝えること。素直な気持ちは相手に届きやすいんです。あとは相手が考えることです。自分の思う通りになってもらいたいと押し付けるのでなく、あきらめるのでなく、自分の気持ちを素直に伝えて、お互いに居心地の良い関係を築いていくことが大切なのです。

全国心理業連合会認定 プロフェッショナル心理カウンセラー 鹿屋由佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

東京・福岡を拠点に講座や面談カウンセリングを行う。ボイスマルシェ電話カウンセラー、テレビ番組のコメンテーターなど幅広く活動中。

関連する投稿


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


LINE内でお買い物ができる! WOMe ONLINE STORE in LINE オープン!!

LINE内でお買い物ができる! WOMe ONLINE STORE in LINE オープン!!

大人のワタシを楽しむメディアWOMe(ウォミィ)から、LINE内でお買い物ができる、WOMe ONLINE STORE in LINEがオープンしました。WOMeのLINE公式アカウントの友だちになるとショッピングが可能に。LINE限定のお得なアイテムが、LINE Payで決済できます。シンプル簡単なLINE内ショッピングをお楽しみください♪


“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


「嫌いな人」「苦手な人」の対処法 大人の上手な人付き合いのコツ

「嫌いな人」「苦手な人」の対処法 大人の上手な人付き合いのコツ

あなたには嫌いな人、苦手な人がいますか? 仕事やプライベートでどうしても関わらなきゃいけない人たちのなかにそういう人がいると辛いですよね。私が我慢しなきゃいけないのかな?このままじゃストレス溜まるいっぽう・・・大人の悩みは尽きません。そんなあなたに自分らしさはそのままに、うまく彼や彼女らと付き合う方法をお教えします!


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


 ~運命の数秘術#3~ 数字の意味を知ろう ー前編ー【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#3~ 数字の意味を知ろう ー前編ー【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

数秘術では、人は1~9のサイクルを螺旋状に成長しながら上昇しているといわれています。持っている数字の要素が強く表れていたり潜在化してしまっていたり、人によって様々な表れ方をしています。今回は1〜5の数字を紐解いていきます。自分と照らし合わせながら読み進めてみると、何か気づくことがあるかもしれません。


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google